鉄道コム

2011/8/30  0:10

昭和59年 紀勢本線の113系  その他電車
こんばんわ。

8月ももう直ぐ終わりですね。早いもんです。
一昨日、夕方の3057レの撮影に出て、かなり暗くなってきていることに実感しました。
このところあまり撮影意欲が湧かなくて、っていうか、何もする気力がないんです。


ネタがないので今日も昭和ネタから、紀勢本線を走っていた関西色の113系です。

※撮影は、昭和59年7月6日です。


クリックすると元のサイズで表示します
周参見〜見老津間にて


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
白浜〜朝来間にて

下の写真はどちらかが阪和色で、もう一方が関西色だったと記憶していますが、モノクロの印象がどちらも変わらないので分からなくなってしまいました。
この頃はモノクロを多用したので、こういう写真こそはきちんとカラーで使い分けるべきだったなと思います。

電化からかなり年数が経っていますので、急行「きのくに」を除いて電車化されていましたが、EF58牽引の客車列車が残っていたのは印象的です。おそらく、荷物輸送の需要がまだあったのでしょうね。

EF5866(最期の大窓ヒサシ車)
EF58149・170(竜華のゴハチ)


にほんブログ村 鉄道ブログ JR(・国鉄)へ
にほんブログ村
0

2011/8/31  22:54

投稿者:キハ181つばさ
北9系統様
同じくらいの時期に訪れていたんですね。EF58が終盤と言うことで、かなり慌てて行きました。あの時は往きが「はやたま」だったですね。
0系時代は速さのバリエーションが余りなかったですね。私も東京〜小倉を7時間弱で結んでいた時代に乗ったことがありましたが、ケツが痛くてどうにもならない状況でした。

2011/8/31  22:46

投稿者:キハ181つばさ
宮オオ様
私はこのときにEF58と15だけを狙いに行ったようなもので、DC急行や113系もすべてついででした。なかなか行ける機会がある場所じゃなかったので、スナップでももうちょっと撮っておけば良かったと思います。今のようなデジタル時代だったら、この時代の5倍くらいは撮っていたかもしれませんね。

2011/8/31  17:29

投稿者:北9系統
偶然にも、この写真が撮影された1ヵ月半後ぐらいに、
サークルの旅行で、南紀一帯を回ってましたよ。
鳥羽にいた日、取手二高が夏の甲子園を制してますね。

この時は博多から京都まで、東京行き始発ひかりの指定席が確保出来なかった為、
博多〜新大阪間各駅停車の東京行き・ひかりに乗車しましたよ。
=今では信じられないパターンの設定だこと

周遊券切符だったのもあって、約1週間の間に、はやたまに
臨時の急行きのくにと深夜列車で2泊しましたが、最後はヘトヘトでしたね。

関西線では、2000番台車の快速に乗れたのも貴重な思い出です。

2011/8/30  23:27

投稿者:宮オオ
こんばんは。
阪和色の電車は私が関西時代末期に近い頃に堺の鳳駅近くにて撮影した事がありますけど、正面窓が太いアルミ枠押さえになっていて人相がやや変わっていました。
今や新型車両の投入によりJNR時代の車両の淘汰が進みつつあるので、何れ機会あれば私にとって第四の故郷である関西の鉄道を訪ねてみたいものです。
それでは、この辺にて私は失礼します。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ