鉄道コム

2009/4/18  8:45

485系「はつかり」:総集編 その2 非貫通型  特急型電車(交直流・交流)
おはようございます。
せっかくアップしたのに消えてしまったようなので、取り敢えず写真だけアップしておきます。
※記事を追加しました。

過去ログ『485系「はつかり」:総集編 その1 貫通型』の特集をしたところですが、既に1年近く経過してしまいましたので、この辺で非貫通型の写真をアップいたします。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和54年3月 西日暮里駅から

昔はそこそこ有名撮影地であった西日暮里駅からの写真です。
標準〜中望遠で気軽に撮影できる場所でしたが、ホーム半ばからでやはり京浜東北線に邪魔されてしまうからでしょうか、私的には殆ど撮影に行ったことがありません。
東北新幹線の上野駅乗り入れ工事以来、もうこのようなシーンを撮影することはできなくなってしまいました。
写真は上野駅に向かう特急「はつかり」。座席の向きの様子から、尾久からの送込み回送のようですね。ドアはちゃんと閉めましょうよ(笑)。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和55年 西川口〜蕨間にて

西川口と蕨駅のほぼ中間にある塚越陸橋付近。
今では金網のフェンスに阻まれて撮影できなってしまいました。背の高い脚立があれば可能かもしれませんけど。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年8月 蕨〜南浦和間にて


クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年 蕨〜南浦和間にて

2枚とも同じ場所です。浦和電車区を除ける位置で、大きくSカーブを描くため、特に下り列車に対して良い構図で撮ることができました。
この辺りは土地が低いため、大雨が降ると直ぐ洪水になってしまうんですよね。その関係でしょうか、線路の路盤が他の走行地域よりも高いため、道路から撮ると下から仰ぐような感じになりました。
ここも昭和59年頃まではコンクリート柵で撮影が可能だったのですが、やはり背の高い金網フェンスに阻まれてしまいました。

としましたが、「はつかり」の解説が無いですね。過去ログでは十分に語りつくしている感じですので、こちらから過去ログを覗いてみてください。
1500番代の写真も1枚だけありましたが、時間が無いときの1発ネタとして保留させていただきます。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
0

2009/4/21  0:16

投稿者:キハ181つばさ
シービー様
まあ、「はつかり」と言えば583系でしょう。私が初めて「はつかり」に乗せてもらったとき、485系だったんで「がっかり」しましたよ。

2009/4/19  22:41

投稿者:シービー
もしかしたら、「はつかり」は583以外は撮ってないかもしれないです。
やはり583でないと「はつかり」と認めていない天の邪鬼かもしれない私です。

2009/4/19  8:38

投稿者:キハ181つばさ
SEKKI様
ドアの開けっ放しなんて、昔は良くあったかもしれませんね。留置中の車両なんかもそうですし、キハ58系は運転助士席側は仕切りがなくて立ち入りも自由に出来たため、イタズラに開け閉めしていた輩もいるのではないでしょうか。通過駅での運転停車では、ここから乗り降りをすることができますので、西村京太郎先生とかトリックしちゃいそうですね(笑)。
最近の列車では、到着する前に「回送」表示を出してしまうケースが多いようです。おそらく、到着する列車が回送になるので、乗客が乗り込まないようにという配慮なんだと思いますが。結果として、テツ除けであることには変わりありませんね。

2009/4/19  7:07

投稿者:SEKKI
こんにちは。(^^)
回送列車とはいえ、ドアが開け放しとは・・おおらかな時代だったのでしょうか。(憧憬)
先日、現存する485系に乗車してきましたが、案の定終着駅では「回送表示」。ぼけっと眺めていたら、はつかりの幕が幻のように見えてしまいました・・・。(笑)

2009/4/18  23:55

投稿者:キハ181つばさ
line様
私は何故か文字マーク時代の非貫通型が無かったんですよ。良く探せばあるのかもしれませんが、ここに出していない以上はおそらく絶対に見られないような写真だと思います。
そうそう、昔の写真を見ると、尾久や東大宮に引き上げるのにわざわざ「回送」表示なんてしていなかったですね。むしろ、次に運用される列車の名前に変えて回送する例もありましたし。
今行われているような「回送」表示はテツ除けでしょうかね(笑)。

2009/4/18  19:18

投稿者:line
東北特急で「はつかり」と「つばさ」だけがボンネットが無かったんですよね。
非貫通のタイプは文字マークの頃から結構撮ってました。当時はご丁寧に回送なんて表示しなかったので、西日暮里だと効率良く撮れましたな。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ