鉄道コム

2007/7/9  20:54

急行「八甲田」:EF57・EF58・EF65  国鉄・JR機関車(直流型)
このところ、常磐線関係や交直流関係が続きましたので、久しぶりに東北本線ネタをアップしたいと思います。

これももう「懐かしい」部類に入ってしまうのかもしれませんが、東北の夜行急行の代名詞でもあった「八甲田」をお届けいたします。

急行「八甲田」には、いくつかの特徴が挙げられると思います。
1つ目は、終始座席車が主体の編成で、寝台車をあまり連結していなかったこと。
 (古くは上野からB寝台車を連結。その後、仙台〜青森間のみB寝台を連結していたことがありました。)
2つ目は、上野発が19時と早く、上野着が11時過ぎと遅かったため、区間的に昼行列車と同様な性格を持っていた。
そして3つ目は、北海道急行「ニセコ」とを繋ぐ直通の急行郵便の輸送を終始担っていた。

とりわけ、上り列車は陽の高い時間に走っていましたので、良く見掛けましたし、写真を撮るのも容易でした。

では、写真をご覧ください。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和51年 東北本線 蕨〜西川口間にて EF57の牽引する上り「八甲田」

リコーオートハーフで撮った写真のため、ブレるわ指は入るわ悲惨な写真です。
「八甲田」の特徴である郵便車で、形式は「オユ10」が限定で使用されていたようでした。写真の「オユ10」は冷房改造前の車両で、屋根が他の客車と同様に高いのが特徴です。同年頃には、EF57が最期の活躍を見せておりました。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和51年 蕨駅にて EF571が牽引する上り「八甲田」(再掲)

特徴的なスタイルのEF571号機。EF56型亡き後、同型の面影を色濃く残しており、私の大好きなカマでした。客車が写っていないのが残念な構図ですが、「オユ10」は相変わらず非冷房のままのようです。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和51年後半 東北本線 蕨〜西川口間にて EF58の牽引する上り「八甲田」

EF57型の撤退が始まると、東北筋の客車急行は全てEF58が独占するようになります。写真はEF58152号機の牽引する「八甲田」で、宇都宮機関区では少数派のヒサシ付き車です。(他に89号機がいたのは有名ですね。)ただし、高崎第二機関区のカマと違い、スノープラウは装備していませんでした。
また、「オユ10」が冷房改造後の姿に変わっているのが判りますね。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和52年 東北本線 大宮駅にて 「八甲田」に連結されたグリーン車

写真は、大宮駅で捉えた上り「八甲田」。特急の写真を撮っていたとき偶然撮りました。「八甲田」は他の急行に比べると地味なので、EF57亡き後は正直なところ撮影の対象から外れていました。それでも、この客車のグリーン車(特に帯の塗装があった時代)が非常に好きだったので、思わず撮影してしまったのでしょう。「八甲田」には、12系化されるまで、このグリーン車が連結され続けました。(写真の車両は「スロ622076」。)

クリックすると元のサイズで表示します
昭和59年1月頃 大宮操車場駅構内から EF65の牽引する上り「八甲田」

私が高校生になると地方での撮影が中心となり、この間、あまり近所では写真を撮らなくなってしまったようです。59・2のダイヤ改正を控えた直前頃になりますが、1度だけこの「八甲田」を捉えていました。牽引機もEF65に変わっています。東北筋の夜行列車が12系、14系、20系化され、さらに電気暖房の必要な郵便車、荷物車がなくなってしまい、EF58の出番もすっかりなくなってしまいました。


それでも、現在のような状況でしたら、「客車急行」であること自体に価値があったのでしょうが、当時はEF58が終焉を迎える頃であり、EF58の牽引しない列車の魅力は大幅に消えてしまっていたのでしょう。
そして、北海道への旅客は新幹線、飛行機へと移行し、急行「八甲田」は静かにその役目を終えました。
7

2011/6/19  21:05

投稿者:キハ181つばさ
宮オオ様
現状におけるこのアングルって記憶に無いんですが、ホーム屋根が延長になったりしているので、空の視界は遮られていないでしょうかね?
昔と同じアングルで定点写真を紹介するというのも、今後のネタとして考えて良いかもしれません。

2011/6/19  18:08

投稿者:宮オオ
こんばんは。
大宮駅6番線のりばより急行「八甲田」のG車を撮ったアングルを見てみますと、34年経過したとはいえ背景のムサシビルが消えたことと架線ビーム柱が更新された以外はさほど変化が少ないので、このアングルからでしたら「北斗星」の客車を撮っても余り違和感は無さそうな感じが致しますけど、どうでしょうか!?それにしても、ココら辺の変化が余り大きくないから昔を偲ばせそうな雰囲気ですね。
それでは、これにて私は失礼します。

2008/7/13  21:40

投稿者:キハ181つばさ
シービー様
私は「八甲田」に乗った記憶が無いのですが、もしかしたら福島〜郡山間を「津軽」とのリレーで夜明かししたかもしれません。周遊券範囲内で夜明かしのテクニックがありました。
若き日の記憶って強烈に残るものがありますよね。私もブログをアップしながら思い出したことを載せていますけど。

2008/7/13  18:43

投稿者:シービー
八甲田は確かに、撮りやすい時間帯だったので、上りは何本となく撮っていました。
社会人になって北海道に行った時には、八甲田を利用したんですが、その頃は12系だったです。
この時は、宇都宮までは混んでいたんですが、そこから先はボックスを一人で使えました。
夜でも車窓から景色を眺めていたおかげで、青森に着いてホームで三脚を落としたなんてのも思い出です。ちなみに線路上ではないですから。
おかげで連絡船はグースカ寝てました。

2007/7/10  1:12

投稿者:キハ181つばさ
ふみやの母様
はじめまして。
今日は残業で午前様になってしまい、ご連絡が遅くなり申し訳ございません。
小学6年生でブログを始めるなんてすごいですね。私もブログを始めようと思ってから1年以上腰が上がりませんでしたから。40歳過ぎててですよ!それくらい始めるまではビビッていたのですよ。やはり若いっていうのはすごいですね。一生懸命写真を撮って、ブログもがんばってくださいネ。
私のこのレトロなブログを親子でご覧いただいているとは感激です。ちょっとお子様には内容が難しいと思いますが、昔の写真が多いですから「こんな車両がいたんだ!」という感じで、気楽に写真だけ見ていただいてもよろしいかもしれませんね。
私も小学3年生から写真を撮っています。昔の写真は写りも構図も悪いですが、その点はご勘弁ください。これからもどんどん古い写真をアップしていきますので、どうぞお楽しみに!もちろん、リンクは大歓迎です。

2007/7/9  11:24

投稿者:ふみやの母
はじめまして。
親子で拝見させていただいております。
電車大好きな小6の息子も開設しました。
お気に入りブログに登録させてください♪
宜しく御願い致します。

http://ameblo.jp/tetudou238/

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ