鉄道コム

2007/11/29  0:00

EF66牽引:「はやぶさ」  ブルートレイン:機関車・客車
今日は久々にブルトレシリーズで、EF66牽引の「はやぶさ」をアップいたします。

「富士ぶさ」じゃないですよ!れっきとした「はやぶさ」です。

新幹線網の整備により確実に翳りが見えてきたブルートレイン。巻き返しを図ろうと考案されたのがロビーカーの連結でしたが、ただでさえ定員の少ない2段式B寝台を減車するわけにも行かず、そのままロビーカーを連結することになりました。
ここで問題が発生いたします。それまで、出力面でも耐久性でもなんら支障のなかったEF651000番代でしたが、このロビーカーを連結することにより、勾配区間における走破性が問題となったのです。そこで出番が回ってきたのがEF66でした。
EF66は当時日本最大級の出力を誇るマンモス機で、客車よりも当然にして重量のある貨車を牽けるわけですから、ブルトレの15両編成程度は何の問題もないわけです。
そしてこのEF66の登板は、昔から「EF66に客車を牽かせたい」と願っていたファンには、夢のような出来事だったのです。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和62年2月14日 東海道本線 三島〜函南間にて EF6649牽引の「はやぶさ」

一連のブルトレの撮影に行ったときに撮ったものです。
写真の49号機は、当時では珍しくPS22Bパンタグラフを搭載したカマです。

そしてナント!EF66牽引の「はやぶさ」の写真はこれ1枚しかありませんでした。1泊2日で撮りに行ったので、最低2カットはある筈なのですが、「はやぶさ」だけは撮り損なってしまったらしいです。

そんな可哀相な「はやぶさ」ですから、「富士ぶさ」の残された時間、できるだけ多く撮ってあげたいと思うのでした。 
0

2009/5/4  19:52

投稿者:キハ181つばさ
シービー様
既に夜行需要はかなり下火になっていましたが、本数的にはこの辺りがピークでしたね。この後、廃止や併合が出現してます。私は「はやぶさ」「さくら」の辺りが撮ってません。娘が生まれて模型派をしていた頃だったんでしょうね。やはり撮り逃してます。

2009/5/4  12:02

投稿者:シービー
EF66の「はやぶさ」は撮ってなかったです。
EF66ブルトレ牽引ってのは、やはり自分も好きな機関車だったのでと言いながらも、鉄離れに重なった時期でしたので、ほとんど撮ってなかったでした。

2007/11/30  7:21

投稿者:キハ181つばさ
Swallow Angel様
もうお帰りになったのですか?お疲れ様でした。
ブルトレ牽引に抜擢当時、EF66の中でも特に調子の良いカマを厳選して充てたそうです。と鉄道誌に書いてありました。
いくら調子が良いといってももうアレから20年くらい経つわけですから、JR貨物が引き取ってまで使うかどうか微妙ですね。現車で調子が悪いものがあれば交替というのはありそうですが、車齢もかなりきていますから、そろそろ引退となってしまうのではないでしょうか。

2007/11/29  22:48

投稿者:Swallow Angel
当時、EF66がブルトレ牽いたらカッコいいだろうな〜と思って見ていたのが現実になっちゃったんですからね。やっぱり絵になります。
富士ぶさが無くなればこの旅客用塗装も無くなっちゃうわけで、かといって貨物に行けば桃太郎や金太郎の牙城だし、どうなっちゃうんでしょう66、ブルトレの行く末と同じくらい心配です。

http://do-raku-oyaji.cocolog-nifty.com/blog/

2007/11/29  1:17

投稿者:キハ181つばさ
金太郎様
そうそう、この間「富士ぶさ」を撮影に行ったときにEF66を見て思ったのは、とにかく手入れが悪いと言うか、相当くたびれているな・・・という印象でした。
JR貨物ではまだ活躍しそうですが、西日本旅客からすれば、1年半後には不要な機関車になってしまうわけです。非常に寂しい思いです。
せめて、最後の活躍だけは記録してあげたいと思っています。

2007/11/29  0:14

投稿者:金太郎
この頃のロクロク、張り切って見えますね。まだ、13年目で脂の乗り切った時期だったし。今の姿見るのが可哀想な感じですね。残されたわずかな期間、そっと見守ってあげたいです。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ