鉄道コム

2013/4/20  0:10

京王バス100周年記念お披露目会(会場編)  バスの写真館
こんばんわ。

残業続きでアップが遅くなってしまいましたが、前回の日曜日に行われた京王バス100周年記念復刻塗装バスお披露目会の様子を3回に分けてご紹介いたします。

※撮影は、平成25年4月14日、京王電鉄バス八王子営業所にて。


当日は記念入場券集めで途中下車をしながらの移動となりましたが、いきなり強風に伴う架線へのビニール付着で運転見合わせがあったりと、予定よりかなり遅く到着となりました。
途中でじごぼうさんから先着の連絡があり、かなり焦りました。来れるかどうか、ということだったのですが、予定よりかなり早く到着してしまったようで、1時間近くお待たせしてしまったようで。

会場はかなり賑わってました。しかも、かなりマニアックな輩が目立ちます(笑)。
鉄道オタクに比べると、キモい人が結構目立つ印象です。


クリックすると元のサイズで表示します

復刻塗装車は4種類、1台ずつ集められました。


クリックすると元のサイズで表示します

基本的には出入りが自由であり、車内の見学も出来ます。


クリックすると元のサイズで表示します

車内には京王バスの歴代のバスをポスターにして貼ってあり、バスの形態もともかく、駅前の風景などが歴史を主張しています。
それにしても、昭和50年代後半でも結構古いバスが居たんだなぁと思います。その頃はバスに興味なかったですからね。
こんなトレーラーバス、見てみたかったですね。今だったら間違いなく連接バスでしょう。


クリックすると元のサイズで表示します

毎時00分と30分には見学者を追い出して?撮影会となります。
4台にプラスして、今年度限りで引退となるバスも参加となり、ファンのボルテージも上がります。


クリックすると元のサイズで表示します

人だかりは結構ありますね。2〜300人くらいは居るでしょうかね。
鉄道のイベントに比べると、殺気立った様子は感じられません。比較的に社員の言うことを良く聞いて行動しているように思えました。


クリックすると元のサイズで表示します

子供向けに洗車体験のイベントがあり、わざわざ専用のバス停まで用意されていました。じごうぼうさんが気が付いたんですけど。

撮影会は比較的に小ぢんまりしたものではありますが、順光側にバスが向くように用意されていること、撮影しやすいようにナナメに配置されていることなど、ファンの心理を良く考えたサービス精神が伝わります。
この辺りは、JRにも見習ってもらいたい部分ですね。

次は復刻塗装車をご紹介予定です。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
0

2014/3/21  23:55

投稿者:キハ181つばさ
せん太郎様
コメントありがとうございます。また、レスが遅くなってしまい、申し訳ございません。
都心では既にツーステップ車がほぼ消滅してしまったので、形態差があまり感じられない状況の中では、このような旧塗装復刻車は一番インパクトのあるPRになるのでしょうね。
東急も然り、最近は都営バスにもあったんですね。今日、巣鴨でたまたま見掛けるまで知りませんでした。
今晩アップいたしますのでご覧ください。

2014/3/18  21:25

投稿者:せん太郎
管理人様、はじめまして。
渋谷のバスターミナルに行くと、写真の京王バスをはじめ、東急・都営のバスでもリバイバル塗装のバスがおり、さながらタイムスリップした感があるものの、広告ラッピングのバスよりは、こちらのリバイバル塗装のほうが楽しみがあるから良いのではないかと思います。

2013/4/21  23:06

投稿者:キハ181つばさ
じごぼう様
こちらこそ、お誘いしたのに遅刻してすみませんでした。
このようなイベントは基本的に主催者の裁量で良し悪しが決まってしまいますので、「困らない」状況と言うのは「偶然」か「計算されている」かどちらかになりますが、今回は車両間隔の詰まり以外、完璧に計算されたものだと直ぐに察しが付きました。
現地でおっしゃっていた通り、間隔をもう少し開けて欲しかったところですが、最後の旧型車(5台目)があったので、全体スペース的に無理があったのかもしれません。

2013/4/21  22:05

投稿者:じごぼう
はるばる八王子までお疲れ様でした。
現地でいろいろ教えてもらい、楽しめました。ありがとうございました。
ところで、展示のバスが順光になるよう並べてあるなんて、鋭い視点ですね。ぜんぜん気にしてませんでした。さすがです。
トレーラーバスの切り貼りについては今夜先にブログに書かせてもらいましたm(__)m

http://jigobou.fc2.com

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ