鉄道コム

2018/3/21  22:26

国際興業バス:キュービック全廃  バスの写真館
こんばんわ。

鉄道ネタではないのですが、国際興業バスで復刻塗装を施して最後まで残っていた飯能営業所のいすゞキュービックが、平成30年3月25日の営業運転を最後に引退するというニュースが入りました。

国際興業バス キュービック 運行終了


クリックすると元のサイズで表示します
平成19年3月14日 蕨駅西口にて 国際興業バス いすゞキュービック 7650

我が地元から消えて久しいいすゞキュービックですが、規制の緩い最後の牙城で残っていた最後の1台が引退するそうです。
バスに興味をもって、最初に形式を区別できたのがこのいすゞキュービックで、それはこの特徴のあるフロントからであることに他なりません。

まだ地方では活躍している車両だとおもいますが、子供の頃から親しみのあった塗装のこの形式が居なくなるのはやはり寂しいものです。
この復刻塗装が案内されたころはいずれ撮影に行ってみようと思ったのですが、バスに対する情熱も薄らいでしまい、この時を迎えることになってしまいました。

1

2018/3/26  1:47

投稿者:キハ181つばさ
宮オオ様
私もこのリバイバル色が出たときは注目していたのですが、町会の仕事で負担が増えたこともあり、もうすっかり忘れていました。
もっともこのリバイバル色はまったく記憶にないので未練はありませんが、キュービックが全滅という意味では感慨深いものがあります。
関東バスの件は知りませんでしたね。ネガで撮った写真すら未だに未整理なので、死ぬ前になんとかしなきゃと思ってます。

2018/3/22  21:05

投稿者:宮オオ
こんばんは。
このバスは何年か前に私は飯能へ訪ねたさい、車庫で休んでたと
ころをデジカメで押さえた事があるものの、エルガの進出により
もうとっくにリタイアしてるだろう思ってたのに、まだ健在だっ
たとは正直いってビックリでした。

それはさておき、つばささんはご存じだと思いますが、都下・武
蔵野では関東バスに於いて、7Eの3ッ口ツーステバスの1台
が、動態保存(車検がパスできる限り)で活躍してるそうだし、
わざわざ遠くまで行かなくても色々と調べれば、意外なトコで旧
いバスが走ってるかも知れないから、機会あったら乗ってみたい
モノであります。

以上をもちまして、失礼します。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ