鉄道コム

2010/7/25  0:30

1度だけの出逢い・・・フラノエクスプレス  特急型気動車
こんばんわ。

今日も予約投稿です。

久し振りの北海道ネタです。夏場の北海道はC623を撮りに行ったついでのものばかりで、あまり写真が残っていません。この回は、釧路から上陸し、釧網本線〜石北本線〜深名線と走りこんだ時に撮影したものです。


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
平成3年7月10日 富良野〜島ノ下間にて

確か、札幌〜富良野間を走った特急「フラノエクスプレス」という名称だったと思います。後にも先にもこの1回限りしかあったことがありません。こういった改造車にはあまり興味が無かったですし、当時は未だ団体運用や提携企画が多かったので、敢えて狙いに行ったこともありませんでした。この頃になると、引退が噂されていて敢えて撮ったのかもしれませんが、残念ながらあまり憶えていません。

何とも怪しい空模様ですが、このあと、富良野の街中でワイパーが利かないほどの豪雨うに遭い、喫茶店に避難したことを憶えています。街中の道路が濁流の川と化していましたね。それも今となっては「フラノエクスプレス」と共に遠い記憶です。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道路線・車両研究へ
にほんブログ村
1

2010/7/28  6:47

投稿者:キハ181つばさ
水無月様
おはようございます。
しばらく振りにコメントいただけて大変嬉しいです♪
このころ、ちょうどラベンダーブームがすごかった頃ですね。富良野で1泊して翌日は富田ファームに行きましたが、すごい人でしたよ。クルマを止める場所を探すのに一苦労しました。
未だ保存されているんですね。初代のアルコンに比べてさわやかな印象の車両でしたね。時々塗装を変えたり変化のあった車両なんですが、臨時や集客期の運転という性格上、あまり逢うことがなく、残念でした。
久し振りに北海道に行きたいですね。水無月さんにもお逢いしたいと、一同策略しているところであります。

2010/7/27  22:24

投稿者:水無月
こんばんは。
久しぶりの北海道ネタで、嬉しいです♪
今見ると、めっちゃ空気抵抗を受けそうな派手なデザインですよね。
すでに富良野はラベンダーで有名になっていた頃でしょうか。
7月上旬だと満開を迎える時期で、乗車率も高かったでしょうね。
この時、急な土砂降りに遭われたとこのこと、内陸は不安定な天気になりやすい時期でもあるんですよ。
この車両、半分はまだ苗穂工場敷地に留置してあります。

http://train-train63.jugem.jp/

2010/7/26  17:40

投稿者:キハ181つばさ
シービー様
お疲れ様でした。ケガしてたのは大丈夫かな?
今は一般人が好むリゾート車より、古いマニアックな車両・列車に素人が集中するという、昔では考えられない現象が起きていますね。皮肉なもんです。
結局は東のお座敷も人気が無くて、またもや改造にまわされてしまいました。でも、新しいデザインも好きになれそうに無いです。

2010/7/26  17:36

投稿者:キハ181つばさ
宮オオ様
バブルの産物ではありましたけれども、結局は期間的に長続きしなかったので、本来のバブリーな活躍は殆ど出来なかったように思います。
アルコンからこの手の展望式気動車の先駆けて的存在でしたね。

2010/7/25  23:12

投稿者:シービー
お疲れ様でした&有難うございました。
当時はこういったリゾート車両は、北海道では積極的に造ってましたね。
今ではJR東日本が多種多様の車両がありますが、顔が似てるのが多いのがチョットなぁ〜って感じです。

http://blogs.yahoo.co.jp/mrcbcross14

2010/7/25  14:26

投稿者:宮オオ
こんにちは。
道内において国鉄末期〜JR発足後の暫くのあいだ、折からのバブル景気にこぞってこのテの車両が次から次へと登場してゆきましたけど、写真の雰囲気を見てみると、何となくこのあとに待ってた道内経済の衰運を暗示してたような光景にもとる事が出来ます。
それでは、この辺にて失礼いたします。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ