鉄道コム

2019/10/20  23:03

山手貨物線での違和感  
こんばんわ。

このところ体調が悪く、病院に行ったりで忙しくなり、仕事も溜まってしまいました。
金曜日、久し振りに21時過ぎまで残業し、新宿駅を出たのが22時少し前だったか。運良く埼京線の始発電車で座れたため、どっと疲れながらスマホを眺めていたのですが、池袋駅でドアが開くと、電気機関車の音が聞こえました。

ダイヤ改正の度に山手貨物線経由の貨物列車が削減され、今ではかなり減少しています。久し振りの時間帯と言え、こんな時間に貨物列車とすれ違うのも珍しい。何が牽かれているのかと思っていたら人垣の隙間から貨車が見え、タキ1000形を中心とするタンク車であることが判りました。

こんな時間にタンカー列車があったんだ・・・


台風19号の被災に関するニュースでは千曲川や阿武隈川などの河川氾濫に関するニュースばかりで知らなかったのですが、武蔵野貨物線で土砂崩れによる不通区間が発生していたようで。その関係で、一部の列車が山手貨物線経由の迂回を実施し、その中にタンカー列車も含まれているということが話題になっているようです。


クリックすると元のサイズで表示します

5年ほど前までは我が地元でも見られたタンカー列車でしたが、今ではたまに武蔵野線や東北本線へ撮影に行った時くらいしか見ることはなくなってしまいました。

迂回列車が何本あるのか、地元を通っているのかどうか全貌が分かりませんが、このように変化のある列車が地元で見ることが出来たらラッキーです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
2

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ