鉄道コム

2007/8/9  1:03

ローカルな風景 第25回 (国鉄大隅線:キハ25)  ローカルな風景
昨日は思わぬ残業で、帰ってきたのが23時過ぎてしまいました。本当はもう1本アップしたかったのですが・・・。

今日はローカルシリーズの第25回目で、国鉄「大隅線」をお届けいたします。
国鉄「大隅線」は、昭和47年に日豊本線「国分」から「志布志」を結ぶ路線として開業しました。私は全線乗ったわけではないのですが、鹿児島湾と桜島を望む風光明媚な路線でありました。

私が訪れたのは昭和57年、国鉄職員の正職員になって初めて全国パスを交付してもらえる資格を得た直後でした。しかし、同年10月に資格を得て、直ぐに全国パスが廃止されてしまったので、先輩とこの九州旅行に来たのが最初で最後の全国パスの使用でした。

短い期間で九州をほぼ1週したため、ローカル線をゆっくり撮影する暇もなく、鹿児島からフェリーで桜島へ抜け、桜島の付け根にある「垂水」という駅から、小倉へ向かうべく国分までと、乗車したのはわずかな区間だけでした。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年11月25日 大隅線 垂水駅にて キハ257+キハ47?

このとき乗ったのは、タラコ色のキハ20系と40系の2両編成でした。
正直このタラコ色というのは好きになれず、このころあまり写真を撮りたがらなかったのですが、折りしも「国鉄解体」「赤字ローカル線の切捨て」の声がかなり大きくなっていた頃でしたので、2度と訪れることも無いと予測して写真を撮っておきました。バス窓の初期車でしたし、もうチョットキハ20系らしい写真を撮っておけば良かったと後悔しています。

クリックすると元のサイズで表示します
同上 キハ25 7 のナンバーとサボ

この頃からローカル線はこのような写真を撮るようにしていました。駅名標などが丁度入る場所にないと、何線だったかも判らなくなってしまうので、記録用としての最後の手段でした。特に、当時でも相当貴重となってきたキハ20系でしたので、バス窓と初期ナンバーは垂涎ものでした。

記録によれば、同「大隅線」はその後の経営改善も見られず、奇しくも私が国鉄を去ることになった昭和62年3月31日をもって廃線となりました。
0

2012/3/10  14:35

投稿者:キハ181つばさ
宮オオ様
以前、テレビでもやっていましたが、九州の住民はJRを使わないそうです。基本はクルマ。だから列車に個性を付けることにより、観光に来て乗ってもらいたい、と言う意図で凝った車両ばかり造っているということらしいです。
新幹線も旅行中心に使われる路線であり、九州内の乗車率は?らしいですからね。地元住民が鉄道の存続に対し理解を示さないと言う風潮が地方では当たり前のようであり、存続の責任も地元に有り。痛感しております。

2012/3/9  20:15

投稿者:宮オオ
こんばんは。
鹿児島県下というと、かつては山野線・宮之城線・志布志線そして写真の大隅線といったローカル線がありましたけど、その何れも特定地方交通線に指定されたうえに廃止(全てバス転換)され、さらに近年になるといわゆる平成の大合併により、これらの路線が走ってた沿線自治体の多くが合併されてしまうなど、過疎化がとても著しいのが現状です。
昨年の新幹線全通により福岡・中国方面へもダイレクトに往ける様になり、利便性が向上した反面、人口流出に対し更なる拍車になるのではないかと心配であります。
あの鹿児島線でさえも新幹線の新八代〜鹿児島中央(開業により西鹿児島から改称)間開業のさい、八代〜川内(せんだい)間は肥薩おれんじ鉄道という3セク化されてしまう位だから、鉄道に関しては半ば陸の孤島化されつつある鹿児島県、こんごどうなってゆくかが注目であります。
それでは、この辺で私は失礼します。

2008/9/20  19:11

投稿者:キハ181つばさ
シービー様
これはプラ製のサボですからね。汚れやすいんですよ。
このときは九州をほぼ1周回りましたが、旧客とか気動車編成に至るまで、殆どプラ製のサボが使われていたような記憶があります。
製造費の安さ、移動の軽さなどの利点があったのでしょうね。盗難も多かったと思いますよ。

2008/9/20  18:25

投稿者:シービー
このサボもなにか薄汚れていて、大隈線の経営状況を現しているようですね。
ドア脇に手すりが付いてるなんてのも、過去の物語ですね。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ