鉄道コム

2009/3/28  1:14

EF62牽引 急行「越前」  国鉄・JR機関車(直流型)
こんばんわ。
今日は早起きしなきゃいけないので、取り急ぎ過去ログから整理して急行「越前」の写真をアップいたします。

「越前」は、上野から信越本線経由で福井まで運転された、北陸急行の中では1番距離の長い夜行急行でした。編成は、荷物車、A寝台、B寝台、グリーン車、普通車自由席で、普通車指定席は連結されていません。こちらも途中直江津まではEF62が牽引しています。
「越前」は夜行列車でありましたが、上野着が7:05と比較的ゆっくり到着するため、冬期においても上野口での撮影が可能な列車でした。特徴としては、私の知る限り近代化更新後の旧型客車で統一されており、荷物車もパレット積み対応のマニ37(青)で、EF62の前面警戒色以外すべて青で統一されていたイメージがあります。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和55年10月頃 蕨〜西川口間にて EF6223牽引 上り「越前」


クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年5月頃 浦和〜南浦和間にて EF6222牽引 上り「越前」


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年11月13日 上野駅にて EF6237牽引 上り「越前」到着

この区間において、定期列車でEF62を見るとことが出来たのがこの「越前」と夜行急行「妙高」のみでしたが、「妙高」は駅撮りも出来ないほど早朝の到着時間であったため、実質的に写真に撮ることが出来たのはこの「越前」だけでした。

「越前」は上野〜福井間を信越本線経由で設定されていましたが、昭和57年11月の上越新幹線開業じに上越線経由であった「能登」の廃止により、運転区間を金沢で打ち切りされた挙句に愛称まで乗っ取られてしまうことになります。
その後「能登」は14系化を経て、長野新幹線開業で廃止となった横軽を通過することが出来なくなり、再び上越線経由の夜行電車急行として復活を果たしています。

私的には地味な存在であった「越前」でしたが、その経緯から考えてみると、現在残っている「能登」は元来の夜行急行「能登」ではなく、この「越前」の血筋である考えております。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
1

2009/4/1  1:32

投稿者:キハ181つばさ
くま様
昔は「越前」っていうとEF62が思い浮かんだモンですが、愛称が消えて久しい今となっては「かに」が思い浮かんでしまいます。(←そんなに「かに」は好きではない。)
私も友人と末期の「越前」に寝台券を取って乗りました。ただ、駅撮りを嫌っていた年代なので、EF70が牽いている寝台列車の写真とか全然撮っていないんですよ。
当時はあまりEF62が好きじゃなかったので、写真は少なかったですね。上京する列車も限られていましたから、やはり難しい機関車だったのでしょうね。

2009/3/31  23:06

投稿者:くま
「越前」いかにも急行らしいい響きでしたね。
ネーミングとしては「能登」より好きでした。

通勤時間帯前に上ってくるラストでしたね。
2枚目の写真、同じ年にかなり近い所で撮ってます。
富山〜福井は70が牽いてましたっけ。

62はC-C配置の足回りが異彩を放っていてましたね。
天賞堂から発売されていましたやつ、欲しかったなー。

私もそのうちアップしたいと思います。


http://blogs.yahoo.co.jp/gunmano_kumasan/13042864.html

2009/3/29  2:00

投稿者:キハ181つばさ
金太郎様
横軽が残っていた場合でも、どうなったか分からないですね。客車はおそらく寝台の需要が「北陸」で十分でしょうから、電車化されて信越線経由のまま残っていたでしょうか。
ナンバーが下にオフセットしているのは気が付きませんでした。確かに、写真で見てもかなり印象が違いますね。金太郎さんもなかなか博学ですな(笑)。

2009/3/28  5:34

投稿者:金太郎
オハ用ございます。
下り越前は上野20.51分発だったと思います。
最初に62を見たときでかいブロアー音と8個並んだエアフィルター、前面傾斜した窓に貫通扉と強烈な印象でした。
それはさておき、越前が能登になってしまったのも皮肉だと思います。
もし、横軽が現在も存続していたとしたらやはり489系で運転されたでしょうね。
愛称はどちらになったか微妙ですが。

余談ですが、62の37番、正面のナンバーが幾分下気味についてる感じです。
東芝製の36番か37番か両方か忘れましたが何かにナンバーの件が書かれてあった気がします。
ポチッとして行ってきますです。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ