鉄道コム

2009/1/30  0:53

485系「北越」の今昔  特急型電車(交直流・交流)
いや〜、昨夜は色々な事件がありました。
極めつけはパソコンが立ち上がらなくなったこと。Windowsの起動自体が途中で止まっちゃうんですよ。経験上「飛んだ!」と思いました。せっかくスキャンして準備したネタや過去に掲載したネタが全部吹っ飛んでしまった!(泣)
でも、起動画面をいい加減にいじっていたら、なんか保存データが残っていることが確認できる画面に・・・その画面から再起動かけたら無事に元の通り起動したんです。
ほんと、死んだと思いました。

前置きが長くなりました。
今日は以前から処遇に困っていたネタを出したいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和49年8月 大阪駅にて クハ481-300 「北越」

初めて大阪に行った時に撮った特急「北越」。当時は「きたこし」とか呼んでいたような気がします。
ポケットカメラの素通しファインダーは、このようなマジックな撮影をしてくれるので非常に困ります。本人は真ん中に大きく撮ったつもりなんですがね。

当時の特急「北越」は大阪〜新潟間を結ぶ特急の名称として付されており、3往復設定されていました。その後、大阪発の北陸特急は「雷鳥」に統合されたため、新潟行きも「雷鳥」となり、「北越」は金沢〜新潟を結ぶ1往復だけ、という寂しい状態になっていたこともあります。


クリックすると元のサイズで表示します
平成20年4月23日 金沢駅にて 485系新潟色 「北越」

上越新幹線が開業すると、「北越」は長岡〜北陸へのアクセス特急としての役割も担うことにより、大幅に設定本数が増えました。しかし、北越急行線の開業により、また元の新潟〜北陸間の特急に戻ってしまい、編成も短縮されてしまいました。

1枚目の大阪で撮影した写真があまりにもショボイため、なかなかアップすることが出来なかったわけですが、幸いにも昨年撮った「北越」を思い出したため、コラボで登場させることが出来ました。

運転区間が変わり、列車としての性格が変わり、塗装が変わり、30年以上が経過しているわけですが、同じ『485系』が今もって活躍しているというのは、その時代を共に歩んで来たファンとして大変喜ばしいことだと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 ← 「北越」が大阪発って知ってました?
1
タグ: 特急 485系 北越

2009/2/2  2:16

投稿者:キハ181つばさ
金太郎様
当時の時刻表を見ると、3往復のうち2往復が大阪発着になっていますね。私の記憶でも53・10までこのような体系が続いていたのではないかと記憶しています。
非貫通型の登場時期って良く知らないのですが、1500番代がちょうど出たときでしたから、少し後でしょうか。
問題の隣の荷物車ですが、大きめの画像で見ると、マニ60の次はマニ36みたいです。ちょうど荷物扉が映っていないのでオハっぽく見えますが、トイレ窓がデッキから2番目ですので、荷物車だと思いますよ(笑)。

2009/2/2  1:37

投稿者:金太郎
あ、も一つ忘れてました。
隣のホームのマニ60+オハ35かな?も気になりますね。

2009/2/2  1:33

投稿者:金太郎
北越は大阪発着のものと金沢発着のものが有ったのは知ってました。
大阪に確かこの時点では1往復来てたと思います。
クハ481300のデビュー直後らしい写真ですね。
53.10だったかそのぐらいに大阪発着は雷鳥に統一されたんじゃなかったですか?
地味ながら細く長く続いてる感じですね。

2009/2/1  12:58

投稿者:シービー
「北越」「加越」この特急は走行区間もわかりづらい列車です。
北越のイラストマークも、デザインを作るのは難しかったのでしょうね。

2009/1/30  20:45

投稿者:キハ181つばさ
宮オオ様
地味と言えば地味でしょうね。本来なら関東人からは甘い利用する機会の無かった特急ですが、上越新幹線の開業で利用する機会が出来たと思います。
私としても、北陸特急で初めて乗ったのがこの「北越」でした。

2009/1/30  17:30

投稿者:宮オオ
こんばんは、
いま、北陸方面へゆく特急といえば真っ先に思いつくのは「雷鳥」「サンダーバード」、それから「しらさぎ」「はくたか」そして「北陸」くらいしか思いつかず、「北越」と聞くと私には長岡に本店のある北越銀行くらいの知識しかなく、(特急の名称)と言っても「へぇーっ!そんな特急あったんだね」と言う位ピンと来ないのが実情ですが、区間変更の変遷や本数増減はあったけど今日まで生きながらえているのは立派だと思いますね。
今日はこの辺にて失礼します。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ