鉄道コム

2009/5/25  1:13

JRおおみや鉄道ふれあいフェア2009 屋内展示篇  写真撮影
こんばんわ。

昨日は大勢の方にアクセスいただき、また応援ポチいただきありがとうございました。

今日は続きで屋内篇レポをお届けしたいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

まず最初に発見したのはカニ24の「北斗星」。展示対象外の車両です。
マイクロスカート無しの2次形ですが、製造から既に30年を経過しています。
番号は確認していなかったのですが、北斗星仕様の500番代でしょうかね。


クリックすると元のサイズで表示します

昼食後、屋外撮影を経て最初にJR貨物棟に入ったらコイツが待ってました。
なんと、JR貨物のEF641002に、こともあろうに「あけぼの」のヘッドマークを取り付けています。これは無いでしょ
このヘッドマークは、EF65牽引後期に使用していた薄朱色のタイプですね。


クリックすると元のサイズで表示します

こちらは台車を抜かれたDD511805。確かDD51のラストナンバーですね。佐倉機関区所属のようです。実車は初めて見たような気がします。台車は前後して並べられていました。貴重な姿ですが、やはりボディーだけだと違和感がありますね。


クリックすると元のサイズで表示します

通路を隔てて反対側に置いてあったEH500−21。こちらも分解中です。
毎年恒例のネタとなりました。


クリックすると元のサイズで表示します

こちらも分解中のDE101073。JR貨物色です。
我家の近辺では原色しか見ることが出来ないので、やや新鮮に感じます。
奥の方で暗かったのでブレてしまいました。


クリックすると元のサイズで表示します

こちらはKE653。入口で貰った案内を見て???と思っていたのですが・・・

クリックすると元のサイズで表示します

衣浦臨海鉄道の機関車を受託整備しているようです。このテの臨海鉄道は詳しくないので、全くピンときませんでした。今度調べておきましょう。国鉄色なのは嬉しいですね。


クリックすると元のサイズで表示します

こちらは展示対象外のDD51893。分解真っ只中です。
JR貨物青色で、関東では滅多に見ることが出来ませんね。時代的に違和感はあるのですが、普段見ることが出来ないだけに新鮮さもあります。
こうした車両を見ると、やはり整備中のものではなく、実車が貨物を牽いている写真を撮りたくなります。


クリックすると元のサイズで表示します

整備が終ったばかりでピッカピカのEH500−20。こうしたアングルを堂々と撮れるのも、工場での展示会ならではですね。


クリックすると元のサイズで表示します

こちらは反対サイドに取り付けられた「みどり」ヘッドマーク。一昨年はEH500−2に取り付けられていました。どうせだったら他のマークとか、思い切ってブルトレのヘッドマークでも付けたら良いのにね。「北斗星」なんかも有りそうで良いと思う。


今回はこれだけ。昨年度はED75も居たのですが、淘汰がかなり進んできましたので、場合よると、もう入場することが無いのかもしれませんね。こうした状況を見ると、ED75も終焉が近づいている予感をひしひしと感じました。

また、今回は写真を撮ってきませんでしたが、209系の房総仕様の車両がありました。
かなり前からウワサは聞いておりましたので、今更驚いてはおりませんが、この間、動きが鈍かったので、やっと具体的に見えてきた感じがします。
この後、おそらくそこそこの改造が行われ、房総各線に運用されると思いますが、113系の置換えが重点なのか、ウワサどおり211系を中央本線に追い出して115系の淘汰を先に実施するのか、非常に気になるところです。

案内図を見て、今回はJR東日本の整備棟を1箇所通り忘れたことに気付きました。何があったのか気になりますが、他の人のブログで探すことにいたしましょう。
今回は枚数も少なかったので駆け足になってしまいましたが、お付き合いいただきありがとうございました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ

明日からは、フェア訪問前後の夜行列車&貨物列車のアップを2日間(多分)にわたってアップする予定です。結構ボリュームありますよ。
1

2010/2/13  10:41

投稿者:キハ181つばさ
宮オオ様
武豊線の半田駅と言うのは過去に偶然訪れたことがあったのですが、専用線の存在は知りませんでした。国鉄時代はどこに行ってもDEが見られたので希少感も無かったですね。写真のDD51893も、多分稲沢のカマだとおもいます。JR貨物も独自の工場が少ないですから、広域の配給移動もやむをえないのでしょうね。その分、運が良ければ珍しいものが見られるわけですが。

2010/2/12  21:35

投稿者:宮オオ
こんばんは、
衣浦臨海鉄道(本社・半田市)はJR武豊線の東浦と東成岩の両駅より出てる貨物専用の第3セクターの路線で、武豊線を介して東海道線と接続してる大府まで機関車は乗り入れてるそうです。
尾張国名古屋近郊とはいえ、はるばる武蔵国大宮まで来て検査とはホントご苦労なことですね。
それでは、この辺にて失礼します。

2009/5/26  1:02

投稿者:キハ181つばさ
水無月様
昔は工場の開放などありえなかったので、サービスが良くなりましたね。昔は何でも機密にされていたので、こういう機会はありがたいです。
カニ24は現役でしょうね。補修に掛かるような跡が残っていましたが、かなりキレイでした。今のブルトレはヘッドマークが付いているので、どうしても機関車に目を奪われがちですが、ヘッドマークの無い時代には、客車のバックサインばかり撮っていたもんです。ブルトレはこちらも基本ですから、撮影の際はお忘れなく!
この青DDも出場するときにどうなってしまうのか気になりますね。基本的にはオリジナルじゃないヤツは好きになれないのですが、後進の塗装が意外に早く無くなってしまう情勢にやや焦っています。やはり、何事も選り好みしている場合ではないですね。
工場に行かれましたら、是非アップしてください。未踏の地である苗穂工場、拝見できることを楽しみにしております。

2009/5/26  0:54

投稿者:キハ181つばさ
SEKKI様
ポチまでいただきありがとうございます。
早速駆け足ですが、レポを拝見させていただきました。長時間掛けて、随分撮影されてましたね。はやて号も含めて、自分では行けなかったところも見ることが出来ましたので、非常に参考になりました。ありがとうございました。
ジックリみて驚いたのですが、なんと私が映っているではござんせんか。かなり頭が薄くなってきたので、同時に写真写りの悪さにガックリ・・・。わずか10mくらいまで接近遭遇していたのですね。ビックリです。

2009/5/26  0:37

投稿者:水無月
こんばんは。
北斗星のカニ24、製造から30年も経過しているのですか。この電源車は今でも連結されることがあるのでしょうか。
分解中の機関車を間近で隅々まで見られるのは、このような機会ならではですよね。私も苗穂工場公開日が待ち遠しいです。
DD51の青色塗装、北海道にも2機ありますが(次の更新時には赤Aに塗り直されるとか9関東では見られないのですね。
しばらく貨物撮影から遠ざかっているので、機関車をみたら、貨物を撮りたくなってきました。

http://blog.goo.ne.jp/mamameron113/

2009/5/26  0:24

投稿者:SEKKI
出撃&レポートお疲れ様でした。
実は僕も今回は行ってきまして、稚拙ながらレポもUPしております。(^^;
国鉄上野口らしいのが少なくて、また工場内に並べられた台車など、新型車のものが大半以上でちょっとほろりと来てしまいました。
しかしながら、普段入ることのできない工場の中などがやはり毎年ありがたいと思うばかりです。(^^)
微力ながらポチなどしておきますー。

2009/5/26  0:22

投稿者:キハ181つばさ
line様
そうなんですよ。なんか物足りないと思って見返したら、忘れていたことに気が付きました。あそこは入場中の電車がある筈なんです。失敗しました。
今回は、昨年に比べるとかなり少なかったような気がします。屋外撮影に工夫してもらえれば、もっと受け入れがスムーズになりそうな気がします。
正門に立っているおじさんたちも、職員というよりは嘱託員か退職者のボランティアみたいな感じに見えましたね。OBさんとかにも協力してもらっているんでしょうか?
とにかく長続きして欲しいイベントですね。来年もまた行きたいです。

2009/5/26  0:18

投稿者:キハ181つばさ
シービー様
昨年に比べると、ベビーカーを押したママさんが非常に少なかったというか、殆どいなかったような気がします。新型インフル効果か、それともやっとにわかブームが冷めたかな?私としては大歓迎。大して興味も無いのに、邪魔しに来て欲しくないです。とにかく自己ちゅーが多いですからね。

2009/5/26  0:11

投稿者:キハ181つばさ
金太郎様
最近はヘビなんかしばらく見て無いですな(笑)。
確かに、製作途中の模型なんて、こうして部品類が雑然とした中に車体があったりして、作業中のデスクそのまんまな感じですね。

2009/5/25  19:28

投稿者:line
確かに案内図見直して見たら、パンタグラフ云々の所は行ってなかったでしたっけ。
駆け足でしたが、普段は近寄って見れない機関車などはじっくり見れて良かったです。まあ1日とは言えあれだけの来場者があるので、職員の方は設営から撤収の手間は大変なんでしょうね。イベントとして外部に運営発注してる様には見えませんでした。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ