鉄道コム

2007/10/31  0:37

EF5841・46 (白Hゴム&ホイッスルカバー)  EF58のアルバム
ちょっと間が開いてしまったので、またEF58を。

今日は、宮原区の41号機と46号機をお届けしたいと思います。

まず41号機ですが、昭和27年8月2日製造の東芝製。新製当初は高崎第二機関区配置で、いわゆる上越形ですが、宮原区に転属後ツララ切りが撤去されたそうで、唯一大型のホイッスルカバーに上越時代の面影を残します。正面窓は白Hゴムで、エアフィルタはヨロイ戸化、パンタグラフは原形のPS14を搭載していました。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和52年頃 東海道本線 田町駅にて 41号機が牽く上り「銀河」の回送列車

20系寝台客車を使用した上り急行「銀河」の品川客車区送り込みの回送です。
この当時は、東京駅に到着したブルトレはすべて機回しを行い、牽引してきた機関車が品川区へまで回送を牽引しました。
ヘッドマークが付いていませんから、回送かどうかも判りませんね。
ツララ切りが付いていないので、ホイッスルカバーが非常に違和感を醸し出しています。


次は46号機です。昭和27年10月8日製造の日立製。新製当初は長岡第二機関区配置で、こちらも元上越形ですが、やはり41号機と同じように、宮原区に転属後ツララ切りが撤去されたようです。形態も41号機と全く同様に見えます。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和57年10月6日 名古屋駅にて 荷物列車を従え停車中の46号機

これ位大きく撮っておくと、特徴が判り易いですね。この当時は駅撮りを殆どしなくなってしまったので、ある意味貴重な撮り方です。
青いボディーに白
Hゴムは余りにも目立ち過ぎでした。東海道では滅多に撮影をしていなかったので良く分かりませんが、宮原区配置の車輌は原形を誇示するカマと白Hゴムのカマと両極端な出で立ちでしたので、彼らの評判は相当悪かったものと推測されます。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和52年頃 東海道本線 品川駅にて 出発線で待機中の46号機牽引荷物列車

EF58重連の荷物列車が汐留から品川までやってきて、出発待機をする恒例のシーン。SG(蒸気暖房)を必要とする荷物列車には、EF58の存在は欠かせません。新型直流機でSGを搭載するのはEF61のみですから、絶対多数のEF58の方が運用面でも圧倒的に有利でした。ちなみに、この時の次機は1号機でした。
茶色のマニ36やマニ60を連ねた荷物列車と、EF65F型の533号機が並んで待機するシーンは、私の年代にとって古き良き時代の1コマでした。

41号機は昭和55年12月26日付、46号機は昭和58年1月29日付で、荷物列車のEF62化を待たずに廃車されてしまいました。
0

2011/2/12  18:51

投稿者:キハ181つばさ
宮オオ様
このカマはツララ切りだったんですね。知りませんでした。
宇都宮では原形大窓車がいなかったため、61号機と66号機以外の写真は撮ったことがありませんでした。やはり大窓原形機は貫禄があってカッコ良かったですね。

2011/2/12  9:58

投稿者:宮オオ
おはようございます。
昭和40年代半ばに経年老朽の目立ったゴハチに対し、車体整備工事が一部の機において施工されましたけど、写真の41.46号のほか、42.44.45号機はその際にツララ切りから水切りに改造されてます。
しかし、同時期にオギャーした40.43.47号機は未改修だったため最期まで原形大窓・ツララ切りのままで残って召天なさったとのことです。
因みに41号機は最晩年、竜華に移ったさいSB化改造が施工され、同区にいた42[のちには44]号機と同様のスタイルになってました。
美しかった顔がものの見事に整形してしまうと???になってしまうものですが、JR西日本のN40工事施工車やJRFの一部のカマの延命工事車は、まさしく往年のゴハチ車体整備工事車をほうふつしてるように私は思います。
それでは、これにて失礼いたします。

2009/1/25  22:59

投稿者:キハ181つばさ
シービー様
ゴハチの白Hゴムは目立つんですよね。特にこれらの車両はテールランプも改造されているので、やたら目鼻立ちがハッキリしている感じで。
まあ、写真を撮っている当時はあまり意識していませんでしたけど。

2009/1/25  20:12

投稿者:シービー
Hゴム、それも白は目立ちましたね。
EF58も前面の窓の形態、サイドの窓の形態など色々ありましたね。
東北、上越のEF58のHゴム車を見ていたので、それほど違和感はなかったでした。
Hゴムで違和感があったのは、EF5711号機でした。あれは似合わなかった〜。

2007/11/1  22:11

投稿者:キハ181つばさ
金太郎様
白Hゴム車に対して肯定派が多いようですね。その当時にこれだけ肯定派の人たちがいたら、Hゴム化されたゴハチたちもどんだけ喜んだことか。
UFOは、おっしゃるとおりマイケルシェンカーが所属していて一時売れたバンドです。日本ではそんなに売れなかったのかな?でも、マイケルは有名ですよね。
私はいいギターとか買うお金がなかったし、ドラム担当だったのでドラムセット(一番安いやつ)は持っていました。
マイケルシャンカーをコピー出来たんですか?羨ましいですね。私が真似したら5本全部の指が骨折しそうです(笑)。

2007/11/1  20:42

投稿者:金太郎
ゴハチのヒサシなしホイッスルカバー(しかも大型)思いっきり目立ってますね。白H、個人的にはこれはこれで嫌いではないです。100,101のような原形が良いに越した事は無いですが。

スレ違いですが、UFO て確かマイケル.シェンカーが一時期居ませんでしたか?MSGの頃は聞きましたね。アームド&レディコピりました。間奏の早弾きで弦よくきりましたっけ(笑)いい思い出です。でもフライングvじゃなくてグ○コのストラト黒でした。

2007/11/1  1:41

投稿者:キハ181つばさ
18201様
最後にゴハチが牽いた20系特急って何かな?と考えてみたのですが、多分、上野口では「北星」「北陸」、西日本では「安芸」じゃないですかね。
「安芸」は短命な上に25形100番台になっていますし、「北星」「北陸」は14系になってしまいました。確か53・10ダイヤ改正までだったと思うんですけど。しかもヘッドマーク無しだったので、20系は良く撮りましたが、ゴハチは余り撮っていないのが現実です。でも、あるにはあるので、それはまた後ほど。
当時はHゴム否定派が圧倒的に多かったと思いますが、それはその時代での話ですね。ちゃんと見れば顔にメリハリがあり、多少小さく写った写真でも、ゴハチであることを主張します。ただ目立ちすぎだけなんですね。

2007/11/1  0:46

投稿者:18201
お邪魔します。
ゴハチは20系が本当によく似合いますね。ワタシが撮ったのは東海道筋末期の1〜2年ですので、20系を牽いている姿はほとんど撮れていません。41番も撮ってないです。
宮原の白ゴム、個人的にはそれほど嫌いではありませんでしたが、コレが来て喜ぶ人は居なかったですね。でも原形小窓に比べれば随分見劣りがするものの、笑ってるような愛嬌のある顔で、今でもそれほど嫌いじゃないです。

http://18201.blog107.fc2.com

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ