鉄道コム

2009/3/29  1:34

Fe4撮影記(中央線その1):寝坊して201系  写真撮影
こんばんわ。
昨日はFe4-1のメンバーで、久し振りに撮影会に行ってまいりました。
今回も事務局長lineさん企画の基に、中央線のサクラをコラボするという企画。大月駅に12時半「頃」集合ということで、今回はかなりゆっくりなスタートとなります。

私的には集合時間までフリーなので、ホリデーパスの特権を活かし、早朝に「あけぼの」を撮って、横浜線で205系のヘッドマーク付きを撮って、「ホリデー快速ビューやまなし」に乗って、大月駅についたらゆっくりと富士急の写真を撮って・・・

なんて予定を考えていたのですが、目覚ましで予定の時間から20分経過して起きたものの、寝不足が祟って起き上がることができず、そのまま二度寝・・・目が覚めたのは8:30になってしまいました。

出掛ける支度をして、みんなにポチ回りして、トイレに入っていたら「北斗星」の通過時間ギリギリに・・・朝食も摂らずに慌てて出掛けたのですが、線路を目前にして「北斗星」が華麗に通過して行きました。

ガッカリしながら蕨駅に向かうと、良いタイミングで電車が来ました。南浦和で武蔵野線の階段を登って行くと、なんとMT64のモーター音が聞こえるじゃないですか
なんと「臨時」のヘッドマークを掲げた489系が颯爽と目の前を通過して行きました。ここでも美味しいネタを撮り逃してしまいました。

西国分寺駅での乗換ついで、立ち食いで天玉うどんをいただき、下りホームに向かうとテツが1人。『何か来るのかな?』と思う間もなくオレンジの電車が・・・。

ホーム端に辿り着くまでもなくカメラを取り出し、先着テツの姿が映りこまないようにシャッターを切りました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
平成21年3月28日 西国分寺駅にて 201系 T7編成

この日初めてのラッキーポイントでした。

この後、快速→普通列車を乗り継ぎ、待ち合わせ場所である大月へと向かいます。

今回は目が疲れてしまったのでこの辺で・・・続きは・・・夕方にでもアップするかも?

にほんブログ村 鉄道ブログへ
0

2009/3/30  2:02

投稿者:キハ181つばさ
金太郎様
機械性能的な詳しいことは知りませんが、結局性能的には過渡期の車両で、メンテナンスの難しい部類の少数派なのではないでしょうか?部品調達が困難となれば、調達用の予備車を確保したり、結果的には維持費か掛かって省エネ効果なんてなくなってしまうんでしょうね。

2009/3/29  21:05

投稿者:金太郎
あれだけ有った201系も寂しくなりましたね。
学生時代は特快も中央・総武緩行もお世話になった車両です。
サイリスタチョッパ制御が仇になって私鉄では受け入れ難いんでしょうかね。
103ばっかりの中に登場したときは乗り心地もいいし静かだし103なんかとは雲泥の差でした。

2009/3/29  11:22

投稿者:キハ181つばさ
シービー様
どうもお疲れ様でした。今日仕事なのに2軒目に行っちゃって大丈夫かな?と思ったんですが、無事に出勤しているようで。
201系は1台だけ豊田区で保留しているので、それが保存対象になっているんじゃないかと思います。現在の2編成は廃車になる公算が強いと思いますよ。まだ問題なく走れそうなんですが、もしかしたら消耗品で手に入りにくいようなパーツがあるのかもしれませんね。

2009/3/29  9:43

投稿者:シービー
昨日はお疲れ様でした。
新宿で、かいじ105号の車内からこの201系を見ておりました。それも缶チューハイを飲みながら。
さてさて、この201系もJR東では保存するのでしょうかね。それとも秩父鉄道さんあたりが導入って事はないっすかね。

2009/3/29  9:26

投稿者:キハ181つばさ
宮オオ様
おはようございます。
私もこの間新宿で仕事をしているので、身近な存在として201系を見てきましたが、置換えが異常なまでに早かった印象があります。しかも青梅線・五日市線も込みですからね。
今は高架事業の影響で2編成だけ残されていますが、この暫定措置がなければとっくに消えてしまっていた筈なんですよね。

2009/3/29  7:14

投稿者:宮オオ
おはようございます。
今や僅少となってしまった東の201ですけど、私は何年か前の暮れから正月にかけて関東地方のJR、私鉄の車窓風景をビデオ撮りしたときにこの電車の中央特快に乗って三鷹〜国分寺間を撮影したが、途中の武蔵小金井の車庫にいたいわば「きんぎょ」だらけが印象的でした。
そのときはステンレスの魔の手がゆくゆくは占領されるから今のうちに、とは殆ど考えてなかったものゝーその前に駅撮りや車内撮影はしたけどー今やその通りになってしまったのには私も流石に唯々驚きの一言です。
それでは、この辺にて失礼いたします。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ