鉄道コム

2007/8/27  9:15

EF65 500番台 「出雲」  ブルートレイン:機関車・客車
こんばんわ。

今日はまた東京発着のブルトレシリーズで、EF65500番台牽引の「出雲」をご紹介したいと思います。

当初、東京から唯一の山陰方面への直通列車として誕生した「出雲」ですが、昭和47年までは急行列車として設定されており、同改正で特急に格上げされています。
特急になった当初は20系寝台客車の使用で、電源車・1〜7号車までの基本編成が東京〜浜田間、付属編成の8〜11号車までが途中の出雲市止まりとなっていました。

牽引機は、東京〜京都が当初からEF65500番台、山陰本線内はかの有名なDD54が担当していました。しかし、DD54は故障が多かったため、直ぐにDD51に変わっています。

今日ご紹介いたします写真は、EF65500番台末期の頃のものです。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和50年頃 東京駅にて 発車を待つEF65527牽引「出雲」

ポケットカメラでの撮影なので、構図・画像とも大荒れでスミマセン。
多分、鉄道写真を始めて最初に見た「出雲」です。他では白や青を基調としたヘッドマークデザインが多い中で、鮮やかな赤をベースとしたヘッドマークが非常にカッコよく感じられました。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和52年頃 東京機関区にて 夕方までお昼寝中のEF65507「出雲」

東海道線か横須賀線電車の車内から覗いて撮った写真です。この位置にヘッドマーク付きの機関車が停まっていることは珍しかったと思います。しかも、早朝着夜間発の「出雲」は子供の頃にはGETし難い列車でしたので、非常にラッキーでした。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和53年9月 東京駅にて 機回し中11番線に停車中のEF65512「出雲」

東京駅に到着し、品川客車区へ回送のために機回し中のEF65512。
通常、東京着のカマが機回しを行う際、この方向ではヘッドマークが反対サイドについているのですが、この「出雲」だけは、東京〜京都〜東京と即時で折り返してくる運用だったため、常に前後にヘッドマークを付けていました。よって、本運用でも回送でも普通に撮影できた唯一の特急でした。


昭和53年10月の改正より、特急「いなば」の運転区間延長により誕生した2往復目の「出雲」がありますが、前身となる急行「銀河1号・紀伊」からの流れにより終始宮原機関区のEF58がその運用に当たっていたため、EF65500番台が運用を担当したのは1往復のみでした。
2

2008/10/19  16:32

投稿者:キハ181つばさ
シービー様
出雲といっても雲を強調する必要は無かったと思いますが、東京発着のブルトレの中では唯一ユーモラスなマークでしたね。赤基調も唯一でしたので、目立っていたと思います。
「いなば」のヘッドマークがあったらどんなイラストになったでしょう。うさぎでも登場しましたかね。

2008/10/19  12:02

投稿者:シービー
出雲、このHMのデザインもよくわからなかったでした。出雲という雲の種類かと思ってましたから。
私は残念ながらカラーで撮ってないので、この赤いHMの写真は持ってません。全て白黒なんです。といっても1〜2枚くらいしかありませんが。

2007/8/27  23:58

投稿者:キハ181つばさ
Swallow Angel様
笑いのセンス良過ぎですよ。思わず笑っちゃいました。(世代差があるかもしれないけど・・・)
昭和50年4月号の時刻表では東京着7時ジャストになってますね。ダイヤ改正で微妙には変わっていると思いますけど。
この「出雲」だと根府川辺りで撮影するのは至難の業だったでしょうね。我が家からじゃ初電に乗っても間に合わなかったと思います。
なので、「瀬戸」もそうなのですが、他の列車に比べて写真が極端に少ないです。
・・・私も小5くらいまでは「でぐも」だったような気がします。○丁乙

2007/8/27  23:50

投稿者:キハ181つばさ
sts98様
わざわざ私のブログまでコメントいただきましてありがとうございます。
現在は4つドアとか3つドアとか言っても区別が付かなくなってきていますから、もう若い世代の方から見れば「死語」化しているかもしれませんね。
若干補足させていただきますと、京浜東北や中央快速、山手線など、電車が来るときに「まもなく○○番線に電車が参ります・・・」と放送されますが、本線系の路線では「まもなく○○番線に列車が参ります・・・」といっているので、使い分けがある程度解ると思います。
他にも「電車や気動車も客車」なのに、何で機関車に牽かれる客車はただの「客車」と呼ばれるのかなど、鉄道用語は歴史的経緯が非常に長く、使い分けも複雑になっていますので、研究してみるのも面白いと思います。
様々な方面から鉄道に接することによって、趣味の幅が拡がります。一層楽しく鉄しましょう!

2007/8/27  20:28

投稿者:Swallow Angel
出雲は東京着7:05じゃなかったでしたっけ?
ブルトレラッシュのトップバッターだけに写真に撮るには決死の覚悟が必要だったことを思い出します。
赤いヘッドマークに一晩走り続けた証の「虫べっとり」…
眠い目をこすりながら朝の爽やかな空気の中でのカメラ小僧の砲列…
出来上がった写真を学校に持っていくと友達の
「おぉ!かっこいいじゃん、でぐも!」
という一言

………

2007/8/27  9:10

投稿者:sts98
ご説明、ありがとうございました。大変よくわかりました。

http://blog.so-net.ne.jp/hobby-diog/

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ