鉄道コム

2009/12/30  22:19

提供ネタ 八高線 DD51+旧客 訓練運転  国鉄・JR機関車(ディーゼル)
こんばんわ。
年末も押し迫って、大掃除が上手く行かないので、気晴らしに本日3回目のアップとなります。

先日、金町のHさんから「八高線に訓練運転が走るよ〜」ってメールをいただき、先週末くらいまではその気になっていたのですが、度重なる残業で年賀状が進まず、玉突きで大掃除が遅れてしまったため、とても出掛ける余裕がなくなってしまいました

Hさん、私が現地に居ると思って何度も連絡をいただいちゃったのですが、明け方まで掃除をしていたので、連絡があった時間は爆睡状態だったんですよね。大変失礼いたしました。

天気があまり良くないような予報だったのですが、まあ、中途半端な晴れというか曇りというか、雨が降るほど暗くもなくて、良かったようです。
メールで写真が届きましたのでご紹介したいと思います。


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

良いですね〜。こういう写真を見ていると、安物のデジカメなんかじゃなくて、645を引っ張り出して、三脚持って行きたくなります。こんな年末の押し迫ったときじゃなかったら、是非行きたかったんですけど。

今回の編成はDD51+オハ47+スハフ32+DD51だったみたいです。そこを敢えて全編成を入れないことにより、ヘンテコリンな絵にしないで、自然な風景に溶け込ました構図はやはりベテランですね。橋桁の古さと原色のDD51+旧客。30年前の写真を見ているようです。そういえば、機体にJRマークも付いていないんですね。

むかし見た、山陰本線の普通列車を思い出す、そんな傑作でした。
Hさん、お疲れ様でした。明日の代償奉仕、頑張ってください(笑)。
0

2010/1/6  1:39

投稿者:キハ181つばさ
シービー様
すごく模型チックですよね。
私もブログを始めてからはブログナイズドな写真が多くなってしまったのですが、SLばかりを撮っていた頃とは180度もアングル・構図は違っちゃってますね。
やはり、地方に行って修行しないと元に戻れない気がします。

2010/1/5  23:21

投稿者:シービー
DD51、やはりサイドを取り入れいると、絵になりますね。
どうしても正面がちなアングルで撮っている私にとっては勉強になります。

http://blogs.yahoo.co.jp/mrcbcross14

2009/12/31  17:28

投稿者:キハ181つばさ
金町のH様
写真ご提供いただきありがとうございました。
なかなか良いロケーションですね。DD51貨物が走っていた時代に何回かは全線に亘って撮影に行ったことがありましたが、この鉄橋には行っていなかったですね。
キハ110に変わってからは1度も撮影に行ったことがないので、ドライブがてら行ってこようかと思います。
今年1年お世話になりました。家族孝行で良い年を迎えられることでしょう(笑)。来年もよろしくお付き合いのほどお願いいたします。

2009/12/31  8:14

投稿者:金町のH
キハ181つばさ様
写真を掲載して頂いた上に、お褒めをいただきありがとうございます。たしかにつばさ様より年上ですが、「大」がつくほどではないと本人は思っております…(笑)。
昨日は徒歩でしたので、鉄橋の寄居側からだけの撮影でしたが、対岸からも撮れそうな場所はいくつかありました。特に葉が落ちる冬場は色々なアングルが選べそうな場所ですね。
実は今回の運転の情報をもらったのは私の先輩からでした。学校時代の先輩ですので、「30日は俺は仕事でいけないから、君が代わりに行って成果を報告をしてくれ。」と言われれば、この時期に家族のどんな冷たい視線が予想されようと「はい行ってきます。」というしかありません(!?)。
って、いつも先輩をダシにして出かけているわけです。
さすがに昨日の帰りには、住まいの洗剤と窓ふき用の大きめのスポンジなどをポーズで買ってくることは忘れませんでした。
本日は家事専念!

2009/12/31  0:19

投稿者:キハ181つばさ
金太郎様
これはやはりHさんの撮り方が上手いんですね。さすが大先輩です。
上は煙突が銀色っぽく見えるので842じゃないですか?下の写真は元画像をアップにしてみたらやはり888みたいです。タイヤは銀色っぽくしていますが、煙突はグレーのようです。

2009/12/30  22:57

投稿者:金太郎
こうして見ると何だか雑誌に良く出ていた山陰や磐西の二昔以上前の当たり前だった光景のようです。
カマはこの装飾具合と三菱のメーカーズプレートからしてゾロ番の888あたりでしょうか?
橋桁がだいぶ色褪せてますけどそろそろ塗りかえられちゃうんですかねー・・・。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ