鉄道コム

2021/3/7  20:01

KATO タキ25000&タキ10600  マル鉄コレクション館
こんばんわ。


発売が1か月遅れ、先々週にやっと届いたKATOのタキ25000。

飯田線のED19やタキ10600と一緒に通販予約していたため、抱き合わせ購入のものと一気に届きました。
既報のとおりマイクロエースの崩壊品でパニクってしまい、やっと開封した次第。


クリックすると元のサイズで表示します
KATO タキ25000

今回は同型で日本石油輸送と日本陸運産業の2種類が発売されました。
さすがに今どきのグレードで、安心して見られますね。
あまりに長い車体のため、写真を撮るにも大変です。


クリックすると元のサイズで表示します
TOMIX VS KATO

こちらはついでネタですが、TOMIXの同型と比較になります。
写真では殆どわからないくらいですね。ふた昔も前のものと比較するのは酷な話ですが、意外とそれほどの差はない感じでしたね。強いて言えば、個体差かもしれませんがTOMIXの方は車輪の転がりが非常に良くないです。

それにしても、現役で入換をしていた時代に、こんな長い貨車を操っていたのかと思うと凄いことしていたな、と思ってしまいます。→大宮操車場での写真


そしてもう一つのネタはタキ106000。
現役時代は数えきれないほど添乗したタキですが、多分みんなタキ1900で、軽量タイプのタキ10600は乗ったことが無い筈。先般、ネガを見ていたらそれらしい写真があったのですが、プリントもしていないものなので未確認。いずれ機会があればご紹介したいと思います。

こちらも写真館の方でご紹介させていただきましたが、今回の2両セットの発売で、6年前に発売されていたセットと合わせると6両を組むことができるようになったため、奥羽本線での運用を再現できる感じですね。


クリックすると元のサイズで表示します

手元にEF71やED78がなかったので、しまい忘れていたKATOのED71を出してみました。本当はマイクロED71の1次型+2次型の重連で再現してみたかったのですが、既報のとおりの惨状で使うことができませんでした。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

東北のタキ10600は、磐越東線の大越〜奥羽本線の蔵王を結んでいたそうなので、牽引機として磐越東線ではDD51、東北本線ではED71やED75、奥羽本線ではEF71+ED78など、バリエーションがあって楽しそうです。また、奥羽本線の改軌工事後は仙山線経由でED78重連も存在していましたので、ここは飯田線に拘らない遊び方も良いですよね。


実物の写真と違い、模型で長い編成を上手く表現するのは本当に難しいですね。
あと、室内灯では暗くて、画像が荒れてしまいます。撮影用のレイアウトが欲しい・・。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
2

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ