鉄道コム

2007/6/22  1:50

EF58牽引 急行「鳥海」  EF58のアルバム
こんばんわ。

昨日は昼行特急「鳥海」をお届けいたしましたが、今日は急行時代の「鳥海」の写真をご覧いただきたいと思います。

上野〜秋田間を上越・羽越線経由で結んでいた急行「鳥海」は、荷物車+グリーン車+A寝台+B寝台+自由席普通車で構成された、由緒ある夜行急行スタイルの列車でした。強いて言えば、なぜか普通車指定席は連結されていません。上野〜秋田間を結ぶ急行は、この他にも全車寝台急行の「天の川」が設定されており、お互いに補完しあいながら長らく運転されていました。

急行「鳥海」は、上野〜新津間をEF58、新津〜青森間をEF81が牽引し、水上〜石内間はEF16がサポートしていました。(時代背景により、羽越本線非電化時代はDD51、晩年の上越国境越えはEF641000のサポートなど、牽引機は変化しています。)

クリックすると元のサイズで表示します
昭和55年秋 東北本線 蕨〜西川口間にて EF58牽引の急行「鳥海」

クリックすると元のサイズで表示します
昭和55年秋 東北本線 蕨〜西川口間にて 雑形客車で編成された急行「鳥海」
同列車の晩年に近い写真です。グリーン車の帯がまだ残されています。一方、本来茶色のマニ36が連結されている筈が、当時新車のマニ50に変わってしまっています。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年11月14日 大宮駅にて 停車中の急行「鳥海」
上り定期の最終日。翌朝到着の臨時列車扱い「鳥海52号」をもって急行時代の幕を下ろしました。

急行「鳥海」は、ツララ切り+スノープラウといった雪国装備をまとった高崎第二機関区のEF58が終始担当してしておりました。上越急行には、他にもEF58+雑形客車の組み合わせとして、急行「天の川」「能登」(旧急行「北陸1号」)が走っており、あまり珍しい感じはありませんでしたが、「鳥海」の最大の特徴は、スニ2両(パレット積載型荷物車)+一般荷物車と、計3両の荷物車が連結されていたことでした。ちなみに、スニ2両は、新潟地区への新聞輸送に使われていたものです。

昭和57年11月のダイヤ改正(上越新幹線大宮暫定開業)で廃止になってしまった急行「鳥海」ですが、他に生き残った夜行列車たちとは違い、最期まで20系化や12系・14系化されることなく、旧型客車のまま伝統ある夜行急行のスタイルを守りとおした列車でした。
18

2008/6/28  22:19

投稿者:キハ181つばさ
シービー様
グリーン車とは凄いですね。私はあまり乗ったことが無いですな。
「鳥海」は他と比べて荷物車が多く連結されていましたね。郵便は「天の川」の任せていた感じがします。
荷物で思い出があるなんて、なかなか珍しいですよね。貴重な経験だと思います。

2008/6/28  15:42

投稿者:シービー
鳥海は秋田から上野まで、珍しく奮発してグリーンで乗った事がありました。
秋田駅で買ったのでマルス券でしたが。
この列車は、仕事上でもかかわっていて、804列車指定の小荷物が秋鉄輸送サービスという会社から、小荷物で上野駅留めで荷物が送られてきました。
当時、飯田町駅構内の営業所にいて、取扱ってました。
発送もあって、やはり列車指定で秋田駅留めで鳥海の荷物車で輸送されてました。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ