鉄道コム

2007/3/13  7:15

クハ401(低運転台)  その他電車
皆さんおはようございます。

昨夜はかなり疲れていたらしく、かなり早い時間に寝てしまいました。
折角1000アクセス達成の記念であるはずなのに、何のネタも考えていなかったので、「どうしようか」と困りつつ、パソコンに向かっています。会社も行かなくちゃ行けないし・・・。

ということで、取り急ぎ手元にあったネタとして、クハ401の写真をアップしておきます。

クリックすると元のサイズで表示します
撮影時期を調べている時間が無かったのですが、おそらく昭和56年前後くらいと思います。上野駅における東北新幹線の工事が始まった頃と見受けられ、一旦20番線がなくなったあと、18・19番線の工事にあたり一時的に20番線が復活したくらいのあたりではないかと思います。

交直流型のローズピンクの好きな私ですが、常磐線のいわゆる「赤電」の色と言うのはあまりにも地味な感じで好きになれませんでした。ですから、あまり写真にも残っていません。その後、つくばで行われた科学博覧会(昭和60年)に合わせて現在の塗色に変更されました。

色が変わってしまうと、このローズピンク一色が懐かしくなってしまい、写真を探しましたが、前述のとおりほとんど撮っていなく、寂しい思いをしました。ほんと、わがままですが・・・。

今までこの様に悔しい思いを多々しておりますので、こだわりはあっても、車輌たちを公平に記録しておこうと反省する日々です。
0

2008/7/4  23:31

投稿者:キハ181つばさ
金太郎様
今となっては懐かしいカラーですけどね。昔、上野駅でアルバイトしている頃は、とにかく常磐線は客質が悪くてイヤでした。常磐快速が非冷房率100%の頃に「駅員!冷房入れろ!」と怒鳴られたことがあります。無茶言うな!
今でも居酒屋電車は健在のようですが、E531ではやりづらくなってきたということです。←利用者の弁。

2008/7/4  14:35

投稿者:金太郎
交直両用電車が見たくなって探してましたら401系低運、しかも原型ライト、今は無き20番線。右側のフェンスの向こうでは新幹線工事が行われていたんでしょうね。401系はこれに尽きる気がしますね。直流近郊型では当然この手の顔は無いですから。
赤電のイメージですがドアが開くと煙草の匂いとアルコールの混じった臭い、天井が黄土色に変色した車内、よく揺れるイメージでした。
今に比べるとのどかな時代でしたね。学生時代見知らぬオジサンから降りる間際ビールいただいちゃったこともあったし。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ