鉄道コム

2010/11/25  7:04

尾久車両センター ふれあい鉄道フェスティバル:客車編(その2)完  写真撮影
おはようございます。

昨日も5時に起きてしまったせいか、いつのまにやら寝てしまいましたorz。
ポチ回りが出来ませんでしたので、今日は新宿からWポチ見舞いを頑張ります!


さて、「第10回 尾久車両センター ふれあい鉄道フェスティバル」の最終回でございます。最終回といいつつも、内容的には展示外の車両たちですが、このところ少し話題になっていた尾久駅側線留置の車両たちです。
※撮影は、平成22年11月20日です。


クリックすると元のサイズで表示します
マヤ342004

言わずと知れた国鉄時代を代表する軌道試験車です。九州や北海道ではまだ現役ですが、東日本では用途廃止になってからかなりの時間が経ちました。
いつもは構内の中ほどにその無残な姿を晒していますが、この日は主役級の扱いです。
それにしても、ナンバーが判らぬほどに荒れています。何とかしてくださいよー。


クリックすると元のサイズで表示します
オシ24 701

かつては東海道を闊歩した24系食堂車。現在も24系寝台は最後の車両たちが活躍していますが、純粋な24系食堂車は既に姿を消しています。保存車が無い中で、今となっては大変貴重な車両です。
いつもは庫の中に入っているためか、状態はかなり良い感じです。


クリックすると元のサイズで表示します
スロネ25901

夢空間の残党であるデラックス寝台車。他の2両は売却されて第2の人生を送っていますが、この車両はそのまま残っています。果たして処遇は?


クリックすると元のサイズで表示します
スハネフ14「北陸」

「北陸」が廃止になった時のままのような状態で、ソロを含む複数の寝台車が留置されていました。愛称幕を表示したままなのもファンサービスでしょう。
まだ使える筈なので、イベント列車などに使用しても良いと思うんですが・・・。

他にもオロネ25個室寝台車や旧SET「ゆとり」など、展示常連のメンバーがいましたが、今回は展示の方法が変わってしまったため、居所がなくなってしまったのでしょうか?
それでも展示してもらったことで、尾久駅を利用してやってきたファンは、一律に写真撮影に励んでいたようです。

「第10回 尾久車両センター ふれあい鉄道フェスティバル」のネタは以上を以って終了となります。お付き合いいただきありがとうございました。

にほんブログ村 鉄道ブログ JR・国鉄へ
にほんブログ村
0

2010/12/14  7:33

投稿者:キハ181つばさ
シービー様
北海道や九州では未だ使っている影響でしょうか、なかなか車内公開はしてくれませんね。今のうちに修復すれば安く済むと思うんですけど、余り荒廃してしまうと修繕が大変そうです。
走らせるのはもう難しいでしょうが、車内公開は是非して欲しいですね。

2010/12/13  21:52

投稿者:シービー
マヤ34、放置プレイが続いているんですね。
こういった車両、検測機器が使えるなら、マヤ検添乗企画なんてのも行ってもらいたいです。
私なら応募しちゃいます。
こういった事業用車両は、職員の方でないと乗れない車両ですから、そういった企画でも作ってもらいたいです。
生き残った客車で、チンドン編成でも走らせれば、また話題にはなるかもですね。
今日は3pです。

http://blogs.yahoo.co.jp/mrcbcross14

2010/11/26  19:42

投稿者:キハ181つばさ
まー君様
情報ありがとうございます。
北海道に続き、九州車も海外譲渡に向けて陸送が始まったようです。3社一括で輸送するのかもしれませんね。

2010/11/25  13:47

投稿者:まー君
14系や24系客車はマレーシアへ輸出されるそうです。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ