な心境。今日はどうだろうか・・・。 さて、今日は最終回となりますが、『おおみや鉄道ふ…" /> 09/05/23 祭りの前後 貨物いっぱい篇 | うさぴょんのマル鉄回顧録
鉄道コム

2009/5/28  0:46

09/05/23 祭りの前後 貨物いっぱい篇  写真撮影
こんばんわ。
昨日は体調の関係で手を抜いてしまったせいでしょうか、稀に見る少ないアクセスで´Д`な心境。今日はどうだろうか・・・。

さて、今日は最終回となりますが、『おおみや鉄道ふれあいフェア』の前後に撮影した貨物列車の写真をアップしたいと思います。

普段は時刻を把握している安中貨物くらいしか撮影していないのですが、今回は同行したlineさんが貨物時刻表で調べていただいていたので、思わぬ本数を撮影することができました。それでも、朝の出掛けに「能登」を撮影して「北陸」までの合間に移動する際、3本もの貨物列車を撮り損なっています。ホンの10分くらいの間に3本通るので、余程時刻を把握しておいて、上下ともアングルを変えられるような位置に居ないと必ずどれかを撮り逃してしまいそうです。

※撮影は、全て平成21年5月23日です。


クリックすると元のサイズで表示します
東大宮〜土呂間にて EF641023牽引 タンク貨物

「北斗星」の続行で来るタンカーです。この列車には黒色のタキ43000も連結されており、車両的にも貴重な列車ですね。
背景でガンガンにゴミを燃しているバ○オヤジがいます。良くこんな住宅街でこんなことして苦情が来ませんよね。我家の隣家もそうですが、環境のこととか全くアタマに無いんですね。条例とかで禁止して欲しいですわ。じゃなかったら、UFOに頼んでレーザー光線で家ごと木っ端微塵に破・・・。


lineさんによると、この後4本の貨物列車が集中してやってくるらしいです。フェアを訪問する都合もありますので、大宮駅での駅撮りを申し出ました。
大宮駅に到着してホームを移動中にEF210牽引の貨物列車通過してしまい、1本は撮れませんでした。


クリックすると元のサイズで表示します
大宮駅にて EF641017牽引 コンテナ貨物

この塗装、好きじゃないんですがね・・・ブルトレはブレちゃったのばっかりだったのに、メチャメチャ綺麗に撮れてやがる


クリックすると元のサイズで表示します
大宮駅にて EF66102 コンテナ貨物

私的には殆ど撮影した記憶が無いEF66100番代。大宮は武蔵野線経由の貨物が多数来ますので、我家の沿線では見られない形式に逢うことができます。
しかし・・・きったねぇ〜なぁ〜


クリックすると元のサイズで表示します
大宮駅にて EF641011牽引 コンテナ貨物

大宮駅撮影での4枚のうち、これだけが高崎線経由の列車です。予定外だったんで儲けものでしたが、原色が来て欲しかったなぁ。


クリックすると元のサイズで表示します
大宮駅にて EH500−42牽引 コンテナ貨物

大宮駅での貨物ラッシュの最後の列車。EH500でした。901号機か1号機が来て欲しかったんですがね。EH500も数が増えてきたので、当たるのは段々難しくなってきました。

ここで大宮駅での撮影を切り上げ、『おおみや鉄道ふれあいフェア』突入です。


で、その流れで帰り道に高島屋の2Bでお疲れさん会。
ウーロンハイやを飲んでホッとしているlineさんとシービーさんを横目に、私はクリームソーダを注文。去年と全く同じものを頼みました。暑かったからめっちゃウマかったです。


さて、これで終りじゃござんせん。ノンビリ飲んでいてもらっては困ります。
ここまで粘ったら安中貨物を撮らなきゃ!でも、この辺のロケーションはあまり良い場所が無いので、結局わたしの地元、蕨へとご案内することになりました。


クリックすると元のサイズで表示します
蕨駅付近にて EF651082 コンテナ貨物

安中貨物のホンの5分くらい前に、EF65牽引の貨物列車が通ります。
3月の改正前は無かったと思うのですが、これがまたきわどいタイミングなのです。
この日は運良く原色赤プレの1082号機でした。今回の撮影で唯一ラッキーな貨物との出会い。後が空車ばかりなのがどうも勿体無いです。この列車、2回目の撮影だけど、前回と殆ど変わらぬ感じですね。


クリックすると元のサイズで表示します
蕨駅付近にて EF8197牽引 安中貨物

そして、安中貨物。EF65から殆ど時間が無いので、走って移動しました。飲んでいないのが強みの行動です。でも、こんな日に限ってトキ5両のみとは


クリックすると元のサイズで表示します
西川口〜蕨 EF641018牽引 コンテナ貨物

安中貨物で打ち止め!と思ったのですが、lineさんよりもうチョット待てばもう1本貨物列車が来るとのこと。なので、跨線橋上で待ちました。
その前に、『最近、ウラ80見て無いし、通勤でも全然乗っていないんだよねぇ〜。運用から外れちゃったのかな?』なんて話していたのですが、なんと!EF64と並行して走ってきたのはウラ80でした。『なぁんだ、ちゃんと元気に走ってんじゃん!』。
ちなみに、一昨日の仕事帰り、赤羽駅で行き違いました。

 
朝4時起きで眠さが限界。ここでお2人とは別れ、自宅に帰って写真の整理をしたりして長〜い1日が終りました。と言っても、結局寝たのは翌日の2時だったので、結局22時間も起きていたのね・・・。


にほんブログ村 鉄道ブログへ

5日間もお付き合いいただきましてありがとうございました
1

2009/6/3  21:01

投稿者:キハ181つばさ
JZX81様
コメントありがとうございます。
友人の家が直ぐ近くにあって、昔は産業道路への抜け道として良く通りました。そう言えば出入り口に車幅制限のコンクリートがありましたっけ。おそらく、4t以上のトラックを通さないためのものでしょうね。
結婚してその友人との付き合いも無くなり、15年振り以上経ち、久々に来ましたが、昔は家なんてまばらだったのに、随分と景色が変わってしまって驚きましたよ。
私も芝園団地は建設中から知っていますが、自殺の名所となってからは気持ち悪くて敷地内にも入ったことがありません。今ではそんなことは全く気にしませんが、やはり不法侵入と思われるのがイヤなので、店舗以外の高いところは利用しませんね。どんな風景なのか、興味はあるんですけど。
おヒマがありましたら、またいつでもお越しくださいませ!

2009/6/3  17:03

投稿者:JZX81
東大宮操着発線をまたぐ跨線橋、橋の袂の中央に
大きなコンクリートが置いてあって走り辛いところ
ですね。ここもバックにマンションが建ったりして
風景が一変してしまいました。
その昔、蕨の北町にあった工場に出向で行かされていた
ころ、芝園団地から俯瞰して東京区のゴハチが担当
していた小回送を良く撮りました。
懐かしい地名を聞き、コメントさせて頂きました。

2009/5/31  16:29

投稿者:キハ181つばさ
シービー様
昔は特急電車が撮れる身近な場所として良く行っていたみたいですね。上野駅は13〜15番辺りまで暗くて撮りづらいと言うのがあったかもしれません。
現在のレアガマと言えばEF64・65・81、交流機でED75・76と言ったところですかね。我々の時代はこれらが新車で、古いカマと言えばデッキ付きも沢山存在していましたし、直流機のEDもありましたから、今の人たちはバリエーションが少なくて気の毒な感じもします。でも、情報が多分に入ると言った点や、道路網の発達・食料調達の利便性など行動しやすいと言う点では、若い人たちの方が恵まれていますね。

2009/5/31  9:42

投稿者:シービー
貨物列車といえば、昔は人気が少なかったのでしょうが、今では機関車牽引という事で注目されてますね。
大宮駅でも駅撮りってそんなにしていない場所です。
ここは東北・高崎とWで撮れるのもあって人気スポットなんでしょうね。
私の沿線には、EF81だけですが、機会がある時には撮っておきたいもんです。

2009/5/28  22:52

投稿者:キハ181つばさ
line様
私も撮ったときは全然気にしていませんでしたが、編集していたらしっかり映っていたんでそのまま載せてしまいました。
昔は貨物ダイヤなんて非公開みたいなもんですから、ダイヤ情報に偶然でも載らない限りは知ることは出来ませんでしたよね。私的には大宮工場からの出場列車が夕方にあったので、これは良く見に行ったものです。今は便利になりましたね。
おかげさまでたくさん撮ることができました。

2009/5/28  22:49

投稿者:キハ181つばさ
宮オオ様
そうした過去の思い出から、思い入れのある車号のものって少なからずあると思います。差し詰め、私はEF57で1号機や5号機、7号機、11号機といった想い出があります。

2009/5/28  19:56

投稿者:line
歩道橋の上に写ってしまったかな。
今や機関車ファンは、貨物列車追っかけるしか無いですから、貨物時刻表も販売数が増えてるかも知れませんね。
私が撮ってた昭和50年頃は蒸気牽引は別にして誰一人も、貨物列車のダイヤなど知ってるやつは居なかったです。
確かに関東近辺では、大宮駅が貨物撮るには一番効率が良いのかも知れませんな。

2009/5/28  16:02

投稿者:宮オオ
連続コメント失礼します。
今から20年前に当時の学生仲間共々私は吹田の機関区を訪ねたさい、職員さんとEF66 103号機をバックに記念写真のなかにおさまりましたが、今では同号機に遭う機会は滅多の中の滅多にしか遭うことが出来ませんが、もしも同号機と再会したときにはおそらく私は胸の中で感涙しそうな気がいたします。
それでは、この辺にて本日は失礼します。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ