鉄道コム

2008/3/12  1:47

平成20年3月9日 Fe4撮影記録:伊豆急車篇  写真撮影
昨日は、このところのアクセス数からは想像できないほど低調だったので、非常にな気分。どうもゴールデンタイムのAOL接続がグダグダだったのが原因ではないかと。
それに反比例するように、ブログ村のポイントを沢山いただきました。ありがとうございました。

さて、またまたFe4コラボ撮影の続きです。

東戸塚駅を後にして、一行は東海道本線を西へ下ることになります。「ゆとり」まで時間がタップリあるので、次の目標を定めます。案としては伊東線内でリゾートの撮影、そして、御殿場線松田付近で小田急を兼ねた撮影などがあったのですが、いずれも本数が少なく、あまり油断していると「ゆとり」を逃す危険もあったため、取り敢えず伊東線網代へ行ってみることにしました。

ここでの行動は、地の利のあるswallow angelさんにお任せです。むかしブルトレの撮影をしていたときに、EF5861牽引の臨時「踊り子」を撮りに来たり、慰安旅行の際に伊東駅付近で撮影をしたことはあったのですが、網代駅で下車するのは初めてでした。

熱海駅から接続の元東急8000系改造の車両に乗り込み、網代駅へと向かいます。
日曜の昼近くというのに、車内は非常に混雑しています。

網代駅に着くと、交換列車でリゾート21が早速のお出迎えです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ホームがかなりカーブしており、普通に駅に停車している写真としては絵になりやすいですね。前後はトンネルに阻まれているので、走行中の写真を撮るには工夫が必要かもしれません。


丁度お昼でしたので、4人で昼食を摂った後、線路沿いにロケハンをします。候補はあったのですが、構図的に無理があったのでswallow angelさんお勧めの国道歩道橋上からの撮影です。


クリックすると元のサイズで表示します

まず最初に来たのが、国鉄115系改造の200系。一番遭いたくなかったという感じですが、今となっては貴重な車両です。塗装がチョットね。好みの問題もありますが・・・。


クリックすると元のサイズで表示します

次にやってきたのが、185系「踊り子」です。日曜日だけあって、1日に何回見るか分かりませんね。私的には飽きの来る車両ですが、今となっては貴重な国鉄型です。

そして、同じ場所で沢山撮っても仕方がないので、ここからやや熱海寄りにあるSカーブの踏切の所へ移動してみました。あちらこちらか角度を変えて見るのですが、思ったより非常に難しい場所でした。
どうしようかと迷っていたら踏切が鳴ってしまった。構図も決まらないのでパスして見送ろうと思ったら、何と!黒船君じゃござんせんか!
構図を決めてなかったので、ファインダーを覗いたまま「切れそうなところで切る」ことだけを考えて追ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

望遠でワンショット、引いてワンショットです。遮断棒の外側から撮るのに丁度良い場所に障害検知器のセンサーが飛び出しているんですよ。これが無いだけでも絵になるんですがね。後追いは架線柱に阻まれ、撮ることはできませんでした・・・。

折角逢った黒船君だから、もう片道撮りたいところですが、余りにも時間が掛かり過ぎま
す。網代駅方向に向かいながら、もう1往復の列車の撮影場所を探します。
しかし、築堤が高い場所にあり、しかも山陰ときているもんだから絵にしづらい。適度な足場も無い。

こういう時は、思い切ってハメを外しますよ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

まずは185系「踊り子」。国道の歩道にあったもう既に時期の遅い河津桜を小道具として無理矢理フレームイン。
ゆっくり走ってきてくれたので、先頭車と最後尾の2ショット、角度・構図を変えて撮ることができました。


クリックすると元のサイズで表示します

そして、この区間のシメはこちら。「スーパービュー踊り子」です。この車両、特に好きなわけではないので、開き直りの構図です。どうでも良かったので。


運転本数が少ないため、あっという間の制限時間となりました。機材を片付けつつ網代駅へ戻ります・・・あれ?シービーさんがいない・・・。

網代駅へ到着。シービーさん、「スーパービュー踊り子」が来るのを覚えていなかったんですかね。先に駅に帰ってしまったらしいです。

クリックすると元のサイズで表示します
帰りはまた元東急ですか・・・リゾートに乗りたかったなぁ。

ここで他に撮影に行く時間がなくなってしまいました。あとは「ゆとり」を撮るだけです。
一行4人は、次なる目的地であ湯河原駅へと向かうのでした。つづく・・・
0

2012/7/25  23:17

投稿者:キハ181つばさ
徹様
>ステンレス車は塩害に強いらしいです。
何とお返事したら良いか・・・。
7700系はボディ以外の車齢が50年前後です。いくらステンレスでもいらないでしょう。古ければ古いほどメンテナンスにお金が掛かるのは・・・です。

2012/7/25  22:58

投稿者:徹
115系(200系)3両は伊豆急行にはよく似合っていると思います。でも廃車になってしまうのは実に残念ですね。もったいないですね。もしかして200系(115系)は塩害に弱いのでしょうか。伊豆急行の100系の101形が東急で保存されたのなら、片運転台のクモハ112とクハ150形も東急で保存して欲しかったです。東急7000形はステンレスで、ステンレス車は塩害に強いらしいです。どうせならば伊豆急行には東急7000系や7700系(7701、7703、7708編成)を譲渡して欲しかったです。私のイメージとしては似合っていると思います。

2009/12/8  23:17

投稿者:キハ181つばさ
宮オオ様
このデザインは人気無かったのではないですかね?私も全く興味がなかったです。昔の100系塗装だったら、無理があるとわかっていても、多分、それなりに注目されたのでしょうけどね。

2009/12/8  19:28

投稿者:宮オオ
2回目のコメントさしていたゞきます。
平成17年の夏に私は引退近しの東海道東京口113を撮りに熱海に出かけたさい、伊東線のりばに停まってた乗り入れの伊豆急電車の200[もとJR115]系や黒船号[初代・すでに廃車]、そして東海道下り方面のりばにいた登場当時の貴重な原形スタイルと室内が特徴だったクハ115-188号を片っ端から撮ったことがあります。
それにしても、せめて200にはかつての100系や1000系と同じ塗色ならマダよかったです。
本日はこの辺にて失礼いたします。


2008/3/12  22:49

投稿者:キハ181つばさ
金太郎様
元東急車は、セミクロスならぬ半クロス車で、山側がロングシートのまま、海側はクロスシートに改造されています。通路が狭くなった分不便な感じで、ロングシート側で足組んでるネェチャンとかバカサラリーマンの態度に腹が立ちます。通れねーじゃネーかって。
黒船君はヤッパリ異質に感じますね。他のリゾートと反転した色ですから。でも、昼間は意外と目立って良い感じでしたよ。もしかしてファンになっちゃうかもしれません(笑)。
まあ、でも100系が走っていた頃が一番伊豆急らしかったかな?って感じですね。

2008/3/12  22:42

投稿者:キハ181つばさ
swallow angel様
本当に昨日のレスポンス悪かったですね。私、5件のコメント返すのに1時間半も掛かってしまって、早く寝る予定がまた3時になってしまいました。
伊東へは2度ほど行った(温泉に)ことがあるのですが、その先は撮影で1度行ったきりです。伊豆急線内まで行くんでしたら、温泉に泊まりなんて良くありません?最高に贅沢な撮影になりそうですけど。

2008/3/12  22:18

投稿者:金太郎
伊豆急は先ず縁が無いのですがずいぶんと変わってしまったのですね。113系、せめて湘南色で残して欲しかったですね。黒船くん、遠方から視認性大丈夫かな?と思いましたが赤ラインがあるんで平気なのかな?185系と桜、こんな構図は模型の資料として使うとき私も結構狙う構図ですね。しかし、一番下、ロングシートですか?そうだとしたら・・・。

2008/3/12  21:16

投稿者:swallow angel
夕べはAOLさん、レスポンス悪かったですね〜。つばささんとlineさんのページにだいぶ長居してました。
やっぱり網代あたりだと「地下鉄」だからポイントが限られちゃいますね、どうせなら城ヶ崎海岸〜伊豆熱川の東伊豆海岸沿いがよかったんでしょうけど、そんなことしたらそれだけで一日がかりですからね。


http://do-raku-oyaji.cocolog-nifty.com/blog/

2008/3/12  20:16

投稿者:キハ181つばさ
シービー様
酒屋の写真まで撮っていたんですか?いなくなっちゃったんでどうしようかと思ったんですが。
後出しでも少し開いた方がむしろ思い出しながら見られるので良いかもしれませんよ。仕上がりまで楽しみが残りますしね。
今日も泊まりですか?身体壊さないように気をつけてくださいね。毎日ポチしていますから安心してください。

2008/3/12  19:53

投稿者:キハ181つばさ
line様
同じ様な絵でも、枚数を並べれば個性が出ると思いますよ。
固定したポジションで何枚撮っても面白みに欠けてしまいますから、クルマや自転車で移動しながらが良いですね。
伊豆急線内も良いところありますね。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ