鉄道コム

2017/1/9  23:53

マウントアダプター:Kマウント→キャノンFD  
こんばんわ。

せっかくの3連休、半分は雨になってしまいました。
天気が良ければ東武とか京急とか西武とか、ちょっと私鉄の写真でも撮りに行こうかと思っていたんですけど。
今年は祝日が土曜日に重なっている日が多く、3連休が少ないんですよね。有給の出番が多くなりそうです。昨年は大部分を病気治療ばかりで使ってしまったので、今年は趣味に活かせる有給としたいものです。

前記事で謎な前振りをしてしまいましたが、その答えを。


クリックすると元のサイズで表示します

先に種明かしとなってしまいますが、これです。
なつかしのキャノンFDレンズをペンタックスKマウントボディに付けてしまおうというマウントアダプターです。
年末、たまたま楽天の広告に表示されていたのを見つけました。値段はそこそこですが、このところ模型やカメラ機材等に出費していなかったので、全部ポイントで出費0円でした。
年末に発注したんですが、お店が休みで商品がなかなか到着せず、1月5日になってやっと手元にきました。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

本番前にFD200mm F2.8に取り付けて試し撮り。
連動ピンは一切つながりませんので、絞り優先AEかマニュアル露出の撮影となります。
また、絞り信号も、昔の一眼のようなスプリット・プリズムのような距離計もありませんので、見づらいファインダー内で一番見えたような気がするところでピントを固定し、絞りを希望値へセットして撮るしかありません。そういう意味では、昔の完全マニュアル機よりも不便な撮影方法となっていまいます。
撮影条件にもよると思いますが、開放F値の明るい望遠レンズでは、ズームレンズでは得難いボケ味が得られ、拡大してもやはりシャープに見えます。

そして本番ですが、夕刻の「カシオペア」にはまだまだ厳しい明るさ。
さらに開放値の明るいNewFD85mmF1.8を引っ張り出してみました。


クリックすると元のサイズで表示します

1発目の試し撮りをしたら、全然ピンが来ませんでした。
写真は2発目ですけど、なんか写りが変です。


クリックすると元のサイズで表示します

「カシオペア」が走る本線下りにピンを持って行ったところ、まったくピントが当たりません。
元々暗くなってきているので、目が悪い私にはピントがピッタリ来ているのかが殆ど区別できていないようです。


クリックすると元のサイズで表示します

もしかしてフランジバックのズレ・相性が悪くてダメなのかも・・・と思って近くの柵を撮ってみたのですが、ものすごくピンが来るし、ペンタックスのズームレンズでは再現できないような描写をしました。だとすると、機能的な問題は無いのかもしれない。


クリックすると元のサイズで表示します

レンズによっては無限遠での合いが悪い場合もあるので安直には∞印を使わないのですが、今回はピント合わせをせずに∞へ。すると、開放値がF1.8と明るいこと、キャノンの85mmの最大の持ち味でもあるピンの浅さの影響で、ピッタリ合わないとボケた絵になってしまうことが見えてきました。
正面から外れたサイドのラッピングにピンが来ているのが判ります。


クリックすると元のサイズで表示します

本線上り列車が来たのでまた∞遠で撮影。さすがにこの距離になるとピンが合うようでした。


クリックすると元のサイズで表示します

そして昨日撮影した「カシオペア紀行」ですが、拡大して見るとなんとかピンは来ているようです。それでも写りが悪いのは、ISO1600にまで増感しているからでしょう。
それとちょっと気になったのが発色です。補正前はかなり青味が強く出てしまったので、もしかしたら相性の問題があるかもしれません。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

昔の写真と今の写真を比べて一番気に入らないのが歪曲収差なんです。
昔から写真を撮っている方なら分かってもらえると思いますが、昔は単体レンズがメインであり、ズームレンズは値段が高価な割に重たく、開放F値が暗く、画質も収差も良くないというのが当たり前でした。ですから、ズームレンズを買うくらいなら単体レンズを3本持って歩く、と言うのが普通だったんですよね。
今ではズームレンズは軽く・安く手に入るという便利さで使用していますが、開放F値はISOの調整でどうにかなるとして、この歪曲収差だけはどうにもならないんです。昔より技術が進歩しているにもかかわらず、これだけは全く進歩していませんね。収差補正機能なんて言うのもありますが、あれはあくまでも誤魔化しているだけですから。

参考写真で判るように、見本写真は画面中央部に近いビームですが、これだけ湾曲してしまいます。これが上端に近づくほど極端に湾曲。こういう写真を見ると、どうしても志気が下がってしまうんです。だから単体が良い。しかし、今では単体レンズの方がバカ高い。当たり前、売れないからコストが高くなってしまう。

しかし、我が家にはキャノンFDとマミヤ645のレンズが計20本近くあります。殆どが単体レンズ。これらはデジタル化してから完全に高価なゴミになっています。
しかし、こうしたアイテムによって、多少の不便は伴いますが、また活躍する機会が生まれます。
機動性が無くなってしまうので多用はできないと思いますが、せっかく生まれてきた命、無駄にしないで全うさせてあげたい。
また機会があればその成果をこちらでご案内したいと思います。

金町のH様
見事な着眼点でした。
固定焦点だから、いつものように都合の良い構図が取れなかったんです。
トリミングで対応可能ですが、それをしないことによって、昔のプリント時代の厳しさが再現されたような思いです。

1

2017/1/15  22:40

投稿者:キハ181つばさ
line様
K-Xのときに収差補正を使ったことがありますが、不自然に歪んだり画像が荒れるので使わないことにしています。
LVは三脚置きピンならいいですが、地元ではがーぞレールに登って撮る不安定なポジションなので、その都度LVは使えないんですよね。しかもメチャクチャバッテリーを消耗するので、やはり機敏な撮影には不向きです。

2017/1/15  22:31

投稿者:キハ181つばさ
金町のH様
自分の若き日に活躍したレンズがまた使えるのはうれしいですね。あとは慣れることができるかどうかですね。

2017/1/12  18:18

投稿者:line
ペンタボディ内のレンズ収差補正をONにしてますか?
正確なピントが必要な場合はLVで拡大すればわかりやすい
ですよ。

https://www.instagram.com/tanaka.yutaka/

2017/1/11  19:34

投稿者:金町のH
キヤノンFDは私も何本か持っています。完全マニュアルながら使えるのは嬉しいですね。いろいろ試してみてください!

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ