鉄道コム

2016/5/22  23:13

千代田線6001編成が廃車  列車・車輌カタログ(私鉄)
こんばんわ。

電車の中で他所様のブログを拝見していたら、東京メトロ千代田線の6001編成がとうとう廃車になってしまったようです。
鉄道ファンニュースにも掲載されていましたが、今回は解体では無く、輸出譲渡になるようです。

もう40歳を越えているのかな?この歳でまだ働けるというのは日本の誇りでもあります。
末永く頑張ってもらいたいものです。


クリックすると元のサイズで表示します
平成20年4月12日 千代田線 6001編成 金町駅

もしかしたら何度か乗ったことがあるのかもしれませんが、記憶は全く無く。
写真を撮ったのも偶然にこの1回だけでした。

0

2016/5/28  21:28

投稿者:キハ181つばさ
宮オオ様
近年は運用サイトがあって追うのが容易になりましたが、時既に
遅く、もう追うようなものがなくなってしまうと、意欲も一気に
なくなってしまいます。外国で活躍を、と言っても、わざわざ追
っかけて行く気にはなれませんしね。

2016/5/28  21:22

投稿者:キハ181つばさ
金町のH様
地元ってやっぱりそうなっちゃうんですよね。東京在住で東京タ
ワーとか浅草行かないとか。私も京浜の205や埼京線の103
,総武線にしては101系以外に全然撮っていなかったですから
。稀少種の多かった常磐緩行線もいよいよ寂しくなってしまいま
したね。

2016/5/28  21:03

投稿者:キハ181つばさ
ホビぽっぽ様
本来であれば真っ先に廃車になってしまうであろう編成ですが、
同社はパイオニアに対する思い入れが強いように思いますね。日
比谷線のクジラ買い戻しなんかもしましたし。
昔の地下鉄は地下中心の考え方でしたから、ドア窓も窓も小さか
ったですね。後期車は時代が変わって窓も大きくなりましたが、
前期車の改造車を初めて見たときは気持ち悪いな、と思ったもの
です。

2016/5/24  9:20

投稿者:宮オオ
おはようございます。
昭和44年に6両が第二次試作車として登場し、のちに
は4両を組み入れて記念すべき第一編成となった写真の
車両ですが、海外へ譲渡の報を聞いて末長い活躍ができ
る様に唯々祈る次第です。

しかしながら、千代田線に乗る機会が少なく、レアの中
のレア車両だったのにチャンスに出会えず、とうとうさ
いごを迎えてしまったのには、ホント悔いが残ってしま
いました。

それでは、私はこの辺にて失礼します。

2016/5/23  20:37

投稿者:金町のH
そうですか、ついに…。
毎日のようにお世話になっていたので、空虚感にさいなまれてます。6000系も気合いを入れて撮ろうと思っていた矢先だけになおさらです。私は身近にありながらまともな走行を撮っていないので、悔やまれて仕方がありません。最後の乗車は4月27日でした。
つばささま、貴重な情報をありがとうございました。

2016/5/23  8:46

投稿者:ホビぽっぽ
えっ?まだ生きてたんだ  というのが私も本音です。
小学生の時に配られた「地下鉄のはなし」という折りたたみパンフレットに新車で載っていました。
当時この“片目顔”はショッキングなぐらい斬新なデザインでしたが、今でも十分に通用するのは素晴らしいものです。
耐用寿命もリサイクル廃車を前提としていないので長寿ですね。
ただ初期車は窓が小さく、地上区間では護送車のような重さを感じました。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ