鉄道コム

2009/12/1  0:41

国鉄 165系「夜まつり号」  その他電車
こんばんわ。

体調不良にも拘わらず、残業させられ遅くなってしまいました。
総集編をお届けする予定でしたが、とても耐えられそうにもないので、1枚モノにさせていただきます。

もう、12月なんですね。年賀状の図案も考えていないし、土日の度に予定が入ってしまうので、また忙しい年の瀬になりそうです。

12月といって思い出すのが秩父夜祭です。私は埼玉県民ではありますが、人ごみ大嫌い人間なので、とてもこのような大祭には行く気になれません。しかし、列車の写真だけは辛うじて記録が残っていました。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和54年12月3日 上野駅にて 「夜まつり号」

リバーサルで暗いところでの撮影のため、残念ながらブレてしまっております。ただ、手ブレがハッキリしていたので、意外と読み取れますね(笑)。

今は無き165系。しかも、グリーン車のサロ165です。この頃の定番ですが、何故か普通列車であるにも拘わらず、グリーン車込みの165系7連が使用されていました。
当時、東北・高崎線における急行形車両で運用する普通列車では、既にグリーン車取り扱いは廃止されていましたので、ヘッドカバー無しの普通車扱いとなっていました。つまり、フルリクライニングで上野駅から秩父までゆったりと乗ることが出来たわけですね。ただ、私の記憶では、殆どお客さんが乗っていなかったような・・・。

そして1つの疑問。正式には「秩父夜祭」という祭名のようですが、この列車、「秩父」もついていなきゃ、「まつり」が平仮名なんですよね。「秩父夜祭」号でいいと思うんだけど。さらに、サボには「号」まだ入っちゃってるし。←普通、列車名表現には「号」は付かない。

そんなんで、なんとも間の抜けた感じもするわけですが、サボ、サロ165、そして板製の案内板と、どれをとっても昭和の匂いのする、懐かしい写真として残っていました。
0

2012/7/28  13:32

投稿者:徹
秩父鉄道には165系(モントレー色)や高崎線の115系が乗り入れていましたね。今思うと懐かしい感じがしてしまいそうです。秩父鉄道には新前橋区の115系(0番台、300番台)4両、イベント用として165系2編成を譲渡して欲しかったです。

2009/12/2  23:36

投稿者:キハ181つばさ
line様
1本モノの快速とかは「号」が付いているのが多いですね。でも、私の撮った「潮干狩」は「号」が付いていませんでした。指定席って言ってもね、なかなか乗る縁のない列車ばかりですね。
大井川は静岡の115系4連だったんじゃないですかね?雑誌でしか見たことありませんが、ヘッドマークは付いていなかったような気がするんですけど・・・時期によって付いていた時もあるんですかね?

2009/12/2  23:24

投稿者:キハ181つばさ
シービー様
使用車両は何だったのか知りませんが、何年間か運転していたと思いますので、看板も作ったんでしょうね。
昔は秩父と常磐方面に多数の乗り入れ列車が運転されていましたね。私は1度だけ長瀞から帰ってくるときに直通に乗ったような記憶があります。

2009/12/2  23:22

投稿者:キハ181つばさ
宮オオ様
体調不良ですか。人のことは言っていられる立場ではないのですが、お大事にしてください。
急行形グリーン車って好きだったんですよね。特急車両には無い、あのグリーン帯ですよ。自分でも乗れる車両ではなかったので、憧れもあったんですよね。まさか、塗装合理化で帯が消えてしまうとは思いませんでしたし、非常にがっかりしたものです。あれからあまりグリーン車の写真を撮らなくなったような気がします。1台でも残ったというのは奇跡ですね。

2009/12/2  19:25

投稿者:line
臨時列車などは結構「号」が入ってるのがありましたよ。千葉で言うと「ハイランドスケート号」「潮干狩り号」などヘッドマークにまで号が入ってました。
この手の指定券は持ってないですが、どんな表記か気になりますよね。
昔、大井川鉄道乗り入れの国鉄車に乗ったのですが、何も撮らなかったのが悔やまれます。

2009/12/1  22:46

投稿者:シービー
専用の案内板、サボがあったのですね。
当時は私鉄に乗り入れの国鉄列車がありましたが、だんだんと廃止になって寂しいモノです。
連絡運輸していた私鉄が廃止にもなり、今の鉄道ブームなら注目されていたでしょうね。

http://blogs.yahoo.co.jp/mrcbcross14

2009/12/1  15:53

投稿者:宮オオ
こんにちは、
体調崩してしまい、欠勤して現在休養中の私です。
さて、サロ165といえば165のなかで唯一最期まで車籍を有し、最近になって籍が抜かれた106号(サロ165のなかでたった1両のみの帝国車輛製)が、名古屋にて建設が進められているJR東海の鉄道博物館に保存が決まり、未来永劫往年の急行型サロの証しとして同じく保存のクモハ165-108号と共に語り継がれてゆくことは嬉しい次第であります。
閑話休題、秩鉄といえば古くから国鉄の乗り入れがあって、72系使用の臨時や115使用の「みつみね」などの実績がありましたけど、東武電車東上線からの乗り入れ共々なくなった今、西武電車のみしか乗り入れがないとはさびしい限りです。
それにしても165とは、後年の導入=3000系として=を予感させる伏線だったのかも知れないですね。

早く治して仕事に復帰したい私ですが、
この辺にて本日は失礼いたします。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ