鉄道コム

2010/1/28  1:14

東葉高速鉄道1000系  列車・車輌カタログ(私鉄)
こんばんわ。
今日は久し振りに私鉄ネタです。

クリックすると元のサイズで表示します
平成15年5月3日 営団地下鉄東西線 原木中山駅にて

東葉高速鉄道が開業した際、営団地下鉄東西線の05系導入により余剰となった5000系を改造して導入されたのがこの1000系です。実は、この写真を撮る時まで知らなかったんですよね。そう言われると、側面はそのまんま5000系ですね。

千葉方面に新興住宅地を走るこの東葉高速鉄道や、北総開発鉄道というのは、未だにどこをどう通っているのかすら良く分かりません。強いて言えば、北総開発の柴又付近は、仕事の関係で建設中の同鉄道を訪れたことがあるくらいでした。

そんなことで、どこに向かっているかすら分からない電車でしたが、東西線を利用するとしばしば見掛けた電車でもありましたので、存在はもちろん知っていたんですけどね。
103系と301系の最後を記録する際、偶然にも撮ることが出来た1枚でした。平成18年12月をもって運転を終了し、廃車になったもの、インドネシアに譲渡され生き残っているものもあります。
2

2010/1/29  23:26

投稿者:キハ181つばさ
シービー様
そうです。営団5000系とほぼ同じ時期に廃車になっています。私も千代田線は撮る機会がありましたが、東西線は殆どノータッチでしたね。黄帯の時代に1枚だけ撮りましたが、ポケットカメラだったので最悪の写りでした。

2010/1/29  21:21

投稿者:シービー
あら、、、これってもう無いんですか。
見てたけど撮った事はなかったでした。たぶん乗った事はあると思うんですが。
西船駅を利用していながらも、メトロ5000、JR301系など撮ってないのが多いです。悔しい〜(笑)

http://blogs.yahoo.co.jp/mrcbcross14

2010/1/28  23:15

投稿者:キハ181つばさ
宮オオ様
ドア窓の写真って撮っていないですが、小窓は地下鉄車両の特徴だったですね。私は銀座線に乗ったとき、1枚ドアの小窓に非常に違和感を感じました。東急の旧型なんかにも採用されていましたね。こういったドアの写真って全然撮っていなかったですが、今思うと勿体無かったです。

2010/1/28  11:47

投稿者:宮オオ
おはようございます、
この電車でもっとも印象深いのは、譲渡にあたり側引き戸が小窓から大窓に交換されましたが、側引き戸の小窓タイプの車両はJR=201以降の国電末期の通勤型およびJRになっても増備してた205山手型=や一部の私鉄、それからメトロ電車及び大阪の地下鉄などの一部形式にも存在してる(た)ことです。
なんでも朝夕ラッシュなどの混雑時におけるガラス破損での負傷事故等を防ぐための措置だったそうですが、のちのガラス材質の向上により、このテのマドは廃車やこの電車などのように交換されたりして少しずつ姿を消しつゝあるので、記録すべきマドだと思います。
それでは、この辺にて失礼いたします。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ