鉄道コム

2020/12/16  17:24

2020/12/16 また来ない宇都宮ホキ配給  
こんばんわ。

1か月振りに平日の休みを取りました。
昨日は大量の仕事が送られてきて、半日分以上の仕事を片付け切れずに終わってしまったので、明日・明後日は残業しなければならなそうです。憂鬱な休暇です。


でもせっかくの水曜休みなので、宇都宮ホキ配給を撮りに行ってみました・・・


※撮影は、令和2年12月16日です。


跨線橋へ行くと、既に保育園児の御一行様が。往ったり来たり、電車に手を振っています。
ぶつかると危ないので、一点集中でポイントの上で待機するものの、宇都宮ホキ配給が来ません。

初めは園児9人+保育士3人だったのですが、そこへ別の保育園児が5人合流。しかも後組は元気過ぎてメチャクチャうるさい。これじゃ近所のマンションでリモートワークしている人が居たらたまったもんじゃありませんね(笑)。


クリックすると元のサイズで表示します
E233系 京浜東北線 1067A

コロナ禍で運転手さんにとっても一服の清涼剤ですかね。
私も含め、コロナがどれだけ緊迫しようが、仕事を休めない人たちはたくさんいます。
仕事が減ってくれれば休暇も消化できますが、増える一方でなかなか消化ができません。


で、予定時間を5分経過しましたが、ホキ配給は現れず。本線普通列車の2本目が来たところ、さらに黄色い帽子を被った幼稚園児20名が合流。跨線橋は青空橋上保育・幼稚園状態に。

これ以上居てもなさそうなので、これら園児に追い出されるように現場を後にしました。

1か月前も同じような状況で、ホキ配給を2回連続撮ることができませんでした。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ