鉄道コム

2009/8/2  1:27

鉄道コレクション第10弾で実車を懐かしむ  列車・車輌カタログ(私鉄)
こんばんわ。
今日はいつもと趣向を変えて、先日発売になったトミーテックの鉄道コレクション第10弾にちなみ、実際に私が撮影した写真を見て勝手に懐かしんでしまおうと言う企画。

ただ、実車が古いために撮影したのは2社線・3両のみで物足りないかもしれませんが、皆さんの記憶に新しいところでもあると思いますので、一緒に懐かしみましょう。
※各車製品の画像はこちらの記事で。


クリックすると元のサイズで表示します

まずは、東武鉄道で後年唯一残っていた非電化路線、熊谷線の「プッチー」ことキハ2000形です。
2001〜2003の3両が在籍し、熊谷〜妻沼間を往復していました。
鉄コレでは、晩年のセイジクリーム一色時代をプロトタイプとしており、旧くは2色時代も長かったようです。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和58年5月31日 東武熊谷線 大幡駅にて

熊谷線には2度しか行ったことが無かったのですが、これは最終日の写真になります。通常は単行運転ですが、最終日は終日重連運転でヘッドマーク付きとなっています。
写真を拡大して確認したら、ちょうど手前の車両がプロトタイプとなったキハ2002でした。
今回は1セットしかかっていないので1両のみのGETですが、重連運転もなかなか捨て難いので、もう1両方欲しくなってしまいます。


クリックすると元のサイズで表示します

こちらはまだ記憶に新しい、鹿島鉄道のキハ431とキハ432です。
右のキハ431は、塗装が少し前の塗分けで、湘南塗装のいわゆる金太郎塗りではありません。キハ714が最後までこの塗装で走っていましたね。個人的には緑の金太郎塗装も好きだったのですが、みなさんの好みは如何でしょうかね?
そして左のキハ432ですが、こちらは晩年の実車と同じ塗分けになっています。最終版の塗装を再現したと言うところがシークレットたる所以と言うところでしょうか。
気になる点としては、実車に比べて、正面窓が気持ち大き過ぎる印象ですね。


クリックすると元のサイズで表示します
平成18年3月1日 鹿島鉄道 常陸小川〜四箇村間にて

最終期の頃のキハ431です。
塗装は緑の金太郎塗りで、非常にキレイな状態でした。鹿島鉄道ではKR車が多く在籍しており、キハ600形も調子が良かったために、なかなか登板してくれなくてヤキモキしたものです。
できればキハ432との重連運転を撮りたかったのですが、良いタイミングに逢わず、夢と終ってしまいました。


クリックすると元のサイズで表示します
平成18年3月1日 鹿島鉄道 坂戸〜鉾田間にて

こちらがシークレットのそのまんまプロトタイプとなったキハ432です。
Hゴムの色までも忠実に再現したところはさすがですね。鹿島鉄道のファンにとってはたまらないアイテムになったことと思います。


クリックすると元のサイズで表示します

こちらはオマケとなりますが、蒲原鉄道のクハ10です。
鉄道コレクション初の気動車アイテムでありながら、電車が混ざっています。
旧国鉄の04型を電車の制御車に改造したものですが、外観はキハ04型そのもののスタイルとなっています。
ただし、キハ04は両運転台となりますが、同車は片側の運転台を撤去し、変わりに他車と連結できるよう、貫通路を設けています。


クリックすると元のサイズで表示します
平成8年3月9日 蒲原鉄道 村松車庫にて

手前の車両はモハ71なのですが、これに連結されている車両が紛れも無くクハ10ではないかと思われます。
磐越西線のSLを撮影に行った際、廃止になるかも?という話から2度ほど立ち寄ったことがあったのですが、車両に詳しくなかったので、いい加減にしか撮っていませんでした。まさか、気動車改造の電車がいたとは・・・知りませんでしたよ。ちゃんと全車を撮っておけば良かった・・・。


昔の時代は国鉄だけでもネタがあり過ぎ、とても地方鉄道まで気が回りませんでした。今になってみれば、鹿島鉄道や日立電鉄、新潟交通など比較的に行きやすい場所も多くあったので、勿体無いことをしたと思います。
でも、身体も生活も1つしかないですから、とても全てを網羅できませんよね。仕方が無いです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
0

2009/8/4  23:34

投稿者:キハ181つばさ
シービー様
新潟は黄色とグリーンですね。私が新潟に行った頃にはもうなくなっていたかな?併用軌道があったりして面白かったようですが、手が回らなかったです。
これはSLが磐西非電化区間を走った時に撮ったもので、五泉から直ぐ近くなので寄ってみたのです。冬なので天気が悪かったですが、撮っておいて良かった。
まだスキャニングしていないので、いずれ準備が出来たらアップします。

2009/8/4  22:30

投稿者:シービー
蒲原鉄道の車両、撮ってたんですか。
当時はゲテモノ好きの友人の付き合いでなければ、撮ってないんですよ〜。
このカラーに似ている新潟交通も燕駅で見たんですが、その後の行程に響いてしまうので、泣く泣く後をした事がありました。

http://blogs.yahoo.co.jp/mrcbcross14

2009/8/3  23:48

投稿者:キハ181つばさ
line様
すみません、二人も飛ばしちゃった・・・。
今やごく一部の機関車を除いては、身近にある古い車両というのは難しいですね。あとは、気動車ならLECar、電車ならステンレス初期車を「旧型で趣きがある」と見ることができるかどうかですね。30年以上経っていれば古参ですが、我々の年齢と思い出の方がもっと古参ですからね(笑)。

2009/8/3  23:44

投稿者:キハ181つばさ
JZX81様
すみません、いきなりコメントの順番を間違えてしまった・・・今日は朝からずっとダメなんです。ご勘弁を。
最終日にいらっしゃったんですか。私も記念切符や記念メダルを買いに妻沼まで行っていましたし、大幡まで徒歩で撮影してましたから、接近遭遇していたかもしれないですね。
確かに熊谷線は田んぼの中をずっと走っていて、しかも単行、同形式3両。変わり映えしなかったですね。あとは、春・秋といった季節感でしょうか。私は2回しか行かなかったので物足りない気がしましたが、記録と芸術、両立は難しいですね。

2009/8/3  23:38

投稿者:キハ181つばさ
金太郎様
補足ありがとうございます。
キハ431は、もうHゴム1本分くらい天地が狭くっても良かった感じですね。どうしても縮尺より幅広くしか表現できないので、仕上がりを計算するのも難しいかな?HOくらいになればどうってこと無いんですがね。

2009/8/3  22:41

投稿者:金太郎
キハ432についての補足です。
車体更新で正面窓が小型化された時期は忘れましたがその時に雨樋も追加されたようです。
シクレでもその辺は再現されてるようです。
やはり晩年にしては少し窓が大きい感じですが右の更新前と比較するとまあまあかなって感じです。
キハ711〜713、714,715あたりも欲しくなるし07改造の一族も期待したいところです。

2009/8/3  19:36

投稿者:line
最近やっと中小私鉄に目覚めて来た感じなので、写真の車両は全く馴染みが無かったです。
やはり国鉄ばかりを追いかけてたからですかね。
今や3セク等で残っている鉄道は、新型車が多いですから、ちょっと遅かったかなー。

2009/8/3  10:59

投稿者:JZX81
こんにちは。
私も熊谷線最終日は妻沼に居ました。
危ないと言われ始めてから何度か通いましたが
余り代わり映えのしない沿線の風景にすぐ飽きて
しまいました。今思えばもっと様々な撮り方が
あったのかなと考えてしまいます。

2009/8/2  23:06

投稿者:キハ181つばさ
舞様
私は最後の方しか鹿島鉄道に行けなかったので、結局一度も乗らずになくなってしまいました。知り合いとトラブって、途中から行かなくなったのが痛かったです。いまさら後悔しても、もう遅いんですけどね。

2009/8/2  23:03

投稿者:キハ181つばさ
金太郎様
キハに全部動力ですか?随分つぎ込みましたね。私は動力を買っていないので、取り敢えずは2つか3つ確保してこようと思います。
カプラーは、単行ならダミーで十分だと思います。重連の可能性があるのは、東武・鹿島・国鉄・関鉄ですかね。使いたい方だけTNにすれば良いのでは?
昔は窓が大きかったんですか?知りませんでした。情報ありがとうございます!

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ