鉄道コム

2009/3/27  6:32

お座敷列車 スロ81系 グリーン帯時代  客車 列車・車両(ブルトレ以外)
おはようございます。
昨夜は急な眠気でダウンしてしまったので、今日は早朝アップになってしまいました。
時間が無いので、今日は1枚モノになります。



クリックすると元のサイズで表示します
昭和51年 東京駅にて スロ81系 お座敷列車

私が中学に上がったばかりの頃の写真だと思います。
当時はまだ、お座敷列車の配置というのは極限られた客車区にしかなく、目にするのも珍しかった時代でした。
スタイル的にはグリーン車のスロ62系と変わらない外観であり、判断するには窓から見える障子くらいだったですね。

当時の配置状況からして沼津区の「いこい」かと思われます。この後直ぐにグリーン帯が塗装省略になり、まるで普通列車然とした姿になってしまい、さらに品の無さに嫌気が差したのか、ブルトレのようなクリーム2本帯へと発展して行きます。

詳しくは良く憶えていませんが、全国でもいち早く沼津区に余剰12系を改造したお座敷車が誕生し、品川区へ転属。品川区へ12系改造のジョイフルトレインが配置になると、水戸区へ転属と流転した車両だったと思います。

写真は指が入ってしまい、ハーフ判特有の画像の悪さで見苦しいですが、気になるのは牽引機のEF58です。
良く見るとヒサシがついており、浜松区の区名札が見えます。詳しくは知りませんが、当時の浜松区で原形小窓車の配置があったことを知りませんので、もしかしたら原形大窓のEF58だった可能性があります。
それにも拘わらず、当時はEF58は両数が多くてさほど興味も無かった時代。客車の写真しか撮っていませんでした。
結局、その後EF58の原形大窓車は東京区の61号機と竜華区の66号機しか撮っていませんので、非常に貴重な機会を逃したことになります。悔しいです!

にほんブログ村 鉄道ブログへ
0

2009/3/28  0:08

投稿者:キハ181つばさ
金太郎様
東京区以外の若番EF58は殆ど撮っていませんでしたね。場面場面では見ていたのかもしれませんが、中学生の頃はEF58は沢山居過ぎて興味が無かったですね。高校を卒業するくらいから本格的に撮り始めましたが、その頃には初期車を中心にかなり廃車が進んでしまっていたようです。東海道の大窓原形車、走行写真を撮りたかったです。

2009/3/27  23:58

投稿者:キハ181つばさ
line様
この時代は「ダイヤ情報」の存在すら知りませんでしたから、この手の列車は行き当たりバッタリですね。
スロ81系は床が低いので、掘りごたつにもなっていませんよ。ただ畳が敷いてあり、座椅子がおまけについているくらい。グリーン車なんですかねぇ、って感じです。
私は1度だけ「江戸」に乗ったことがあります。

2009/3/27  23:00

投稿者:金太郎
連投ですみません。
ヒサシつき大窓というと宮原の43番も好きでした。
エーダイのHOサイズのプラモデルの箱絵がブルトレ色のEF5843でしたが当時小4ぐらいではひさしも上手く作れず、製品のまま青+正面クリームで塗った覚えがあります。
出来は小坊が作ったレベルなのでひどいものでしたが。
43番はブルトレ色にはなった事無いようだし、それをガキのクセに雑誌や実車と比べて突っ込みいれてました。

2009/3/27  22:43

投稿者:金太郎
浜松のヒサシつきは貴重ですね。
私メが知る限り52番、67だったかな?
原型窓かどうかはわからないです。

大窓ヒサシつきというと竜華の40番、66番を思い出します。
後でブタ鼻ライトになってしまいましたが。
ミト座は茶塗りされて平成2年でしたっけ?まで残ってましたね。
58と15は形態変化がすごいんで、公休日とかにチョコチョコ調べる価値があるかもしれません。

2009/3/27  20:14

投稿者:line
この手の列車は団臨ばかりでしたから、運が無いと撮れなかったですよね。
今だお座敷は乗ったこと無いのですが、当時なぜこんな設備がグリーンなのと不思議に思ってました。ただの掘りごたつ程度のもんですよね。
白帯になった頃の写真は何枚か撮ってました。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ