鉄道コム

2009/9/28  0:58

不運?強運? キロ59系「アルカディア」  気動車(急行・その他)
こんばんわ。
今日はアップしようと思っていた予定が事情により狂ってしまったので、急遽、別ネタを用意しました。これがまたレアなヤツなんですがね・・・。

通称「アルカディア」。正式名称は「サロンエクスプレスアルカディア」←初めて知った・・・。

国鉄末期の昭和62年3月25日に竣工。実際に営業運転に就いたのは分割民営化という、国鉄生まれか、JR生まれなのか、非常に判りづらい珍しい車両です。
その存在はある程度年齢のいっている方なら記憶にあると思いますが・・・


クリックすると元のサイズで表示します
昭和62年11月22日 磐越西線 山都〜喜多方間にて

北海道で「アルファ・コンチネンタルエクスプレス」から始まった、えらく激しい造りの展望室をもつ欧風タイプの団体用グリーン車。
そのデザインの元となったのは、おそらく名鉄の「パノラマスーパー」かと思われるが、その後の経済成長に伴って豪華さが売りの欧風車両が次々と誕生し、九州・四国を除く全国に波及していったスタイルです。特に、短編成で小回りの利く気動車に採用されたスタイルです。
分割民営化とともに営業運転に就き、配置区の新潟を中心として活躍を始めたわけですが・・・

その矢先、わずか1年後の昭和63年3月30日、上越線の越後中里〜岩原スキー場前を走行中、1号車(キロ59 508)の排気管過熱により同車が全焼してしまうという、大変不幸な出来事が起きてしまいました。
その後、片側先頭車を廃車により失って運行できなくなってしまった「アルカディア」は、残り2両も休車となってしまいました。

しかし、約4年後の平成4年、先頭車を追加で改造して組成、普通車に格下げした上で盛岡へと活躍の場を変え、今も活躍中の「Kenji」として生まれ変わることになります。改造車とはいえ、たった1年では改造費の減価償却も出来ませんから、なんとか残り2両を活かしたかったところでしょうね。


私的には「Kenji」のデザイン(カラーリング)というのはイマイチ好きになれません。やはり、極短い期間であったとはいえ、インパクトのあるカラーリングで誕生したオリジナルの「アルカディア」の姿を知っていますから。

写真は、鉄橋を渡ってくるところを正面から狙っていたのですが、不覚にもフィルムの巻上げを忘れてしまったために撮影することが出来ず、慌てて三脚からカメラを外して後追いで撮ったものなんです。
あわよくば、一切、記録に残すことが出来なかったおそれもあった「アルカディア」ですが、残念な構図とはいえ、1枚でも記録に残せたことは不幸中の幸いでした。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
ポチが入らない・・・
2

2009/12/19  23:05

投稿者:キハ181つばさ
宮オオ様
脱線し過ぎです。
最後まで裁判の関係で残っていたクハ201−3は去年だか廃車になったばかりですね。

2009/12/19  9:13

投稿者:宮オオ
2回目のコメント追加します。
この火災事故はちょうど中国・上海の近郊にて発生した列車衝突事故=修学旅行に来てた四国・高知の高校生が、この事故に遭遇して多数の死傷者が出た事案=の直後とあってヒヤリとしたものでしたが。その年の暮れに起きた東中野の103に201が追突して死傷者が出た事故の方が私にとってもっとショッキングだったです。
たまたま近くで用事があったときに現場近くに寄りましたが、追突された電車の中には前年の昭和62年に山手線に乗った際のモハ102-490号もいました。
[山手線103さよなら運転のヘッドマークをつけたのもこの編成でした]
その後横浜線に貸し出され、中央・総武緩行線に移って間もなくして遭遇したそうです。一方の201も記念すべき量産編成落成第一号の編成だったとのことです。
アルカディアの件で思い出したが故に、すっかり脱線してしまってゴメンナサイ。
本日はこれにて失礼いたします。

2009/9/28  23:42

投稿者:キハ181つばさ
シービー様
結局、原因ってなんだったんですかね?なんか、鉄道ファンにその辺りの詳しい記事が載っていたような記憶もあるんですが、全然内容を思えていません。
結局、この1枚が最初で最後でした。

2009/9/28  23:22

投稿者:シービー
アルファコンチネンタルは撮った事がるのですが、この車両は撮った事がなかったでした。
火災事故はニュースで見て覚えていました。
上越国境、気動車には荷が重たかったのでしょうかね〜。

http://blogs.yahoo.co.jp/mrcbcross14

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ