鉄道コム

2009/3/24  1:08

国鉄 キハ181「やくも」:駅撮り篇  特急型気動車
こんばんわ。
昼間は暖かいですが、さすがに夜になってくると冷え込みますね。またストーブを点けています。サクラはどんな感じでしょうか。

さて、まだネタは沢山あるのですが、選抜に迷う日が続き先行きも段々心配になってきました。今日はこれまで暖めていたネタの中から、懐かしいキハ181系時代の「やくも」のうち、駅撮りシーンを拾ってアップします。

昭和55年、伯備線及び山陰本線の一部が電化し、新幹線岡山開業以来、陰陽連絡の大役を担うことになった特急「やくも」が381系化されることになり、「つばさ」以来のキハ181系ファンであった私は一大決心の末、友人を引き連れて山陰へと旅立ちました。
過去ログにおけるEH10や、関西特急の撮影もこの旅程における一連のものとなっています。旅費を節約するため、当時165系の「大垣夜行」から普通列車の「山陰」を乗り継ぎ、初めて山陰本線へとやってまいりました。


※撮影は、全て昭和55年8月です。
クリックすると元のサイズで表示します
松江駅?にて

移動中に逢ったのか、シチュエーションを良く憶えていません。高架ホームになっているようなので、大きな駅ですね。旧客の窓から撮った「やくも」、今となっては貴重なシーンです。


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
出雲市駅にて

1日の撮影を早めに終え、夕方からは上りの「山陰」に乗るため、出雲市駅でひたすら時間を潰していました。夜までですから、結構長い時間を掛けて撮影したはずなのですが、写っている列車は「やくも」と「おき」だけ。旧型の普通列車とか全然撮っていないんですよね。この辺はDD51も1000番代ばかりだったので、イマイチ興味が湧かなかったのかもしれません。


クリックすると元のサイズで表示します
出雲市 レンガ庫

出雲市駅の構内にはレンガ庫があり、ここで気動車がお休みしているようです。
この「やくも」は増結用なのか、顔だけ出している姿は、穴から顔を覗かせている「どぜう」にも思えます(笑)。

当時、ディーゼル特急唯一のL特急であった「やくも」ですが、それでも今ほどは運転本数がなかったので、あまり効率良くは撮れなかったような記憶があります。
駅撮りも取り敢えず撮っただけという感じで、精彩に欠けますね。でも、高校生ですからこんなもんでしょ。

走行写真篇も数枚ありますので、いずれの機会にアップしたいと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
2

2009/3/26  0:03

投稿者:キハ181つばさ
シービー様
私も四国には行ってにゃい。
時刻表で見ているだけでしたが「南風」というネーミングと、1往復しか設定がないことに高級感を感じていたものでした。
でも、列車的には「つばさ」「しなの」「やくも」の方が、食堂車の連結、編成の長さと、貫禄勝ちだったと思います。

2009/3/25  20:06

投稿者:シービー
やはりこのマスクは最高ですね。
西には行ってなかった私ですから、撮ってないのは当たり前ですが四国にも行った事がないので、南風・しおかぜなど撮りかったですね。
レンガ庫のやくもの隣に写っている客車が気になります。

2009/3/25  1:03

投稿者:キハ181つばさ
きかんしゃ やえもん様
そうですか、それは残念ですね。
確かに、私も旧客などは見慣れてましたから、特に山陰に行ったからといって目新しいものでは無かったですね。特に、全部がDD51牽引で、1000番代以降のカマばかりなので、希少感を全く感じませんでした。せめてもう少し旧客の写真とか山陰急行のサボなんかも撮っておけば良かったんですが・・・このときはEH10、北陸特急の撮影も兼ねていたので、撮影枚数的にも余裕が無かったかもしれませんけどね。
でも、想い出は残るから、それだけでも良かったですよ。

2009/3/25  0:58

投稿者:キハ181つばさ
金太郎様
この頃はディーゼルのサウンドに耳を傾けることは無かったですね。釣り掛けは明らかに懐かしい音であると認識していましたが、地元ではキハ81、181が通ってましたし、急行もディーゼルが何本もありましたし、実際に乗っていましたから。
でも、あの迫力のある顔つきの列車が12両編成とかで爆走する姿は電車特急に無い迫力があったことは確かです。今でも憧れの変わらない形式ですね。

2009/3/25  0:17

残念ながら、貴重だったはずのDD54に出会った記憶がないのです。
だからDD54は、写真も撮ってなかったはずです。
今思って見ると何で?で、残念でなりません。
山陰線は旧型客車の宝庫で、客車列車大好きでしたが、当時は中央線や、増してや上野駅で普通に見られたので、旧型客車を、特にあまり意識していなかったようです。
多分、DC特急の方に目が行ったのと、それより、周遊券ではエリアは急行自由席乗り放題だったので、元手を取るためか?、急行ばかりで移動したようです。

2009/3/24  23:03

投稿者:金太郎
大垣夜行と827レを乗り継いで夏休みを使って行かれた訳ですか。
山陰までは行ったことが無いのですがやくもの岡山−倉敷間は結構迫力のあるあのDML30HSCのあのターボサウンドが聞けました。
東北本線上では私は聞いた事がありませんが良い音したんでしょうね。
出雲市のレンガ庫、車両が確かにどぜうがうなぎのように見えますね。
キハ181系のほか、勿論DD51牽引の旧客とかも居たのでは。

2009/3/24  22:54

投稿者:キハ181つばさ
きかんしゃやえもん様
また寒気が入ってくるそうで、東北は厳しい日が続きますね。お大事に。
昭和49年だと、山陰の普通列車は殆どが客車だったのではないでしょうか?DF50もまだ居たんですね。DD54も見ることができたのではないでしょうか。
DF50やDD54は大好きだったので、旧客や貨物を牽いているシーンを撮ってみたかったですね。結局は現役時代に1回も見ることはありませんでした。

2009/3/24  22:48

投稿者:キハ181つばさ
line様
確かに交通の便が悪かったですから、目指すものがないとなかなか行きづらかったですよね。私の場合は「やくも命」みたいな気合いで行った様なモンです。その後出雲大社にも行ってきましたが、その時は殆ど撮りテツしませんでした。今から考えれば、原色の381系「やくも」がいた筈なんですけど、見向きもしなかったんですね。お陰で電車「やくも」は1枚もありませんわ。

2009/3/24  18:49

こちらは今日夕方から雪。
まだ寒〜いです。

私も昭和49年の夏に友人と、東海道線を日中の鈍行で乗り継ぎ、京都から夜行鈍行山陰で、DF50と鳥取砂丘目的でワイド周遊券で山陰地方に行った思い出があります。
DF50、倉吉線の旧客などと共に、キハ181やくも、82系特急など撮って来ました。(駅撮りですが)
米子駅の端っこに、ガスタービン車が留置されいいて、それも撮ったのですが、今となっては証拠がない(涙)。
急行白兔なんてありましたよね、乗るまで「しろうさぎ」と読むのかと思ってました。


2009/3/24  18:21

投稿者:line
山陰線は殆ど乗ったことも無い線区として今でも残っちゃってます。
181の「やくも」も山陽側で撮ってただけですね。まだ食堂車も入ってる堂々編成の頃です。
山口線はC57撮影で行ってましたから、「おき」は結構撮ってました。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ