鉄道コム

2012/2/26  0:22

2012/02/19 小田急線撮り鉄三昧(その5:371系もRSEもHiSEも)  列車・車輌カタログ(私鉄)
こんばんわ。

河川敷において撮影を終えた一行。まだ11時前。でも腹が減りだしたり、移動の手段が乏しかったり。
考えた末、lineさんの奢りでタクシーをいただくことにしました。

新松田〜渋沢の区間。以前、職場旅行で何回も通ったことがあり、小田急沿線でもなかなか良い雰囲気の場所。でも・・・
実際に行ってみて困ってしまいました。カーブだらけで架線柱の間隔が非常に短く、樹木も合わさってどうにもアングルが難しいのです。足場も悪いし。
結局、タクシーを降りてからかなりの距離を歩き、やっと着いた場所はそこそこ有名なのか、かなりのテツが集まってました。

踏切直ぐ脇の立ち位置以外はかなり厳しい場所です。

※撮影は、平成24年2月19日、新松田〜渋沢間にて。


クリックすると元のサイズで表示します
371系「あさぎり3号」

他のテツたちの邪魔をしないように、立っていられたのはこのアングル。いつサークルの中に入ってくるか分からない緊張感。ほんの0.1秒早かったかもしれませんが、連写してもフレームアウトしていたでしょう。


クリックすると元のサイズで表示します

新松田について1発目となった車両がもう帰ってくる。効率良いですね。しかし、ここに辿り着くまで結構ギリギリでした。
若干移動して、焦点距離変えて、センターでAF合わせて。かなり焦りました。


クリックすると元のサイズで表示します
RSE「あさぎり4号」

上り列車のアングルも処理が難しい場所。しかも、それほど時間がありません。
仕方なく、後追いアングルで。
私たちが来る時に乗ってきたRSEが沼津から戻ってきてしまいました。新宿〜沼津のちょうど中間地点辺りなんでしょうかね。


クリックすると元のサイズで表示します
HiSE「はこね12号」

さらに5分で追いかけてくるHiSE。
「あさぎり1号」ですれ違い、どこかで撮れるつもりでいたのですが、鉄橋から移動している間に行き違ってしまったようです。
撮れたのは良かったですが、同じアングルの写真を何枚も撮るのは好みません。

ここから少し時間が空きますし、早朝から行動していて腹も減りましたので、近くの高級レストランで昼食と相成りました。

それにしても、結構雪が降ってきました。晴れてたりするんですけどね。不思議な場所です。

まだ続きます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
0

2012/2/27  23:55

投稿者:キハ181つばさ
シービー様
ありがとうございます。
このアングルで車両が見えるまでタテ位置構えているのは非常に辛かったですね。しかも一瞬の勝負ですから、まあ上手くいったものです。
ドライバー、みなさん本当に親切ですね。まあ、怪我させたくないというのもあるかもしれませんが、素直に感謝したいです。

2012/2/27  16:20

投稿者:シービー
この踏切では、遮断棹いっぱいに車が停止したらどうしようと思ってましたが、撮ってる側の事を考えてくれたようで、ドライバーのマナーには感謝です。
私はトンネルに入ったところを撮ろうと思ってたんですが、それだと何の車両かわからなくなっちゃうので、出てからのアングルにしました。
一発勝負、お見事でしたね。

2012/2/26  19:06

投稿者:キハ181つばさ
しなのさかい様
こもった遊びばかりでなく、たまにはフィールドに出て活動するのも良いですよ。まして地元なんだし、今のうちですから。(笑)

2012/2/26  19:03

投稿者:キハ181つばさ
宮オオ様
ありがとうございます。
最近は地元での撮影が殆どであり、このような緊張感は久し振りに味わいました。
天気といっても荒れ模様というわけではないので、まあ、良かったかなという感じです。ちょうど良いところで雪が降ったりしてくれると良いですが、一番絵になったのは昼食の最中の雪でした。まあ、そんなもんです。

2012/2/26  11:04

投稿者:しなのさかい
つばささんに刺激されまして、当方も現在撮影中。といっても近所で素人の遊び半分です。
難しいですねー。目の前でHiSEが昼寝中です。

2012/2/26  1:23

投稿者:宮オオ
おはようございます。
JR371のトンネルでバァ〜の写真は、まさに傑作写真だと私は思います。何故なら若干のタイミングの違いでも失敗しかねないとあって、ホントその瞬間は手に汗を握るモノだったのではないかと想像します。
本当にお疲れサマでした。
それにしても天候の急なる変化ぶりを聞くと、正月にわたくし自身が行った厚木〜本厚木〜伊勢原〜鶴巻温泉〜秦野〜新松田と小田急電車の沿線風景から電車・バスそして街並みと、まるで渡り歩くかの如く写真を撮った時の天候や、私が今いる種子島の天候を思い起こさせられます。
それでは、この辺で私は失礼します。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ