鉄道コム

2007/5/30  1:18

ローカルな風景 第19回 (一畑電鉄)  ローカルな風景
しばらく振りになります「ローカルシリーズの第19回」。
今日は「一畑電鉄」をお送りいたします。

私は旧国鉄派の人間ですので、特にひいきしていたり執着している私鉄は無いのですが、旧型車は食指が勝手に動いてしまうので、ローカル私鉄は寄り道程度に撮影に行くことがありました。(今回の鹿島鉄道は随分気合を入れていたので例外ですが。)

59・2ダイヤ改正により、その時勤務していた「大宮操車場駅」のハンプ入換えが廃止となり、余剰人員として何もすることが無くなってしまい、同期の同僚と旅をすることにしました。以前のローカルシリーズでご紹介いたしました「国鉄大社線」を訪れたとき、帰り際にチョット立ち寄ってみました。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和59年2月12日 一畑電鉄(当時名称)出雲大社前駅で折返しを待つデハ3

クリックすると元のサイズで表示します
昭和59年2月12日 出雲大社前駅を発車し鉄橋を渡るデハ3

駅に立ち寄らないうちに線路に出てしまい、停車中の電車を見つけました。
何時発車するか分からないし、ローカル線のことですから次の電車まで待たなければならない不安もあったので、発車してくるのをひたすら待っていました。この旅行のときは雪又は雨の天候で、非常に寒かった記憶があります。

当時はあまり貴重な車輌とも思っていませんでしたので、オレンジ色をした車輌も見かけたのですが、写真には撮りませんでした。せっかく時間があったのですから、もう少し乗るなり撮るなりしておけば良かったと悔やまれます。
0

2009/5/21  0:32

投稿者:キハ181つばさ
宮オオ様
それはそれはおめでとうございます。って言われてもうれしかないですかね。
京王5000系も本家では比較的早く撤退してしまいましたが、地方では結構頑張っていますね。
一昨年ですか、30年ぶりくらいに旧5000系に乗りましたが、懐かしいのと同時に、アコモ更新したとは言えかなりくたびれているな、という印象を受けました。
ある意味、元々が古い旧国の方が、いつまで経っても同じく元気なように見えますね。

2009/5/20  22:41

投稿者:宮オオ
こんばんは、
私は三回ほど松江〜出雲方面へ旅行に行ったさい、この一畑電車に乗った事があります。
現在の主力車は京王電車の中古ですが、同じ型の電車は伊予鉄、琴電、富士急そしてわたらせ渓谷鉄道=車体をトロッコ列車風に改造=でも活躍してるので、京王電車で現役だったころより大好きだった私にとって異郷の地にて活躍してる姿を見ると嬉しい限りです。
私が学生時代に初めて先輩や友人らと訪ねた時には、手動扉の電車=確か武蔵野鉄道(現・西武鉄道)の中古でしたかな?=や写真のずんぐりした電車に乗った事があったけど、つぎに乗った時には南海電車(高野山連絡急行用に使われてた)の中古で、そして三回目が京王電車でした。
因みに今日は大宮が市になって30年を迎える年に、私が大宮駅東口近くにあった産院=今はない=にてこの世に生を受けた誕生日ですが、その日は今日と同じ水曜日だったそうです。
本日はこの辺にて失礼いたします。

2008/5/25  18:58

投稿者:キハ181つばさ
シービー様
ここもかなり経営が厳しそうですね。つい先般、最後の旧型車かな、引退してしまったみたいで。
元京王5000も既に旧型車ですが、なんか地方に居ると旧型に見えない、むしろ最新型に見えてしまうのが不思議です。

2008/5/25  17:58

投稿者:シービー
ここも頑張ってる地方私鉄ですね。
京王のお古を入れたりと。
鉄橋を渡っている画像いいですね。こういった邪魔者のない鉄橋自体も少なくなってしまいましたね。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ