鉄道コム

2014/1/20  20:22

PEアルプスへ逢いに:富士山見えた!  写真撮影
こんばんわ。

前回からの続きです。

※撮影は、平成26年1月18日です。

115系は、富士急線内も各駅に停車します。
撮影地の資料を一切持っていかなかったので、事前に見た地図情報(頭の中)を頼りに三つ峠駅で下車。フジサン特急の折り返し時間までそれほど時間がない筈なので、トイレにも寄らずに急いで国道を富士山方向へ。
これが大変でした。とにかく、登り一歩の道なので、まるでEF63のごとく、ひたすら登り道を歩きます。道路には雪も積り、歩道も整備されていないので歩きづらい。道路も段々混んできている感じです。

想像よりも意外と距離があり、なんとなく目標となっている風景が近付いてきたのですが、道路からは段々と離れて行ってます。そろそろ曲がる必要がありそうですが、行く先が曲がっていたり集落に隠れたり。どこを通ったら良いのかも全然わかりません。この時点では富士山も見えないですし。

えぇい、ここで曲がってしまえ!

えぇい、ここも曲がってしまえ!

すると家並みのその先に5〜6人の撮影者が見えました。勘が当たりホッとしたのも束の間、踏切が鳴り出す。みんな構えたので、これはフジサン特急に違いない。
しかし、車内で撮ったまま標準系のレンズ付けっ放しだし・・・雪の道を小走りしながら、レンズを交換しながら、絞り優先をしゃったスピード優先に変えながら・・・タイフォンが鳴り、もう視界に入っているし、シャッタータイミングも奥だし・・・構図を合わせてる暇もありませんでした。


クリックすると元のサイズで表示します
フジサン特急

焦点距離も構図も合わせる間がありませんでした。置きピンのみで精一杯。
でも、下り坂でスピードが遅いため、なんとかセーフという感じ。
シャッターを切り終わってから息切れがしました。

この後は、少し間隔を置きながら名物列車がやって来ますので、腰を据えて・・・と行きたいところですが、トイレ行きたくなってきた。でも、コンビニとかないし。駅まで戻るのには遠いし。


クリックすると元のサイズで表示します
5001編成 トーマスランド


クリックすると元のサイズで表示します
6000形

構図を変えてみながら。手前の倉庫みたいなのが非常に雰囲気崩しているんですよね。せめてこれがなければ。

この後、登山電車と「ホリデー快速富士山」が交錯するようなのですが、富士山駅時点の時刻表しか持っていないので、順番が判りません。この時刻表が推測するに、どうも登山電車が来ないのがおかしい。ダイヤ乱れか?
危険と判断し、富士山構図を諦めて反対方向へ。太陽が真横なようで、どっちに行っても正面に陽が回らないのがもったいない。


クリックすると元のサイズで表示します
1205 登山電車

あらら、やっぱり登山電車が先に来ちゃった。構図悪いので後追いで。


クリックすると元のサイズで表示します
189系 「ホリデー快速富士山」

三つ峠駅で交換。
いやぁ〜、この路線では6両編成もめちゃくちゃ長く感じますね。3コマ目でギリギリ尻が入ってました。
ところで、「ホリデー快速富士山」に名前が変わって初撮影なんですが、まさか富士急線内で撮ることになるとは思いませんでした。


ここでイベント切れとなるため、急いで撤収。トイレ行きたい。
ここからは寿駅の方が近いと思い、トイレ目指して急ぎ足。でも、これがまたずっと登り坂なんですよね。しかも、三つ峠駅よりも距離があったようで、かなりの時間歩きました。
20分強くらい歩いたでしょうか、やっと着いた寿駅は無人くん。しかも駅舎なし。もちろんトイレなし・・・
次の電車まで8分くらいか。その辺でしてしまおうにも、電車の時間が近づいてきて、客があちらこちらから集まって来るし。
もう我慢するしかない・・・

ってことで、部品取り車のクモハ169を撮るため、富士吉田駅改め富士山駅へと移動します。

時間切れ続く。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ