鉄道コム

2017/11/12  2:07

尾久セ ふれあい鉄道フェスティバル2017(ジョイフルトレイン編)   写真撮影
こんばんわ。

尾久車両センター公開(ふれあい鉄道フェスティバル)の続きです。

JR発足30周年ということで、今回のフェスは結構気合いが入っているみたいです。
例年、ジョイフルトレインは1編成が選抜される感じでしたが、今回はなんと3編成も呼ばれています。なかなか地方に撮影に行く機会もありませんので、自分的にも貴重な機会となりました。


※撮影は、平成29年11月11日です。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

まずは新潟地区で活躍する40系気動車「越乃Shu*Kura」です。
ガラス張りの面積が大きいので、下からでも車内の様子が良く見えます。
こういう車両も乗って楽しみたいところですが、酒飲みではないので機会はなさそうです。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2編成目は小海線のジョイフルトレイン「HIGH RAIL1375」。
今年は町会の合宿で小海線の沿線に行ったのですが、自分の車ではなかったので自由が利かず、会うことができませんでした。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

3編成目は東北宮城地区で活躍する「POKĒMON with YOU トレイン」です。
3編成の中でも一番撮影機会のなさそうなシチュエーションです。
まあ、ピカチューは好きなんですけど、わざわざこれを撮りに行くことも乗りに行くこともなさそう。

いずれもついででもない限り撮影・乗車機会がなさそうで、記録出来てよかったです。

今回の展示では撮影用に仕切りがなかったり、見学用の乗降台が鬱陶しかったりとかありましたが、今までのように検修庫に編成を突っ込んだりせずに編成が見えるようにしてあり、レールスターなどの乗り物を排除したために撮影者の滞留や移動の遅滞がなかったため、かなりスムーズに撮りながらの異動ができました。

グリーンユニホームが多くてキレイな編成写真にはなりませんでしたが、あくまでも展示イベントという妥協を前提とすれば、今までの中でも一番良い展示方法だったように思います。

来年は記念イベントにはならなくなってしまいますが、今回はこれら3編成の登場のお蔭で、自分的にも結構楽しめました。

次は機関車編ですかね。
今日は法事があるので、夜のアップになると思います。


1

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ