鉄道コム

2007/12/11  0:53

EF57牽引「津軽」  国鉄・JR機関車(直流型)
以前、EF58の牽引する「津軽」をアップしましたが、カテゴリが異なる関係で分離した、EF57牽引の「津軽」の写真をアップいたします。

「津軽」の記述については ↓↓↓ でご紹介しておりますので、興味のある方はこちらを!
http://diary.jp.aol.com/marutetsu/498.html

EF57が走っていたのは昭和52年初頭くらいまでですので、私が写真を撮ることができたのはホンのわずかな期間だけでした。
精一杯撮ったつもりですが、如何せんリコーのオートハーフを使っていた時代で、ブレるは指が写っているわでお話になりません。しかし、私にとっては数少ないEF57の雄姿ですので、敢えてここで晒させていただきます。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和48年頃 東北本線 蕨〜西川口間にて 上り「津軽1号」

サクラパックという特殊な激安カメラで撮った写真。でも、当時小学生が持てる精一杯のカメラでした。天気さえ良ければそれなりに写ったんですよ。
写真から推測して上りの「津軽1号」。EF57に続いて1両目がオユ10非冷房車、2両目がスハフ42、3両目???、4両目はスハネ16、5両目はスロ62、以下オロネ10、スハネ16・・・といった1号を象徴する編成。3両目の???は、どうも一般的な車両に見えません。スハフの次はB寝台車の筈ですが、車体幅が狭く雨どいの位置が座席車よりも低い。ひょっとしたスハネ30?かもしれません。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和51年頃 東北本線 蕨〜西川口間にて 上り「津軽2号」

こちらは秋田回転車の無いマニ36の次がスロ62という、上り2号の典型的な編成です。
このオートハーフはシャッタースピードが遅く、しかもレンズシャッターなので、とにかくブレるんです。しかも、レンズ脇にシャッターボタンが付いた初期型のため、手の大きい私がシャッターを押すと、その指がレンズに掛かってしまうんですね。

そんなもんで、昭和40年代末期から昭和52年初頭くらいまではろくな写真が残っていないんです。

そんな状況を知ってもらうこともできず、一眼レフを買ってもらったころには、EF57は遠いお空に旅立って行ってしまいました。もう2年くらい走っていてくれればちゃんと撮ってあげられたのに・・・。
0

2007/12/14  1:19

投稿者:キハ181つばさ
シービー様
EF56は1次型も2次型も好きなのですが、実物を見たことがありません。強いて言えば、辛うじてEF59として見たことはありますが。
その頃の荷物牽引が宇都宮区だったのか定かではありませんが、私が写真を撮り始めてからは、あらゆる荷物列車が上越形でした。多分高崎二区でしょうね。ただ、一部宇都宮のカマも見かけましたので、定かではありません。
EF57が東大宮の入換で「ゆうづる」だか「あけぼの」だかの20系を牽いているところが載っている雑誌を私も見た記憶があります。
私が東大宮に撮影に行ったときは、高崎二区のEF58(多分「鳥海」の牽引機)がカニ22「あけぼの」編成を洗浄線にご案内しているシーンを撮影いたしました。

2007/12/14  0:23

投稿者:シービー
やはり58が来ると、そんな気持ちでおられたんですね。
荷物列車は56・58が運用についていましたが、自分が撮りだした頃は、56も6・7・9号機が動いていただけなので、確率が悪かったでした。
東北の58は宇都宮でしょうか。
57が東大宮の基地でブルトレを引いたというより、動かしたという記事、鉄道ファンで見た覚えがあります。

http://blogs.yahoo.co.jp/mrcbcross14

2007/12/12  1:14

投稿者:キハ181つばさ
シービー様
そうですね。あの頃はアテにしていた列車がEF58牽引だったりすると、石でも投げられそうなくらい嫌われていましたね(笑)。
EF57は荷物列車の運用は無かったようですね。1度も見たことがありません。昔から高ニ区のテリトリだったのでしょうか?実物は見た記憶がありませんが、荷物列車はEF56が牽いていたらしいですね。
ちなみに、当時の鉄道誌で「あけぼの51号」をEF57が牽いていた写真が載っていました。

2007/12/12  0:09

投稿者:シービー
EF57、好きな機関車の形式の一つです。
自分が撮り出したころ、どうにか運用に就いていて、東北線沿線で狙ってました。
急行列車もそうですが、普通列車にも運用に就いたりもしてました。
当時は、EF58が牽引してくると、な〜んだ58かぁ〜といって、撮ってなかったでした。
その後、58が危ないというと、撮っていました。

http://blogs.yahoo.co.jp/mrcbcross14

2007/12/11  23:50

投稿者:キハ181つばさ
金太郎様
私も旧型車両で初めて興味を持ったのはこのEF57でした。と言っても、友人に解説されて初めてその良さを知ったのですが。中1の時でした。
昭和48年の写真は偶然撮っていたもので、カッコいいどころか貨物機みたいでカッコ悪いとさえ思っていましたからね。
スハネ30をWikiで調べてみたら、"昭和49年までに廃車"となっていましたので、もしかしたら本当にそうかもしれません。何せ、本人(私自身)が実車を見た記憶が全くありませんから、いまさらどうしようもないですな・・・あっはっは・・・。

2007/12/11  23:38

投稿者:キハ181つばさ
line様
おっしゃるとおりで、ナンバーを手前に入れないと非常にムズかゆい写真になってしまうんですね。これには泣かされます。EF57で区別が付きやすかったのは1号機はもちろんですが、11号機が晩年白Hゴムだったことくらいでしょうか。
正面がちに撮ってしまうと、貨物機は別としても、旅客機の特徴である長いデッキが短くなってしまい、これも困りものですね。
写真を撮っているときはナンバーを見る余裕もありませんし、難しいところでしたね。

2007/12/11  23:19

投稿者:金太郎
確かに3両目の客車、気になりますね。48年当時スハネ30は現役だったのでしょうか?しかし57は本当にいい機関車ですね。写真でしか知らなくても・・・。

2007/12/11  20:44

投稿者:金太郎
実物を肉眼で見た事は無いのですが雑誌に載っていた其の姿を見てカッコエエ!!と思い、一発で好きになりました。もともと消防のガキの癖に旧型電機とかそっちが好きだったものでして・・・。

「遠いお空に・・・」泣いちゃいました。・・・ってウソです。マニ36の茶、これ好きなんですよねー。

2007/12/11  10:42

投稿者:line
デッキ付きの機関車の場合、正面ナンバープレートの付いてる側から撮らないとデッキの手摺りが邪魔して何号機か判別できない場合が多かったです。
私の中ではEF57とED16はよく引っ掛かって号機不明が多いです。両機ともあんまりバリエーションが有りませんから、外観から番号を判断するのは難しいです。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ