鉄道コム

2009/4/23  6:37

レトロ風な高崎駅での写真(80系+70系並び)  旧型国電
おはようございます。
昨夜は色々あって早めに失礼いたしました。なので、5時起き・朝風呂の早朝アップです。

まずは1枚の写真をご覧下さい。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和52年3月12日(多分) 高崎駅にて

当時、信越線に残っていた唯一の80系運用と、両毛線の主力であった70系の並び写真です。跨線橋は木製の板張りで、特急列車が全て停車する駅にしてはレトロな雰囲気ですよね。
かつては東海道線や東北線の幹線駅でもこのような風景が良く見られたものですが、新幹線の開業による改築や自由通路の設置、ステーションビルの併設や今で言うところの駅中整備などでこのような風景も段々見られなくなりました。

写真は、貰い物のリコーフレックスという6×6番で撮っています。ほんの少ししか使ったことがありませんでした。2眼レフでウエストレベルファインダー、左右逆像という使い勝手の悪さが中学生には重荷でしたね。

当時の様子はもう少ししっかりした画像を過去ログでアップしておりますので、参考までにご覧下さい。なお、過去ログ内のリンクは壊れていますので、こちらに一旦戻ってからリンク先をご覧下さい。

 ・モハ80系 信越本線(高崎にて)

 ・モハ70系 両毛線(高崎にて)

 ・モハ70系 両毛線(高崎にて):その2

 ・関連記事 クハ77:両毛線

昭和52年頃からは旧型国電の淘汰のために115系1000番代の製造が既に始まっており、70系新潟色を皮切りに置換えが進められました。このときも一部の列車で115系化されたものがありました。高崎地区では、吾妻線の40系が既に見られなくなっていたようですね。

未だ中学生で自由が利かなかった頃、宇都宮と並んで複数回訪れた数少ない地域の一つでした。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
0

2009/4/25  22:36

投稿者:キハ181つばさ
シービー様
昔は写真代が高かったですから、興味のある無しで分別していかないと趣味が続かなかったと思います。ですから、この頃の旧国は逢っている割にはあまり撮っていなかったと思います。それでも、元祖湘南顔は魅力があったから撮っていたのでしょうね。
毎度のコメントですが、引いて撮ったものは列車写真的にはショボくなりますが、時代背景を映し出す貴重な記録になりますね。

2009/4/25  22:30

投稿者:キハ181つばさ
くまさま
私もやっと動けるようになった頃だったのですが、既に旧国は終焉を迎えた頃でした。上越色は高崎では見られませんでしたし、40系列は廃車待ちの留置車をどこかの駅で見かけました。やはり情報が少なかった時代ですから、偶然でも撮ることができればラッキーだったんですね。だから、撮ることができなかったものは写真に残せなかった分余計に思い出に残っているのでしょう。

2009/4/25  22:23

投稿者:キハ181つばさ
金太郎様
バリアフリーは良いと思いますが、そのしわ寄せが変なところに出てしまっているように思うのは同感です。特にバスは車体中央に段差ができたり、座席が異常に高くなったりしていますね。
エスカレーターも本来使わなくて良いような年齢のやつばかり使っていますし、そのために階段の渋滞が起きるので腹が立ちます。

2009/4/25  21:57

投稿者:シービー
この時代の高崎駅には訪れた事がありました。昭和51年12月でしたから時期が近かったですね〜。
高崎機関区で撮影して、夜行の長岡行きの列車を待合室で待っていました。
以前もコメしましたが、高崎駅で駅撮りしていないという事は、旧形には遭遇できなかったのか、暗くて撮影をあきらめたのでしょう。
電車もですが、こうやって駅の設備なども撮っておくと、記録になりますね。
今では撮りたくても撮れないですから。
あの時代の高崎駅も撮っておけばよかったなぁ〜。

2009/4/25  21:49

投稿者:くま
こんばんは
私も信越の80系は、昭和47年に横軽間を歩いたときに偶然見ただけで、写真は残っていません。
高崎口のクモハ40系や、長野口の54系は列車本数も結構多く目撃機会もありましたけど、横軽直通する普通列車そのものが少なかったら、偶然遭遇というわけにはいかなかったのですね。同様に新潟色の70系もちらっとみただけで、強烈な印象を持ったことを覚えています。

http://blogs.yahoo.co.jp/gunmano_kumasan/folder/305017.html

2009/4/25  20:39

投稿者:金太郎
70系にしろ80系にしろクハ75、77、クハ85といった切妻のクハ103高運車もどきの顔結構好きなんですよね。
駅舎もいい感じです。
今時のありきたりな駅ビルじゃ味も何もありません。
バリアフリーとか騒がれるはるか昔ですから狭い階段だけのつくりでも良かったんでしょうね。
バリアフリーもいいけど必ずしも使い勝手がいいとは限りませんし。
最近のノンステ車も然りなんです。
運転席の着座位置がどうも落ち着かないし、車内の段差が増えたせいで車内事故にも気をつけなければならないし色々。
話がそれましたが。

2009/4/24  0:46

投稿者:キハ181つばさ
宮オオ様
昔は『繋がっている電車は貫通路で繋ぐ』といような原則っぽいサービスでしたね。ドアが沢山ある車両は別としても、やはり桜木町事故の教訓もあったことでしょう。今の通勤車は付属編成を連結しても貫通路を繋ぐ車両がなくなってしまいましたね。昔のような事故が起きる可能性は皆無でしょうし、乗ったまま行き来できるサービスも合理化の前には勝てないと言うことでしょう。
この高運転台、103系もクモニ83もみんな同じスタイルなんですよね。模型の改造では活用しましたよ。

2009/4/23  16:44

投稿者:宮オオ
こんにちは、
今や地方の中小の駅=JR・私鉄問わず=でもバリアフリーというZ旗の下、木造の跨線橋が次々と消えつゝありますが、写真の高崎に限らず熊谷・大宮などでもこの頃よく見られてた光景でしたね。
停車中のクハ85を見てると正面スタイルが非貫通・高運転台式なので、何処となく今日の高崎線の主力であるE231に通ずる感じがいたします。
それでは、この辺にて失礼します。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ