鉄道コム

2013/2/14  3:42

東急東横線:日比谷線05系乗り入れ  列車・車輌カタログ(私鉄)
ちょーおはようございます。

多摩川駅での撮影の続きです。

今回の撮影の目的は、日比谷線の乗り入れ終了に伴う記録写真。
東横線内であることを表現するのは、風景を知っている人ならともかく、そう簡単ではないな。
とすれば、一番簡単なのが行き先の表現。日比谷線に表示される「日吉」とか「菊名」を撮れば良いわけで・・・。

しかし、これが意外と厄介なもので、走行写真だと速いシャッタースピード・・・でも、LEDが切れてしまう。
だから字幕車が来てくれれば良いんですが・・・これがなかなか上手いことに行かない。

※撮影は、平成25年2月10日、多摩川駅にて


クリックすると元のサイズで表示します
03142 菊名行き

影ズドーーーン!いきなり失敗。しかもLED。


クリックすると元のサイズで表示します

多摩川を渡る記録。これが一番分かりやすいので、多摩川駅から息切らして登ったものの・・・。
手前2本の下り列車にカブられ、シャッターを切れたのがこのタイミング。
しかも、こんな遠いのに字幕車・・・不運この上なし。


クリックすると元のサイズで表示します
03819 北千住行き

駅に戻って気を入れ直すも、来るのはLEDばかり・・・
番線案内にある東横線内の証を入れて。


クリックすると元のサイズで表示します
東急電鉄 1105 菊名行き

東急電鉄の1000系も1本が撮れました。
むしろこちらは北千住とか南千住の方が良かったな。
でも、もう東横線を走ることはなくなるだろうから・・・記録にはなりますね。

改正まであと1ヶ月。もう行く機会はないかな・・・。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
1

2013/2/22  1:58

投稿者:キハ181つばさ
花様
コメントありがとうございます。
また、返コメ遅くなってすみません、
部外者からすれば、中目黒で階段なしに乗り換えられる利便性があるから文句言えるほどの改悪ではないように思いますが、今まで座ってしまえば寝ながらにして都心までいけた訳ですから、この利便性を奪われてしまう利用者には大打撃ですよね。
この措置はホームドアの関係以外にも、ダイや乱れの際に日比谷線車両が副都心線へ入線できない不便さなど、様々な理由があってのことだと思います。
時代の変化が返って不便さを起こしてしまった、そんな感じがします。

2013/2/22  1:54

投稿者:キハ181つばさ
line様
京王も小田急もそうですが、レアなシーンと言うのを撮りたかったんですけどね。
大体そのようなシチュエーションは朝方にしか起こらないので、通勤に関係のない私鉄のシーンはなかなか当たるものではありませんでした。

2013/2/22  1:45

投稿者:キハ181つばさ
宮オオ様
それはいいタイミングでしたね。
車両自体は残るようですので、あくまでも東横線から、ということだけですが。
それでも、カッ飛んで走る姿を見れなくなってしまうのはさびしいかも、ですね。

2013/2/19  0:44

投稿者:花
はじめまして。
日比谷線直通菊名行きがなくなるのは寂しいですね。
菊名行きは意外と重宝されているんですよね。というのも私が通っていた西日暮里と田端の間にあるの塾の先生で菊名から通ってたという方がいて彼は朝は菊名始発の北千住行きに並んで座って日比谷まで出て千代田線で西日暮里まで出るというルートを使っていたんです。
副都心線は池袋通るのはいいけれど日比谷や霞ヶ関通らないから不便ですよね。

2013/2/18  19:12

投稿者:line
ちょいと不謹慎ですが、日比谷線でトラブルがあると東横線内を走ってるメトロ車が渋谷行に行き先変更するケースに2回ほど当った事があります。
もう残り1ヵ月ですが、最後のチャンスが来ないかと最近はこの直通車を狙って通勤してます。
そう言えば、多摩川駅は既に日比谷線直通車の3扉ドア位置表示も無くなってましたね。

2013/2/18  12:40

投稿者:宮オオ
こんにちは。
仕事明けを利用して私は念願の変わりゆかんと
してる東横線を訪ねて、渋谷駅ホーム・900
0系電車(9001Fほか)そして写真の10
00系電車1005Fと、悔いのない様にしっ
かりとデジカメに収め、9001F(特急)に
乗車して乗り納めも致した次第であります。
また今回のダイヤ改正に於いて、いよいよ永い
歴史にピリオドが打たれる予定の東横線の3ッ
口車ですけど、それが実際にイザなくなるとな
ると、なんだかさみしい感じが致します。
それでは、この辺で私は失礼します。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ