鉄道コム

2020/4/25  21:52

2020/04/25 185系 「ホームライナー小田原23号」  特急型電車(直流)
こんばんわ。

こんな世の中なんで、できるだけ残業などしたくない心境ではありますが、例年どおりの繁忙期のためにそうは言っていられない状況です。
新型コロナの影響により、他のセクションもテレワークなどで仕事は滞っている筈で、正常じゃないながらも大量の仕事が送られてきます。家に着くのは23時前後のため、趣味に興じる時間もありません。

先日、いつもより1時間ほど帰宅の途に就くことができたたため、いつもは見ることのできない「ホームライナー小田原」に出くわしました。
3月のダイヤ改正後、185系にグレードダウンしてからは初めての遭遇です。


※撮影は、令和2年4月23日、新宿駅にて。


クリックすると元のサイズで表示します
185系A6編成 「ホームライナー小田原23号」

251系の引退により、185系10両編成となった「ホームライナー小田原」。
21時過ぎのこの時間、通常であればホームは帰宅者でごった返し、ホームに立ち止まって写真など撮ることはまず不可能。精々、5番線に185系が停まっていることを目視することができるくらいでしょう。

通勤帰宅客の消えたマンモス駅も常時閑散としたホーム。本来、新宿始発が無ければ積み残しさえ出てしまうような混雑。今では新木場方面からの電車も7人座席に1人か2人座っていれば良いほうで、まるで早朝始発ぐらいに空いています。

こんな状況の中でも、使命をもって間引きせずに運転している鉄道関係者には頭が下がります。間引きすれば、それなりに混雑が復活してしまう可能性もありますから。

一般の普通列車がこのくらいの乗車率ですから、「ホームライナー小田原」なんて殆ど乗っている人はいないと思われます。利用者の方には申し訳ないですが、こんな状況ですから、運休しても良いのではないか?と思う次第です。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
1

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ