鉄道コム

2013/5/26  20:42

おおみや鉄道ふれあいフェア2013:JR東日本機関車編  写真撮影
こんばんわ。

「おおみや鉄道ふれあいフェア2013」の続きです。

今回はJR東日本の機関車編です。

※撮影は、平成25年5月25日です。


クリックすると元のサイズで表示します
EF5893 青大将

まずここでEF58が御出ましになるとは。思ってもみませんでした。


クリックすると元のサイズで表示します

案の定と言うか、EF80が裸同然で展示。

例年とは違い、柵がなくなっており、人入りたい放題。よってまともな写真を撮れず。


クリックすると元のサイズで表示します

原因はこの給油所が出来たことによるかもしれません。以前はこの辺りから全貌が見える状態だったのですが、今までのような2段展示はできなくなってしまったと言うことらしい。
でも、他の機関車はちゃんと仕切られ、そこそこの距離とスペースが確保されることとなったため、写真は撮りやすくなりました。

しかし、毎度のことながら先頭で写真も撮らないくせに突っ立っている厨が相変わらず居る。
と思ったら、ちょうどヘッドマーク交換の時間に当たってしまったらしい。
前で退いてくれた人が居たので、直前の気の利かないバカを押し退けて前にしゃがんで入ることが出来た。


クリックすると元のサイズで表示します

EF60510+EF651115、そしてさらにEF81133の3台並び。
台数は少なくなってしまいましたが、またヘッドマーク取り付け復活です。

以下、解説なしで並べてみます。


クリックすると元のサイズで表示します
EF60510 「富士」


クリックすると元のサイズで表示します
EF651115 「富士・はやぶさ」


クリックすると元のサイズで表示します
EF81133 「あけぼの」


ヘッドマークが付け替わって


クリックすると元のサイズで表示します
EF60510 「みずほ」


クリックすると元のサイズで表示します
EF651115 「出雲」


反対側をみると・・・

クリックすると元のサイズで表示します
EF60510 「さくら」


クリックすると元のサイズで表示します
EF81133 「出羽」 + EF651115 「瀬戸」

こっちは窮屈だし、入らせても居ないんだから、ヘッドマーク要らないように思いました。
奥の「出羽」なんて見えないし。順光側に付けて欲しかったな。


庫の中には足を抜いたC11325の姿が。
今年も元気に走りそうです。

展示数が若干少なくなった展示ですが、今回は今までの中でも一番スマートな展示方法だったと思います。

まだまだ続きます。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
1

2013/6/1  22:50

投稿者:キハ181つばさ
金太郎様
旧型淘汰の敵役であるこれらの車両も、後の洗練されたスタイルの車両たちからすると味がありますよね。
EF60が地元を走るようになったときも、EF15がなくなってしまうことにはあまり抵抗を感じませんでした。EF15ばかりの貨物機にも飽きがありましたし、東海道口へ行かないと撮れなかった車両たちを見られることにある種の喜びがありました。

2013/6/1  22:45

投稿者:キハ181つばさ
じごぼう様
説明に誤りがありまして、EF60510が正しくなります。
新性能車も登場当初は1灯が標準スタイルであり、ED60・61、EF60・61、ED70・71など、箱型の初代となるEH10からの流れがそのまま踏襲されています。
スピード化とともにより明るく小型の光源としてシールドビームが使用されるようになり、洗練されたスタイルに移り変わったわけですが、過渡期なスタイルの新性能初期車の、その野暮ったいスタイルがまた「味がある」と言えるのであります。

2013/5/28  23:24

投稿者:金太郎
EF60にしろ80にしろ何となく垢抜けしないのが魅力と言えば魅力なんだと思います。
後の65や81がやけに洗練されて見えるから不思議です。

2013/5/27  6:55

投稿者:じごぼう
おはようございます
EF65510は前照灯が大きいの一つなんですね。こんなのがあるんだ、初めて見ました。見慣れないので、おかしいです。すごく野暮ったい(笑)

http://jigobou.fc2.com

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ