鉄道コム

2013/11/17  20:21

寝台特急「あけぼの」を振り返るアーカイブ  マル鉄アーカイブズ
こんばんわ。

せっかく快晴の週末だったのですが、結石で搬送されたちょー乾燥した処置室で咽喉をおかしくして以来、結局風邪へと発展してしまいました。
日曜の耳鼻咽喉科は大混雑。2時間半の待ち時間で1日の大事な時間を潰してしまい、鉄分なしのつまらない週末となってしまった。

2週続けてなんのネタも確保できなかったので、この間に発表された衝撃の予告の中から、今回は寝台特急「あけぼの」のアーカイブインデックスを作ってみました。

寝台特急「あけぼの」

EF81青森機牽引:寝台特急「あけぼの」

青森機が上野口へ姿を見せていた時代からピックアップしてまとめてみました。


EF81田端機牽引:寝台特急「あけぼの」

上野口のEF81牽引時代、最後の約10か月は田端機が参戦しました。
さらに、故障対応で代走した田端機の写真を追加編集いたしました。


EF6438牽引:寝台特急「あけぼの」

EF6437牽引:寝台特急「あけぼの」

長岡機への移行に伴って発生したEF64一般型の牽引時代です。


ED75700牽引:寝台特急「あけぼの」

懐かしい奥羽本線におけるED75牽引時代です。1度だけ遠征しました。


20系寝台客車:寝台特急「あけぼの」(カニ21・22編)

20系寝台客車:寝台特急「あけぼの」(ナハネフ22・23編)

こちらもちょー懐かしい20系時代。


583系:臨時寝台特急「あけぼの81号」

1度だけ撮影した583系現役時代の臨時列車。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
3

2013/11/23  2:42

投稿者:キハ181つばさ
企画の鈴木でございます。様
仕事の内容は同じようでも、現場ばかりと座りっきりでは身体もそうですが、精神的にもかなり違いますね。現場の方が厳しい環境に晒されても、身体も精神もが鍛えられていたような気さえします。
時間があったら寄ってください。今は変な目で見る人は居ませんから。

2013/11/23  2:39

投稿者:キハ181つばさ
宮オオ様
私の実父も66で他界しているので、それを考えると私はあと16年しか生きられないのか。女房の父に関しては52歳くらいだったと思いますので、あと2〜3年で死んでしまうのかと思うと、生きる気力もなくなります。
緊張して充実して生きるのか、ダラダラと楽をして生きるのが得か、正直悩ましいです。

2013/11/23  2:37

投稿者:キハ181つばさ
ホビぽっぽ様
私もなんですが、ここ数年、週5日働くのがすごく疲れてしまって、土日はグッタリした感じなんです。なので、撮影も土曜日に勢いで出て日曜はゆっくり休みたいなんて、かなり身体が甘えてしまているようですね。
そんな疲れ突いて風邪とかひいちゃうのかも。今回は救急搬送が原因だったと思いますけど。
私も50目前にして、あと10年、いや15年も働けるんだろうかと思っちゃいます。

2013/11/18  23:53

投稿者:企画の鈴木でございます。
こんにちは。
とても大変なことになっていたんですね。
そのうち、一階にフラッと遊びに行きたいと思います。

2013/11/18  21:43

投稿者:宮オオ
こんばんは。
私の父は病気のため、去る8月にこの世の務めを卒えて天国へ旅立ちましたけど、少し前から父は体調を崩してたものの、まさかこんなに早く天国へ旅立つなんて信じられなかったが、父が手本を見せてくれたお陰で私たち家族もカラダに関する些細な事まで気をつけなければならないなと、父の死を通して認識を深める事となった次第であります。
幸い私は大きな病気を罹患する事なく今に至ってはいるものの、イザという時の総合医療保険に父の死を機に加入したりして万一の為に備えてます。
つばささんも本当に大変でしょうが、またもとの元気なつばささんとなるよう回復できる様に祈る次第であります。
それでは、私はこの辺で失礼します。

2013/11/18  15:16

投稿者:ホビぽっぽ
体の不調だけは何ともしがたいものです。
健康であってこその趣味でもありますので、時には休養の時間も必要です。

私も間もなく50歳、ここまでくると病院に行かないにしても休養のサイクルが短くなってきています。
無理が効かなくなってきたな、と感じています。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ