鉄道コム

2010/7/31  0:55

初四国(その5):予讃線電化区間  その他電車
こんばんわ。

もうあっという間に7月も終わっちゃいますね。外回りばかりの仕事をしていると、デスクワークに戻った時が忙しくなって、ほんとにあっという間に1週間が終わってしまうんですよね。年をとるのが早くて嫌です。

さて、今日も四国ネタの続きで、予讃線の電化区間からです。


※撮影は、全て平成22年7月25日です。

まずは高松駅近くの跨線橋から何本かの列車を撮り、同行の2人とは違う側から「サンライズ瀬戸」を狙っていました。
すると、「サンライズ瀬戸」が到着となる寸前で、手前の線路に2両編成のマリンライナー編成が止まってしまったんですよね。この電車がどう動くのかキョロキョロしていたら、反対側から「サンライズ瀬戸」が来てしまい、撮れなくなってしまったんです。
アタマに来ますね。この列車を撮るために早起きしたようなもんですから。


クリックすると元のサイズで表示します
高松駅付近にて 「サンライズ瀬戸」

ド逆光で障害物ありの最悪の写真になってしまいました。考えたら、7両編成のサンライズを撮るのは初めてなんですよね。


クリックすると元のサイズで表示します
高松駅付近にて 6000系 6101

213系に似たスタイルの6000系です。『トップナンバーじゃー!』って喜んでいましたが、帰ってきてから調べたら、たった2編成しか製造されなかったんですってね。まあ、でもレアな形式ってことですね。


クリックすると元のサイズで表示します
高松駅にて 7000系

JR仕様の車両です。前後が1枚ドアで、真ん中が2枚ドアという変なスタイルの車両。その後はいくつかの車両も見れましたし、過去にも関東鉄道辺りでは存在したスタイルです。
正直、なんともみっともない電車だと当時は思っていました、今回初めて実物を見て、違和感はありませんでしたね。1M車だとばかり思っていましたが、いつの間にか2連用のクハまで出来ていたんですね。これは知らなかった。


クリックすると元のサイズで表示します
高松駅にて 121系

朝食後は駅に戻ってきて駅内での撮影。
この電車は国鉄時代の導入車です。1M方式で、クハ120の台車は101系の発生品なんですってね。興味も無かったので、全然知りませんでした。


クリックすると元のサイズで表示します
高松駅にて クハ112−1

四国に譲渡されて変な形式名になってしまった元113系です。しかし、相変わらず変な顔ですね。


クリックすると元のサイズで表示します
高松駅にて 7000系 7022 「快速サンポート」

高徳線での撮影を終わって一旦高松駅に戻りました。
ホームにはヘッドマークをつけた快速が・・・。

その後、岡山まで足を伸ばした帰り道、最後の撮影地となる予讃線の国分駅で途中下車し、圧倒的な疲れを押し切って撮影に臨みます。


クリックすると元のサイズで表示します
予讃線 国分〜讃岐府中間にて 121系「快速サンポート」

線形はなかなか面白いのですが、どうも絵にしづらい場所でしたね。線路沿いに道も無いので、疲れ切った身体が悲鳴を上げているようで、移動も儘なりませんでした。
121系快速が撮れたのはラッキー。


クリックすると元のサイズで表示します
予讃線 国分〜讃岐府中間にて 7000系 7105

順光側からの撮影ですが、これだけって感じでしたね。

帰りの飛行機の時間もありますし、ギリギリまで撮影しているわけにも行かないので、これで撮影を切り上げました。

他にも岡山編や特急列車編もありますので、まだまだ続きます。でも、土日はちょっと休んで別の溜まってしまったネタに変更するかもしれません。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
0

2010/8/3  19:39

投稿者:キハ181つばさ
くりーちゃー様
サンライズは寝台列車ですから、他の車両とは一線を画すスタイルですね。今度行く時は、サンライズにも乗ってみたいです。
私も疲れて寝付けなかったので、逆に早起きで来ちゃいました。シービーさんがなかなか起きなくて・・・。

2010/8/3  14:11

投稿者:くりーちゃー
サンライズ、はじめてみました。
今までの電車とはまったくちがう風貌。
近未来を感じます。
撮れてよかったですね。
私は、前日ちょっと心配してました。
よかったよかった♪

2010/7/31  23:22

投稿者:キハ181つばさ
シービー様
駅撮りはともかくとして、今回の外での撮影は殆どが離れたところにいましたからね。自分以外がどのように撮っていたのか、想像がつかない部分が多いです。そういう意味では、お2人の撮った写真も新鮮に見えると思いますよ。

2010/7/31  18:54

投稿者:シービー
今回は、JR電車編できましたか。
やっと私も国分で撮った以外は現像が終わりました。
やはり微妙にアングルが違ってますね。
これが仲間で行った時の後の楽しみかも。
121系は、昔ながらの国鉄時代の電車の味がありましたね。発車する時のショックなど。
駅撮りしていても、粘着鉄がいないのは、やはり撮りやすいですね。3人組が一番ウキウキして撮っていたかも。

http://blogs.yahoo.co.jp/mrcbcross14

2010/7/31  17:53

投稿者:キハ181つばさ
line様
従来は撮影紀行的にすべてを終わらせてしまったのですが、あとでアーカイブするのも面倒なので、あらすじ紹介→アーカイブといった手法に変えてみました。
6000系って異端車ですよね。顔からして国鉄末期のスタイルですが、形式からも判るように完全なJR世代車。過渡期の混乱の様子を伝える生き証人のような車両です。
私も次はマリンライナーになると思っているのですが、区別が判りません。調べます。
PS:せっかく送っていただいた写真を誤って削除してしまいました。復活できなかったのですみませんがこう1回お願いいたします。私からも後ほど送りますので・・・。

2010/7/31  17:48

投稿者:キハ181つばさ
宮オオ様
今回、これらの車両の中では121系しか乗れませんでした。3扉セミクロスという点では違和感がありましたが、まさしく103系に乗っているような感触がありましたね。そういう意味では、走りもガタが来ている感じといったところで、最近の車両と比較して乗り心地が悪いとも言えるのでしょうが(笑)。
JR四国は儲かっている会社ではないですから、そう頻繁に車両の世代交代は無いと思いますが、滅多に行ける場所じゃありませんから、そういう意味では一網打尽に出来てよかったと思います。

2010/7/31  15:00

投稿者:line
このような構成できましたか。列車名等々で整理するのですね。
6000系は2編成しかなかったのですか。確かにこの時意外は見なかったですよね。
これでJR四国内の電車は全て撮れたんですかね。マリンライナーの四国所属車は前面で見分けが付くのかな。

2010/7/31  3:33

投稿者:宮オオ
おはようございます。
7000の片〜両〜片の扉のスタイルを見ると、昔々のコロタン文庫「私鉄全百科」において、はじめてこのスタイルの電車=関西の某私鉄=を見た時の衝撃ぶりが私には忘れられません。
また、121というと主電動機が103中〜後期タイプと同じなので、気持ちよく寝てしまうと首都圏に住んでる方たちにとっては、ふと亡き103が首都圏で第一線で活躍してたあの頃を思い出させそうな感じがします。
そして、113は東海道東京口で使用してた車両を譲受したものですが、改造により大きくスタイルも変化してるので、JR西日本にいる延命更新車を思い起こされます。
私は四国においてJRを使用したのは一回=フェリー、バス、ヒコーキを利用しているので、JRでの島内移動は一回きり=しかないです。従って機会あって四国へ行ったさいには、まだ乗ったことのないこれらの電車に乗ってみたいものです。
長文・駄文となってしまいましたが、この辺りにて失礼いたします。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ