鉄道コム

2011/8/20  7:29

EF5868:「踊り子」ほか  EF58のアルバム
おはようございます。

急に涼しくなりました。オマケに昨日は豪雨に遭ったりして。
昨日は外回りだったのですが、なんとか豪雨のピークを避けながら移動することができました。

近々のネタがありませんので、今日も昭和からEF58を引っ張り出しました。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和55年8月頃 品川駅にて EF5868+12系

品川駅にて撮影した68号機牽引の12系団体列車。もしかしたら客車の返却回送かもしれません。この時代では当たり前の光景でした。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和58年5月14日 保土ヶ谷〜戸塚間にて EF5868牽引 臨時「踊り子」

EF58が人気沸騰となり、台数的にも終焉となりつつあった頃。殆どイベント的に設定されたのではないか?と思われる14系「踊り子」の臨時列車。
EF65PFによる牽引もありましたが、EF58人気にあやかって、東京機関区のEF58も高い確率で充てられるようになりました。

東京機関区の中では地味な部類の68号機でしたが、61号機ばかりが注目される中にあって、今となってみれば貴重な表舞台での活躍する姿でした。


EF5868

昭和28年 7月16日落成 東洋・汽車会社製 東京機関区に新製配置
昭和59年 5月 2日廃車 最終配置 東京機関区 → 下関機関区?

にほんブログ村 鉄道ブログ JR(・国鉄)へ

0

2012/7/28  9:32

投稿者:徹
14系踊り子号やサロンエクスプレス踊り子号はロイヤルエンジンのEF5861号機とEF65PF形の方がよく似合っていますね。このコンビがしっくりきます。

2011/8/24  22:48

投稿者:キハ181つばさ
北9系統様
私も基本的にチヤホヤされている人は好きになれないヒネクレもんです。
61号機も過去ログでご紹介いたしましたが、人出はかなり違っていたようですね。私は伊豆の山奥で撮ったので知る由もありませんけど。
183系もどちらかと言うと敵でしたが、今となっては貴重品ですね。ただ、ヘッドマークに面白味がないので、あまり撮る気にはなれないんです。

2011/8/24  18:36

投稿者:北9系統
好きな人が多いというヒネた理由で、私は61号機が嫌いでした。

上の12系牽引写真は当時、雑誌などでも見向きもされない普通の光景でしたよね。
=61号機なら格好の撮影舞台だったりしそう。

数年後には183系団臨も過去帳になるんでしょうねぇ。

2011/8/23  0:05

投稿者:キハ181つばさ
line様
この頃からオタ系が結構出てきたので、撮りに行くのは嫌だったんですが、まあ、仕方なく行きました。
確かに特急の私鉄乗り入れってないですね。大体は地方の温泉地など、ローカルムード満点ではスピード勝負の特急を走らせる意味が薄いのでしょうね。だから急行どまりかと。
私は下田に行ったことがないので状況が分かりませんが、機回し線がない限りはモーターカーなどの引き出し機械が必要になっちゃいますね。

2011/8/22  20:41

投稿者:line
客車踊り子でEF58牽引のやつは撮って無かったです。
しかし、国鉄の機関車が特急として私鉄へ乗り入れるなんてのは伊豆急だけだったような気がします。
確か伊豆急下田は行き止まりホームでしたから、推進で引き出してたんでしょうね。見て見たかったなー。

2011/8/21  16:05

投稿者:キハ181つばさ
シービー様
どのくらいの運転日数が設定されていたのか忘れましたが、私も3回ほど撮っています。
まあ、区間が区間ですから、上りは乗車率があったと思います。この列車も今から考えれば完全にイベント列車だったんでしょうね。

2011/8/21  16:03

投稿者:キハ181つばさ
宮オオ様
最後の下関での活躍は余りにも短過ぎて、全然記録していませんでした。EF62牽引荷物列車なんて1枚も撮っていないですからね。とにかく、仕事にダイヤ改正に振り回されていたように思います。
情報ありがとうございました。

2011/8/20  23:53

投稿者:シービー
このマーク付きは知っていたんですが、撮る機会を逃してしまって…
この列車も乗車率もどうだったのでしょうね。

2011/8/20  19:46

投稿者:宮オオ
補足説明いたしますが、最期は下関区へ貸し出し名義のカタチでしたから、廃車時は東京区所属のままで生涯を終えてます。
以上のとおりですので、これにて私は失礼します。

2011/8/20  9:49

投稿者:宮オオ
おはようございます。
このカマは59.2改正に於いて余剰となり廃車前提の休車になった直後、下関にいたもと宮原(大阪)の45.100号機がトラブルを起こして使用不能となり、離脱を余儀なくされた為に急遽、米原(→稲沢)にいて余剰になり休車してた112号と共に最後の助っ人としてEf62が入るまで、その任を全うしたエピソードが残ってます。
それでは、これをもちまして失礼します。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ