鉄道コム

2017/1/30  1:08

【緊急企画】 はしご車L1に乗る  その他乗り物写真館
こんばんわ。

日付変わって昨日、防災大学校の中級編第4回目に行ってきました。
今回は災害時に役に立つロープの結び方の実践や、けが人・動けない人などを搬送する方法を学びました。
防災の手引きにはこれらの方法・解説が載っていますが、実践で体験することってなかなか機会がありませんから、こうした学習は必要だな、と改めて思いました。

それにしても、回を追うごとに女性の割合が高くなり、今回の参加者は大半が女性ばかりでした。しかも年齢層がかなり高く、実際に災害が起きた時に活躍して欲しい若手がいないのがちょっと厳しいなと思います。

これらの講習だけでも休憩なしの2時間があっという間に過ぎ、最後の1時間はスタンドパイプの実践使用とはしご車の搭乗体験でした。これは事前に告知されていなかったので、かなり驚いてしまいました。


クリックすると元のサイズで表示します

ここでは度々登場していますが、蕨市消防本部のはしご車で、かつてトラコレシークレットのプロトタイプとして全国区になった?L1です。
蕨消防署にはこのはしご車と屈折式はしご車の2台がありますが、今回ははしご長の高さが30mあるL1の登場となりました。ワクワクです。


クリックすると元のサイズで表示します

私は5番目だったかな。
敷地内で写真のような高さから乗り込み、はしごを上げながら同時に伸びてゆきますので、意外と早いです。
落下物の危険から守るため、車庫の中での待機となってしまい、上に登っていった方たちの姿は見えません。


クリックすると元のサイズで表示します

ゴンドラには隊員の方1名と、それ以外には2人しか乗れません。全員が搭乗希望となったため、テンポ良く昇り降りまします。なので、モタモタしていると写真を撮るタイミングを逸してしまいます。
この写真もシャッターを押す時には既に昇り始めています。


クリックすると元のサイズで表示します

スカイツリーが見えたというので目を凝らしてみたのですが、乱視なので全然わかりません。
それらしい方向でシャッターを切っておきましたが、拡大して「これかな?」と想像するくらいしか判別できませんでした。みんなどんな目をしているんだ?


クリックすると元のサイズで表示します

こちらはやや西側に振って真ん中あたりが新宿方向だと思います。
肉眼ではビル群が見えた筈なんですが、広角で撮ったせいか写真では殆ど判りませんね。
風が殆どないためか、夕方の排ガスも相まってクリアではありませんでした。


クリックすると元のサイズで表示します

眼下は国道17号線。
大体ビルの10階建ての高さぐらいのようです。


クリックすると元のサイズで表示します

最上高で止まっていたのは1分弱くらいですかね。あっという間に終わりです。
もっとゆっくり景色を見たかった。時間があれば望遠で撮ったりできたんですけど、とにかくそんな余裕はありませんでした。
降り始めにはしご車本体を上から。写真では表現し難いパースペクティブです。


クリックすると元のサイズで表示します

はしご車搭乗体験は終わり、残った時間でスタンドパイプの使用法説明です。
これは道路にある消火栓を透明化したもの。もちろん、実際に導水できます。


クリックすると元のサイズで表示します

こちらがスタンドパイプのセット。
スタンドパイプ、ホース、消火栓を捻る道具などが一式セットされています。


クリックすると元のサイズで表示します

各町会に1組ずつ配置される予定ですが、今年度は抽選に外れてしまいました。
今年度の災害訓練で説明を行いましたが、私は触れませんでしたが、今回の講習では全員がセッティングを実際に体験することができました。

この後、実際に放水を体験することもできました。
普通の訓練では水を出すことができないので、あくまでも形だけの説明しか行われないのですが、そこは設備の整っている消防署ですから、私ら素人でも実際にノズルを使って放水そのものも体験することができました。

災害時には消防車を待っている余裕などありませんから、我々町会自治が初期消火を担わざる得ない状況が十分に考えられます。
いくら道具があっても、使えるか使えないかでその後の被害の大きさが左右されることにもなりますので、実践の訓練が大切だとつくづく思います。

今回の訓練は非常に有意義であり、貴重な体験となりました。

0

2017/2/4  23:27

投稿者:キハ181つばさ
tgv844様
消防車の音がいくつも聞こえ、雲の無い空に一辺だけ長い太い雲があると思ったら、どうも火事の煙のようでした。既に数キロの長さで流れていたので、かなりの規模の火災と思いました。結果的には一軒家みたいでしたけどね。
一軒だけの火災でも、木造密集地帯では延焼が起きやすく、風があればなおのことです。糸魚川の場合は地形の影響による条件などもあり、全てあのようになるとも思えませんが、震災による倒壊となると複数個所からの発火も考えられるし、道路も通れなくなったりと、一個人では成す術もありませんね。

2017/2/3  13:45

投稿者:tgv844
こんにちは。
昨日蕨市内で火災があり鎮火まで4時間半かかったとのことですが、条件次第だとつくづく思います。

私自身古くて雑然とした飲み屋街は好きですが、実際に川崎溝の口で起きた飲食街火災ではクルマが入る余地などありませんでした。

今は武蔵小山で再開発が進んでいますが、平屋の焼き鳥屋が41階建てのビルに入っても応援していこうと思います。

2017/2/2  1:58

投稿者:キハ181つばさ
ホビぽっぽ様
ゴンドラはスペースが狭いうえに揺れますので、ただ載って景色を見るだけなら良いですが、乗り降りの作業が必要なケースではすごく怖いでしょうね。命綱有りきでの安全保証であり、本職だからこそ安全確認は徹底しています。事故が起きないためには妥協しない厳しい訓練が必要なのが分かります。
女性は頭脳的に男性と対等と言えますが、やはり体力的な部分が問題ですね。持ち上げる力と言うのは結構あったりするんですが、先般実施した心肺蘇生の訓練では、心臓マッサージ(胸骨圧迫)がきちんとできる人は皆無でした。多分、体重の軽さやコツのつかみ方が男性とは違った影響が出てしまうんではないでしょうか。

2017/1/30  16:29

投稿者:ホビぽっぽ
私は仕事で時々高所作業車に乗るのですが、さすがに20m超の機械で最大高まで伸ばすと怖さを感じます。(大丈夫とわかっていても風の影響があったりするので)

ご婦人が多かった訓練、とはいえたとえば日中に市街地でコトが起きてしまえば男性の多くは不在でしょうから知っておいてもらうだけでも有効だと思います。
設備はあっても使えない、教わったけど忘れた となると意味が薄れてしまうので日ごろの訓練は大事ですね。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ