鉄道コム

2009/3/18  0:08

583系 寝台特急「彗星」  特急型電車(交直流・交流)
こんばんわ。

このところ写真が少なめですみません。疲れて枚数をアップするのがしんどいんです。

今日も1枚ものですみませんが、寝台特急「彗星」をアップいたします。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和55年8月 東海道本線 山崎〜神足間にて

クハネ581を最後部とした583系「彗星」です。
この区間での定期運転はありませんので、新大阪から向日町運転所へ回送列車ですね。
当時は3往復の定期列車が設定され、うち1往復に583系(581系)が使用されていました。

昭和50年3月改正以前、「彗星」は関西発の日豊本線系の寝台特急と設定されており、全てが客車寝台列車でした。このとき、一部は「あかつき」と併結された列車も設定されており、全国でもEF58が牽引する20系特急として注目を集めていました。

この改正から583系が使用されるようになり、客車のテールマークと同様のデザインのヘッドマークを掲げて運転するようになりました。誕生当初は寝台をセットしない普通車指定席が4両連結されていたこともあり、その時代には定期「彗星」の長距離区間の指定席券が存在したことになります。

583系が北陸以外の西日本から撤退するまで客車・電車のコラボ運転が設定されており、関西特急に華を添えていました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
1
タグ: 583系 彗星

2009/3/19  23:43

投稿者:キハ181つばさ
line様
583系の方向幕は、東日本と西日本で完全に区別されていたので、罷り間違っても関西の列車を関東で見ることは出来ませんでしたね。
やはり、基本的には字幕の方が好きですが、昭和50〜53年は関西に行っていなかったので、この辺りの新参583系の文字マークは撮れませんでした。
やはり、年齢差が活動に影響していますね。

2009/3/19  23:30

投稿者:キハ181つばさ
宮オオ様
改称は平成7年ですか?実は、『電車でGO!』をやったとき、『長岡京?そんな駅あったっけ???』って感じだったんですよ。そしたら、この景色そのままじゃないですか。名前変わったんだぁ・・・って初めて知りました。

2009/3/19  23:27

投稿者:キハ181つばさ
シービー様
時刻表を初めて見たとき、「彗星」「日向」読めませんでした。しかし、「彗星」「あかつき」「日本海」のヘッドマークの写真を見たとき、非常にカッコイイなぁとおもいました。濃いブルーがEF58やEF65の警戒色にマッチしていたんですね。

2009/3/19  18:01

投稿者:line
関西の583系は文字マーク時代の物しか撮ってなかったです。関東の字幕では存在しないやつばかりでしたから、喜んで撮影してましたね。
逆に客車はマーク無しなんで、スルーしてた物も多かったかも知れません。今思えば勿体無いことしてたかも。

2009/3/19  17:22

投稿者:宮オオ
こんにちは、
神足駅は平成7年9月1日より、駅のある京都府長岡京市に因んで長岡京駅と改称されましたが、この旧神足駅が開業したのは昭和6年8月1日で乙訓[おとくに]郡新神足[しんこうたり]村に因んで付けられたそうです。
のち昭和24年10月1日に近隣の村と合併して長岡町となり、さらに47年10月1日より改称市制施行ー長岡市だと新潟県にあるソレとカブるためーで長岡京市となり、今に至ってます。
(同じ例ではいわき<平>駅などがある)
今日はこゝら辺にて失礼いたします。

2009/3/19  12:44

投稿者:シービー
彗星、この字は書きにくかったですね。
関東の人間にとっては、やはり馴染みのない列車でしたね。
583は赤いゆうづるのマークもお似合いでした。

2009/3/19  0:33

投稿者:キハ181つばさ
金太郎様
そうそう、小学生の頃から時刻表を見ていて、「月光」「明星」「きりしま」は電車、「あかつき」「彗星」は客車と棲み分けがされていると思っていましたから。電車と客車が混在していたのは特急では「ゆうづる」が唯一でしたね。
ヘッドマークは50・3かもう少し前に無くなり始めたかもしれません。当時でも「あかつき」「彗星」の併結列車はヘッドマークが付いていませんでした。ちょうど写真を撮ったのがこの列車で、EF58の顔だけがアップで映っているヒジョーに寂しい写真があります。

2009/3/18  22:28

投稿者:金太郎
彗星に583系、明星に客車が登場したときはいささか戸惑いました。
子供心に彗星は客車、明星は電車でしたから。
50.3改正でそれが崩れて最初は違和感が有りました。

ゴハチの牽引する関西ブルトレは確か50.3までヘッドマークが付いてたと思います。
また、米原のP型改造のカマが牽引していたと思います。
583系の寝台をセットしない時代もありましたね。
東北ではゆうづるもそんな時代が有ったのでは。

関西ブルトレも61年ごろから衰退の一途を辿って、平成17年ついに彗星が消えて、去年あかつきも消えてしまいましたね。

2009/3/18  21:37

投稿者:キハ181つばさ
テツハハ様
このブルー基調のヘッドマークが583系とマッチするんでしょうね。「はくつる」や「日本海」なんかも似合うと思いますよ。「なは」もそれなりに良かったし。
私も寝台は圧倒的に客車が多いですが、音の静粛性はやはり客車でしょう。揺れについては、583系は走行スピードが速いし横揺れが激しく感じますが、客車はノッチのON・OFFの際の衝撃が鬱陶しいので、どっちとも言い難いですね。きっと新設計の「サンライズ」なんて乗り心地が良いのでしょうね。

2009/3/18  16:48

投稿者:テツハハ
こんにちは。
583系の彗星…なんか、カッコイイなぁ。
私が乗った時は客車時代、それも乗車後しばらくして廃止になってしまったので、哀愁漂ってたなという記憶があって。
でも居住性はやっぱり客車時代かな・・・?

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ