鉄道コム

2010/7/29  1:24

初四国(その3):高松琴平電鉄 築港線  列車・車輌カタログ(私鉄)
こんばんわ。

早いもので、四国から帰ってきて3日目を迎えます。未だ興奮冷めやらないところではありますが、ブログの訪問者はかなり冷め切った様子で、先週に比べて激減していますね。
でも、そんなことは関係なく、今日も続きです。
同行したlineさんシービーさんも記事をアップいたしましたので、ご覧になってみてください。

ことでんの仏生山車庫を後にする一行。16時を過ぎたとは言え、まだまだ容赦なく太陽の光が照り付けます。500ccのペットボトルも5本目です。
宿泊場所へ向かいがてら、築港線に良い撮影場所があるらしいので、終点の高松築港まで電車に乗ります。オール冷房+扇風機で過剰までのガンガン冷房は、この暑さにはまるで避暑地のような安堵感を与えてくれ、非常に助かります。

築港線の高松築港駅近くは、無理矢理に高松城を迂回させたのか急カーブを描いて走ります。
高松築港駅から高松城方面へと徒歩で移動しながら撮影します。

※撮影は、平成22年7月24日、築港線 高松築港〜片原町間にて。


クリックすると元のサイズで表示します
長尾線の車両は緑色のツートンとなります。水鏡を狙ってみました。


クリックすると元のサイズで表示します

初めて元京王5000系の走行写真が撮れました。奥を通ってくると思っていたら、手前の線路を走ってきたので水鏡を外してしまいました・・・。


クリックすると元のサイズで表示します

開き直って後追いで・・・。


クリックすると元のサイズで表示します

高松城を絡めてのショットを探していたら、カメラを構えたところがちょうど城陰の境でした。立ち位置の操作で、こんな写真も撮れるんですね。ただ、逆光のハレーションがちょうど車両のところに掛かってしまったのが残念。


クリックすると元のサイズで表示します

ことでん最後のワンショット。残念ながらラッピング車でした。

この後ホテルに帰ってから夜の部へ出陣。様子は前前々回ご紹介いたしました→こちら
大盛り上がりした結果、睡魔との闘いとなる翌日に続きます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
0

2010/7/30  7:24

投稿者:キハ181つばさ
シービー様
かなり夕方でしたが、それにしても暑かったですね。
長尾線の色をもっと撮っておきたかったですが、結局この1枚しか撮っていなかったようです。

2010/7/30  7:23

投稿者:キハ181つばさ
line様
確かに、121系以外はガンガンに冷房が効いていたように思います。エコはもちろん大事ですが、アレだけ暑い中を移動している我々には非常に有難かったですね。
お城の写真は日陰に居たくてたまたま横着した結果、見付けたアングルでした(笑)。

2010/7/30  7:21

投稿者:キハ181つばさ
宮オオ様
私的には小学生の頃に実際の5000系に乗ったことがありましたので、2両編成でのんびり走る姿はかなり物足りないのですがね。年数的には残っているだけでも良しとして良い年齢になっちゃいましたね。

2010/7/29  20:51

投稿者:シービー
初日、フィナーレの場所ですね。
ここは、志度線、長尾線の列車が来るので、撮り甲斐がありましたね。
それにても、志度線、琴平線と撮りましたが、3人組み以外に撮ってる人はいなかったでしたね(笑)

http://blogs.yahoo.co.jp/mrcbcross14

2010/7/29  18:21

投稿者:line
今回の琴電撮影に関しては、全然アングルが違ってました。やはり、それぞれの好みのアングルってのがありそうですね。
最近の首都圏を走る列車は冷房の設定温度が高めになってるのですかね。四国は全体的に涼しかった印象が残ります。夏場はやっぱりあれくらい冷房が効いてないと納得できないタイプです。

2010/7/29  3:13

投稿者:宮オオ
おはようございます。
私がとっても大好きだったものの一つである京王電車の往年の名車、ローレル賞を獲った曰く付きのクルマがこの様に元気に走ってるのを見ると、ホントに嬉しい限りでございます。
また、もと京急電車の2代目700、18m4ッ口車とあってラッシュ時には威力発揮できるとあって末永い活躍を期待してます。
=因みに私は京急川崎の大師線ホームにて、当時現役だったこのクルマをひと通り撮影した思い出があります=
それにしても、譲渡車の写真を拝見してますとアチラさんで走ってた頃の思い出=乗車あるいは撮影経験あり=が、私の脳裏に一つ々々甦ってしまいます。
それでは、この辺りにて失礼さしていたゞきます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ