鉄道コム

2007/12/17  1:18

京成電鉄(210形・2100形:青電)   列車・車輌カタログ(私鉄)
一昨日・昨日と583系「ひばり」に燃えた2日間で、我ブログも初めて160アクセスを超えるヒットとなり、大盛況のうちに終わりました。
もう年内のお祭り騒ぎは無いと思われますので、今日から平常・平穏に運営して行きたいと思います。
と言った趣旨を酌みまして、地味〜に京成「青電」をアップしたいと思います。

今までアップの準備はしていたものの、この間、出し惜しみしていました。何故かと申しますと、通称「青電」と呼ばれ京成電鉄の代名詞のような存在でありました同車のことについて、私は何の知識も無かったからです。
小学生の頃に千葉に親戚がありまして、何度か「谷津遊園」と言う京成電鉄が運営していた遊園地に連れて行かされたことがあり、その際に京成電鉄に乗ったことがあるわけです。ここで、「京成電車って汚〜い色の電車が走っているなぁ。」と思っていたのがこの210形「青電」だったわけです。※あくまでも小生が子供の頃の率直に思った表現ですので、ファンの方、気を悪くしないでくださいませ。

歳月が流れ高校生になったとき、京成電鉄に1つの大きな動きがありました。車体の塗色変更です。銀色車体とスカイライナーを除いて、全ての電車をファイアーレッドにしてしまおうというのです。
そうなると、鉄道の車両に対して知識がどんどん備わってきていますので、「古い色が貴重になる。」なんて思うわけで、そんな思いが即行動に移せる若さも手伝い、ツートンの「赤電」も含めて「青電」の撮影に突撃したわけです。

あまり良い写りではありませんが、見られそうなヤツだけ拾ってアップいたします。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和54年5月頃 京成電鉄 国鉄千葉駅前駅にて 青電2102

現在は「京成千葉」駅に改称されています。300mmの望遠を多用していた頃で、みんな馬鹿デカく写ってしまい、見るに絶えられない写真ばかりでした。でも、色が出ている以上、私にとっては貴重なカットです。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和54年5月頃 京成電鉄 京成津田沼〜京成幕張間にて 青電2177

こちらは総武本線と併走している区間で、撮影したこの場所は、ひょっとすると現在の幕張本郷駅の構内になってしまった場所くらいかもしれません。せっかくいい構図だったのですが、ブレてしまっているのが残念です。横を走っている183系0番代の特急や、幕張電車区に停留中の153系か165系も懐かしい時代です。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和54年5月頃 京成電鉄 京成津田沼駅にて 青電2105外3色揃い踏みの図

京成津田沼駅脇にある車庫に停まっていた3種類の塗装車。時代の移り変わりを1度に見れたシーンです。

撮影に行った頃は、青電は既に本線運用に入っていなかったのか、この千葉線に行くまで逢うことができませんでした。それでも、当時は行動力が備わってきた頃だったので、この千葉線まで追いかけてくることが出来たわけです。

何分、当該車両の詳しい知識はございませんので、詳細をお知りになりたい方はWiki
( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%AC%E6%88%902100%E5%BD%A2%E3%83%BB210%E5%BD%A2%E3%83%BB2000%E5%BD%A2%E9%9B%BB%E8%BB%8A )
をご参照くださいませ。
2

2016/1/24  22:01

投稿者:キハ181つばさ
桜井智之様
返コメ遅くなりました。
この頃、まだ青電も比較的に残っていたように思いますが、おそらく休日の昼間なので本数が少なく、あまり運用されていなかったのか、キャッチできたのが少なかったですね。既にファイアーレッドに塗り替えた車両も出現しており、全然縁のない路線でしたが緊迫感はありました。
私も最後に撮ったのは行商列車だと思いますが、もうちょっと真剣に撮っておけばと後悔してます。他にネタがあり過ぎた時代でしたからね。

2016/1/18  15:35

投稿者:桜井智之
京成2100形青電、懐かしいですね。
私も3年B組金八先生のオープニングで見ました。
皆様のおっしゃる通り、津田沼ー幕張間は、国鉄総武線とのデットヒートだったかもしれませんね。この頃の総武線は、津田沼駅まで複々線化開業していました。
 当時の青電は、青電運用特別枠を設定しており、津田沼ー京成千葉の他にも、上野ー京成千葉、金町ー押上、上野ー大和田等が中心でした。
 国鉄千葉駅前、私も降りたことがあり、そごうやニューナラヤ(現千葉三越)へ行った思い出あります。また、京成津田沼駅構内には車庫もあり、赤電や青電の並びも見られましたね。
 津田沼付近は、サンペデック(ダイエー・高島屋・エキゾチックタウン)、津田沼第二工場等が懐かしくなります。昭和56年頃まで青電色が見られたのも貴重になっています。最後に見た青電は、行商専用電車とさよなら2100・210形でした。
 赤電やファイアーオレンジも私世代のカラーであり、こちらも乗ったりした思い出あります。

2009/4/14  1:05

投稿者:キハ181つばさ
宮オオ様
確かに金八先生が始まった頃だと、私が撮ったこれらの写真のちょっと後でしょうかね。青電が急速になくなり始めた頃ですね。
京成電鉄自体には興味ありませんでしたが、ファイアーレッドのドギツイ色に変わり始めた情報を元に、京成らしい色を残しておきたくて珍しく撮影に行きました。

2009/4/13  19:36

投稿者:宮オオ
こんばんは、
今から30年前の昭和54年秋に東京放送(TBS)テレビにてオンエアされた「3年B組金八先生」〜第1シリーズ〜の第一話の冒頭において荒川の鉄橋を渡る写真の京成電車の青電の貴重なる走行シーンのビデオ映像が、以前同局でやってた想い出の懐かしドラマ特集においてバーンと出てきたさい、思わず私は驚いてしまいました。
本日はこの辺にて失礼します。

2007/12/21  1:41

投稿者:キハ181つばさ
シービー様
京成ファンの方には悪いと思いますが、決して明るいイメージカラーじゃないですよね。企業としても経営が思わしくないことは昔から有名でしたし、高校生ながらも暗いイメージを持っていました。
今復活したらパニックでしょう。これだけ言っていながらも、絶対に撮りに行きますよ。

2007/12/21  0:44

投稿者:シービー
青電、ほんと初めて見た時は、やっぱり京成だなぁ〜なんて友人と言ってました。
それなのか、この車両は撮っていないですね。
今の歳になって実物を見たら、どんな風に思うのでしょうか。

http://blogs.yahoo.co.jp/mrcbcross14

2007/12/18  22:06

投稿者:キハ181つばさ
Swallow Angel様
確かこのカラーは結構古いんですね。国鉄も80系の湘南色が出るまでは茶色一色ですから、それに比べれば当時は斬新なデザインだったんでしょうね。
この頃はまだ幕張付近は家も殆ど無かったような気がします。写真を撮った場所も落花生かなんかの畑だったような気がするのですが。
初めて潮干狩りに行ったのもこの辺りで、線路から10分も歩かずに海に行けたような記憶があります。

2007/12/18  21:43

投稿者:Swallow Angel
青電…やらしい色でしたね。でも中身的には赤電と大差ないのに何だか可愛そうな意匠でした。
基本的に京成は国鉄と仲が悪かったですよね。船橋は乗換駅として利用するお客さんが多いにもかかわらずお互いに乗り換え案内しなかったり。幕張本郷駅が出来た時には、あの競争がもう見られないのかぁ〜なんて、ちょっと残念でした。

http://do-raku-oyaji.cocolog-nifty.com/blog/

2007/12/17  23:22

投稿者:キハ181つばさ
line様
私は基本的に国鉄派ですので、各私鉄の写真は余り撮りに行かなかったのですが、高校時代に友人に誘われて京成と東武だけは行ったことがあったのです。
逆に京王や小田急は行ったことがなかったので、余り写真は残っていません。
津田沼〜幕張間のデットヒートは、総武線の車内からよく見たことがあります。少なくとも101系は京成に負けていたような気がします。相手は身軽ですからね。

2007/12/17  14:43

投稿者:line
いゃー懐かしいですね。よく乗ってました。
千葉線が3両編成だった頃、青電編成の中で中間車が青帯を引いたアルミ車というのがありました。座席モケットは緑だった思いますが、これが来ると子供心に喜んでいた記憶があります。
京成も写真撮っときゃ良かったと悔やまれます。
本郷が出来る前の津田沼〜幕張間は京成と国鉄のデットヒートが見ものでして、勝率は京成の方が良かったかな。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ