鉄道コム

2014/12/11  2:31

訃報:元与野駅長  
こんばんわ。

この時期になると、「新年のご挨拶を控えさせていただきます」ハガキが沢山届きます。
大概は私の同僚や女房の友人のご両親、娘の友人関係の祖父母と言ったところですが、中には私よりも随分年齢が下である旦那さんを亡くされたという衝撃のお知らせもありました。

自分も歳を取り、過去の上司や先輩方もご高齢になられている方が多くなってきましたので、今ではお会いする機会もなく、年賀状だけが唯一のパイプとなっている方も多くなりました。

一昨日、帰宅しましたらまた1通のハガキが届いており、元与野駅長であったSさんが亡くなったという知らせでした。85歳ということです。

世の国鉄批判が充満し、職場においては管理職と組合が敵対しているのが当たり前でしたが、与野駅に関しては国労・鉄労が混在して居づらい中、管理職とは仲良くできていました。そんなこともあって、当時の駅長であったSさんを始め、仲の良かった助役とも未だに年賀状を交わしております。いや、私が出しているからお付き合いいただいているという状況かもしれません。

Sさんとは確か1年くらいしかいっしょに働いていなかったと思います。与野駅を最後に退職されたと思っていました。今からちょうど30年前ですので、55歳で退職していたのかな?と今更思い起こします。当時は15歳で入社して68歳まで働いていた職員もいましたので、定年が無かったかも。管理職だし、混乱のご時世だったから早期に退職していたのかもしれません。

退職したらまず会うことは無い大きな組織でしたが、Sさんの実家のお墓が蕨にあるらしく、Sさんが退職後、偶然にも蕨駅で2〜3度お会いしたことがあったのです。それでも、私が国鉄を退職してからは日中に蕨駅をうろつくようなこともなくなりましたので、もう25年以上はお会いしていないと思います。

今年の年賀状を頂いた時までは、今までと変わらないお元気な字でした。今回はおそらく年賀状から私の宛所を探していただき、奥様がお知らせくださったのではないかと思います。

本当に短い時間ではありましたが、国労組合員でありながら分け隔てなく若き日の私の面倒を見てくださったことに感謝し、ご冥福をお祈りいたします。

クリックすると元のサイズで表示します


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ