鉄道コム

2007/10/7  1:40

401系・415系 常磐線 (赤電時代)  その他電車
今日は何にしようか迷ってしまい、更新が遅くなりました。
機関車ばかり続いているので、お口直しに電車にしたいと思います。

ある程度の年齢の方はご存知だと思いますが、昭和59年以前、常磐線における415系を含む中距離電車は交直流色のローズピンクで、地元の方からも「赤電」と呼ばれ親しまれてきました。

私個人的には、交直流色は大好きなのですが、ことこの常磐線中距離電車に関しては、ローズピンクの特に色褪せた色は、余りにも暗く地味で、そんなに好きな部類には入りませんでした。

したがって、この「赤電」時代の写真は非常に少ないのですが、何枚か撮影したものがあるのでアップしたいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和54年3月頃 上野駅にて 折り返し準備中のクハ401低窓車(再掲)

過去ログでもご紹介いたしました。401系登場時から活躍していた車輌です。地味な「赤電」群の中で唯一関心があったスタイルで、近郊型でありながら153系初期車と同じマスクを持った異端的なスタイルが好きでした。
後にシールドビーム化されたものや、遅くまで生き延びた初期車は新色になったものも存在しました。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和53年頃 上野駅にて 415系と115系の並び

今は無き上野駅19番線・20番線の並び写真です。20番線115系初期車は、おそらく東北本線の列車です。昭和57年頃までは、高崎線の列車が高架ホーム、東北本線の列車が地平ホームと、比較的うまく区別されていました。
115系は非冷房車ですが、415系はもちろん冷房車です。モノクロなのが残念ですが、古き良き時代の上野駅の雰囲気が伝わると思います。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年10月12日 常磐線 荒川沖〜土浦間にて 415系8連の普通列車

初めて本格的な常磐線の撮影に行ったときの写真です。当時の目的は、「ゆうづる」「みちのく」「ひたち」などの特急とEF80牽引の普通列車や貨物でしたので、415系など「赤電」は、この時代ですら撮影の対象になっていませんでした。


その後、昭和60年の科学技術博覧会(いわゆる「つくば万博」)の開催に合わせて、つい最近まで存在した白に青帯のおなじみの塗装に変更され、さらに7両編成の増備・組替により15連化も実施され、「赤電」は消滅することとなりました。


過去ログ 常磐線の415系新塗装車 → http://diary.jp.aol.com/marutetsu/246.html

0

2009/12/12  23:32

投稿者:キハ181つばさ
宮オオ様
「かわらご」ありましたね。夏休みの運転なので見ようと思えば機会もあった筈なのですが、残念ながら実物には1度も会ったことがありませんでした。そういわれると客車時代もあったような気がしますね。当時はそれほど貴重視していなかったですが、記録に残さなかったことには悔いが残りますね。

2009/12/12  12:43

投稿者:宮オオ
本日はこの記事をみて思い出したことがありましたので、お忙しいなか誠に遺憾ですが3回目のコメントいたします。
もう30年くらい前の一小学生時代だった私の夏休みのころですが、大栄橋付近を歩いてたとき(自転車だったかも?)、大宮では見かけないハズの写真の電車が停まってたのを見ましたけど、あとで知ったことですが海水浴臨電の「かわらご」=大宮〜間々田〜友部〜常陸多賀間を結んでた=だったそうです。
<なお、つくば博開催年の昭和60年はEF81+12系の客車列車でした。=RF1985.12月[296]号より=>
ふだん大宮で見かけない筈の電車がこの様にして出会うことは、まだ幼い子供心からすればさながら大事件の如しだったと思います。
本日はこの辺において失礼します。

2008/11/20  23:17

投稿者:キハ181つばさ
宮オオ様
その上野駅特集は持っていますよ。買い始めて間もない頃だったかな?
「ゆけむり」「あかぎ」の115系は知りませんでしたが、私は「日光」「なすの」の115系に乗ったことがありました。スピードは速いですが、揺れるし落ち着かないし、急行料金を払ったのが損した感じがしましたね。

2008/11/20  15:48

投稿者:宮オオ
こんにちは。
今から約30年前に私が生まれて初めて買った某鉄道雑誌には上野駅の特集が組まれてたけど、そのさいにこの近郊型車両を使った急行「ときわ」の記述があり、なんでも評判が悪いとのことが書かれてたそうです。
そういえば昔は近郊型車両を使用した急行がいくつか例はあったけど、大宮界隈においても115使用の「ゆけむり」「あかぎ」などがあったそうです。
それでは、このへんで失礼いたします。

2008/8/16  18:36

投稿者:キハ181つばさ
シービー様
私も当時はそんなに好きなヤツではなかったので、グレー電しかありませんでした。

2008/8/16  14:23

投稿者:シービー
もしかしたら415系の赤電、撮ってないかもしれないです。
クハ401ばかり追っかけていたので、当時は知らんぷりしてかもしれないです。

2007/10/7  17:10

投稿者:キハ181つばさ
金太郎様
昼寝している間に2件いただいてしまったので、すみませんが1件にまとめさせていただきます。
私が高校生のとき、上野駅でバイトをしていたのですが、常磐線ホームに配置されると401・403系の非冷房車見るだけで、他の車輌よりも暑く感じましたね。逆に冬場は暖かく感じたかは覚えていませんが(笑)。
私は蟻の低窓が発売される前、GMの113系ボディー・クロ157のお面・KATOのモハ456の屋根を使って自作しました。時間ができたらNの写真でもアップしようかと思っております。

2007/10/7  15:33

投稿者:金太郎
401,421低運車、それぞれ10編成、8編成製造されたと思います。当時はあの色がなんとも暑苦しく、415の冷房車ですらチョッとという感じでしたが、今見ると懐かしいですね。415系も常磐では1500番台を除き全車引退、九州でも421,423は既にありません。

模型でもこのあたりは品薄ですね。NでもHOでもいいですから401、403、415の決定版出して欲しいです。

2007/10/7  12:28

投稿者:金太郎
赤電の低運車、401が10編成、421が8編成だったと思います。赤13号の色合いが暑っ苦しくいいイメージはなかったですが、改めて見ると味のある色でしたね。しかし蟻の近郊型の顔はいまいちで。 N、HO、どちらも交直両用近郊型は品薄ですね。常磐、九州しか居ないからでしょうね。

2007/10/7  9:06

投稿者:キハ181つばさ
Swallow Angel様
私が思うに、「赤電」の良さというのは、大人になってから判ってくるのかな、と。
でも、気が付いたときには手遅れで、なんか常磐線らしからぬ色に変わってしまいましたし、九州も同じような色になってしまいましたね。
KATOの限定415系は私も持っています。どうしても欲しくて予約して買いました。もちろん、マイクロも・・・。何でしょこの顔は・・・。予約してまでも買ったのに、余りにも不評で50%引きとかで叩売りされてましたね。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ