鉄道コム

2007/3/22  2:40

憧れの車輌たちVol17 (EH10)  国鉄・JR機関車(直流型)
こんばんわ。

今日は、久しぶりに憧れシリーズをお届けいたします。第17弾はEH10型直流電気機関車です。

東北・上信越筋に住んでいる私にとっては、東海道線や関西に走っているというだけで憧れの対象となるケースが多くなってしまいます。山陽・山陰・九州方面のブルトレや157系「あまぎ」、大阪・岡山発着の特急列車などがよい例だと思います。

東海道の貨物機については、EF60やEF65,そしてEF66がありましたが、前者2機種は地味であり、EF66は未来的な機関車に感じ取っていました。その中でも一際個性があったのが、このEH10だったという感じです。

EH10は、その名のとおり8軸の動力軸を擁しており、その車体の長さから2台で1両の扱いとなる、当時では唯一の形態でした。(同じようなスタイルでDD50がありましたが、同車はあくまでも2両で背面連結の「重連」運転を原則としているだけです。)

撮影カットは非常に少なく、見映えのする構図、画質ではありませんが、ご紹介させていただきます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
昭和52年頃 東海道本線 湯河原〜根府川間にて 白糸川橋梁を渡るEH10(2枚とも)
この2枚は、私がEH10を撮ったファーストショットになります。当時、中学2年生ですが、初めて東海道線の走行写真を撮るために、一番有名だった同所を友人と訪れたときのものです。1番の目的はブルトレだったのですが、このときからEH10が好きになりました。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和55年8月 東海道本線 稲沢(?)にて 通過中のEH1031
確か、稲沢だったような気がします。以前からご紹介しております、キハ181系「やくも」撮影行の第1段階目で、大垣夜行から降りて最初のショットでした。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和55年8月 東海道本線 稲沢にて 構内を移動中のEH1031
この日は東海道線の木曽川附近で撮影をしていたのですが、撮影中は何故かEH10がほとんど通らず、駅までの帰り道でEH10重連を見たくらいでした。このままではと思い、稲沢に戻ったときの写真です。偶然にも上の写真と同じカマで、おそらく運用が終わって帰区したところに出くわしたのでしょう。
 
クリックすると元のサイズで表示します
昭和55年8月 東海道本線 山崎〜長岡京間にて EH106の牽引する貨物列車
山陰での撮影を終え、朝から同区間に張り付いていました。早朝であるため、残念ながらブレております。後に続くトラ90000も、今となっては懐かしい絵ですね。


個人的には、1〜4号機の試作機の写真が撮りたかったのですが、結局写真も撮っていないようですし、見た記憶もありません。もしかしたら、昭和55年の時点で既に廃車になっていたのかもしれません。彼らがもう少し遅くまで残っていてくれたら、もっとマトモな写真が撮れていたのではないかと残念に思います。
幸いにもNゲージにおいて、同機が数種類発売されましたので、将来的には長い貨車を自作のレイアウトの上で走らせ、彼らを復活させてあげたいと考えております。

まだプリントアウトしていない彼らの写真がありそうなので、準備が出来次第またアップしたいと思います。
0

2010/10/2  14:01

投稿者:キハ181つばさ
宮オオ様
東海道の貨物は汐留発着の列車を品川駅で見ることが出来ましたが、EF58・EF15・EF65F・EF66があるくらいで、このEH10を見ることは出来ませんでしたね。
PS22ですが、当時は完全に嫌われていたと思います。これほどあからさまに原形を崩してしまう改造と言うのは当時ではあまりなかったので、余計にそう思ったのでしょう。このPS22に廃車される機関車からかなり使い回しされていたようです。ただ、どの機関車からどの機関車に渡って行ったのかまでは詳しく知りませんけど。

2010/10/1  10:04

投稿者:宮オオ
おはようございます。
冒頭においてつばささんは「東北・上信越筋に住んでいる私にとっては東海道線や関西を走っているというだけで憧れの対象となるケース・・・」と述べてましたが、私の場合ですと実家は東海道東京口・湘新ライン沿線にあって、しかも私自身は関西に長く住んでた経験もありと、さきの一文を読んで何れも当てはまっている私にはとても複雑な心境であります。
でも、たとえ憧れの地に住んでたとはいえ、私にとってほんとうに安住できるのは、生まれ育った故郷・武州大宮こそがいちばん落ち着けるのにふさわしい土地だと、今の私はそう考えております。
さて、本題のEH10ですが、6号機のパンタをよく見るとクロパンのPS22Bに換装されてるようですね。広島区のゴハチや瀬野八補機のEF59やEF61200の一部に例がありましたけど、写真のカマもおそらく部品確保の問題でこのようになったものと思われます。
いまでは皮肉にも東北・上越筋においてEH級の大型のカマをいつでも見る事が出来ますけど、コレこそがどんでん返しと言ってイイのかも知れないですね。
それでは、この辺にて失礼いたします。

2007/10/10  23:41

投稿者:キハ181つばさ
金太郎様
HOのことは良く分かりませんが、HOのEH10は迫力ありそうですね。
今ではEH500ができて見慣れても来ましたが、昔はその迫力に圧倒されましたし、憧れたものです。
あと5年くらい長生きしていてくれたら、もっとカッコいい写真が撮れたのに・・・なんて思います。
青のEF10はどこかで聞いた話しですね。雑誌かなんかでゴハチのブルトレ塗装を施した模型を見たような気がします(笑)。

2007/10/10  8:06

投稿者:金太郎
なんだかワタクシの大好物ばっかりでお腹がいっぱいになります。EH10は欲しかったんですが京都模型は牽引力が無い、○天は高杉、克美は京都と同じで買わずしまいです。Nを最初からやっていればよかった(泣)。これなら加糖、蟻から結構オイシイとこでてますよね。実物の10、すごくいかつい感じでかっこよかったです。ホントかどうか解らないですが、思い違いかもしれませんが、10を青に塗り替えるような話もあったような気がします。何か腑抜けになりそうですけど。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ